下取り車のガソリンは満タンにした方がいい?空っぽのままでも問題ないの?

 

「車の下取りに出そうと思うんだけどガソリンってどうしたらいいんだろ?」

「車を下取りに出すんだから他の車にガソリンの入れ替えをしてもいいのかな?」

何て疑問はありませんか?

車を下取りに出すときはガソリンは満タンにしておいたほうが、それとも中途半端でも大丈夫なのか、または空っぽの状態だと下取り査定に影響してしまうのかが気になりますよね。

もしマイナス査定になるのなら、ガソリンを補給してから下取りに査定に出したいですよね。

今回は車を下取りに出すときにガソリンは満タンにしておいたほうがいいのか、空っぽのままで大丈夫なのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を下取りに出すときガソリンは満タンの状態にしておくべきか??

車を下取りに出すときはガソリンを満タンにしておくべきか??

車を下取りに出すときはガソリンを満タンにしておく必要はありません。

ディーラーや中古車販売店のように車を下取りしてくれる営業マンに聞くと「ほとんどの方はガソリンがほとんど入っていない状態で車を持ち込みしてきます」とのことです。

これもあなたがいざ車を下取りに出すとなれば分かりますが、今下取りに出そうとしているあなたの車に入っているガソリンはあなたがお金を払って給油したものですよね。

つまり今入っているガソリンはあなたのものですので、あなたがすべて使い切っていいのです。

「ガソリンが空の状態だと営業マンに悪い気がする…」と思う方がいらっしゃると思いますが、あなたのガソリンですから、営業マンも文句を言ってくることはありません。

具体的にはどれくらいのガソリンが入っていればいいのかというと、エンジンがかかるくらいのガソリン量で十分です。

私も車を下取りに出したときは給油ランプがついているだけでなく、あと数百メートル走ると止まるのではないかというくらいのガソリン量で車を引き渡しましたが何も言われませんでしたよ。

ガソリン量が少ないとマイナス査定にならないのか??

これから車を下取りに出す方が一番心配なのは「ガソリン量が少ないとマイナス査定になるのでは??」ということです。

先ほどお伝えしたことと同じように、給油ランプがついている状態で車を下取りに出してもマイナス査定になることはありません。

もしガソリン量がかなり多い場合は、ディーラーによってはガソリンを抜き取りしてくれるようですが、そこまでしてガソリンを取り戻そうなんていう人はおらず、みなさんはガソリンがたくさん入っていたとしてもそのまま車を下取りしてもらっています。

車を下取りしてもらう日が決まったら、その日までにきれいにガソリンを使いきるように計算したいものですよね。

もし使いきれなかった場合は、ガソリンが入ったまま車はディーラーや中古車販売店に下取りされ、その状態のまま転売されていきます。

下取りしてもらった車を購入するお客様とっては、ガソリンが入っているとその分お得に車に乗り出すことができます。

またディーラーや中古車販売店も「ガソリンも入っていますし、購入してからすぐに給油しなくてもすぐに乗ることができますよ」と言いながら車を売ることも可能です。

ガソリン量が少なくてもマイナス査定になることはありませんが、自分のお金で入れたガソリンですので、できる限り使い果たしてから車を下取りに出すか、ガソリン量を10リットルずつ給油するなど、工夫することをおすすめします。

廃車になるような車の場合でもマイナス査定にならないのか??

今乗っている車が廃車しなければいけないような故障車であったり、不動車の場合でも、ガソリン量が少ないからといってマイナス査定になることはありません。

むしろ先ほどご紹介した実動車であれば、次にその車を乗る人がいますので、ガソリン量が多くても次の人が使うことになりますが、もし廃車にする車となると事情が変わります。

車を廃車にする場合は車を解体することになりますので、ガソリンが車に残っていくとガソリンを抜きとることから始めなければなりません。

解体業者にとって1つでも作業工程がないのは助かることですので、解体業者は少しでもガソリン量が少ない状態で車を引取りたいと願っています。

ですので、先ほどと同じように車の下取りが決まれば給油は計画的に行ないましょう。

ちなみに給油ランプがついてから車はどれくらいの距離を走ることができるのかは、車や運転の仕方によって異なりますので、一概に何ともいえません。

私がこれまでに保有してきた車だと、軽自動車の場合は給油ランプがついてから60km程は走りましたし、普通車の場合は80km程走りました。

また給油ランプがつくと残りのガソリン量が10リットルといわれる車もあれば、軽自動車のようにタンク容量の少ないものになると、残りのガソリン量が5リットルといわれているものもあります。

私も自分が所有している車だからこそ「給油ランプがついたな…、あと○○kmしか走れないな…」と分かりますが、他の車だとそのような計算ができません。

何はともあれ、給油ランプがついて少し走行したくらいで車を下取りに出したほうが無難ですね。

ガソリンがない状態であっても一括査定サイトの利用で車を買取りしてもらえる!

ガソリン残量が少なくても車を下取りしてくれることはご理解いただけたと思いますが、車の下取りは基本的に車を持ち込みしないといけないため、ディーラーや中古車販売店に車が持ち込めるガソリン量を確保しておかなければいけません。
もしガソリン残量が少なくて、ディーラーや中古車販売店までたどりつけないようであれば、少なからず途中で給油しなければいけません…。

しかも車の下取りは「買取り」よりも査定金額がつかない傾向にあるため、もし車を下取りに出すのであれば「買取り」を考えるのも1つの方法です。

幹線道路沿いには広大な面積を保有した買取業者が進出している光景も見受けられますね。

もし車の買取りをお考えの方は、ネットを利用した「車の一括査定サイト(無料)」をおすすめします。

一括査定サイトを利用すれば、あなたの車を高価買取してくれる買取業者が電話またはメールをしてきてくれます。

連絡をくれる買取業者は複数ですので、できるだけ多くの買取業者に車を査定してもらい、一番高い金額で車を買取りしてくれる業者に車を買取ってもらいましょう。

「一括査定サイトを利用すると電話やメールがしつこいんじゃないの??」と思われるかもしれませんが、もし連絡がしつこいと思うのなら、その連絡に応対をして、はっきりと「車は売りません」や「他で買取りしてもらうことに決めました」と言って断れば、連絡がかかってくることはありません。

一括査定サイトを利用するということは、もちろん複数の買取業者から連絡がきますし、連絡の軒数が多いということはそれだけあなたの車を買取りたいという業者がたくさんあるという証拠です。

買取業者の軒数が多いほど、高い買取金額がつく可能性が高いですし、買取業者同士で買取金額を競わせることもできますので、最終的には高値がつくことを信じて買取業者とやり取りしましょう。

買取業者は買取りする車を査定するときは無料で出張査定してくれるところがほとんどですし、車を引取る際もレッカー費用無料で車をもっていってくれますので、買取業者に持ち込むためのガソリン残量を気にすることなく車を売却することができますよ。

車の下取りをお考えの方は、一度車の一括査定サイトを利用してみてみましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車を下取りに出すときにガソリンは満タンにしておいたほうがいいのか、空っぽのままで大丈夫なのかについてご紹介しました。

車を下取りに出すときは、ガソリンを満タンにして車を下取りしてもらってもプラス査定になることはありませんし、ガソリン残量が少なくてもマイナス査定になることはありません。

つまりガソリン残量は下取り査定に影響しないのです。

それなら自分でお金を出して購入したガソリンですから、使い切ってから車を下取りに出すことがあなたにとってお得になります。

もしガソリンが満タンに近い状態だと…、得するのはディーラーや中古車販売店と、次のユーザーです。

ディーラーや中古車販売店は「ガソリンサービス」とうたい文句をつけて車を売りやすくするでしょうし、実際にガソリンがたくさん入っている車を購入した次のユーザーは、乗り出し時にガソリン代を支払わなくても車に乗ることができるのでお得ですね。

もし車を下取りに出す場合は、車を持ち込みするのが前提ですので、ディーラーや中古車販売店までのガソリンは残しておかなければいけません。

「ディーラーや中古車販売店までのガソリンなんて気にしたくない!」「下取りより車を高く買取りしてほしい」と思ったら、ネットを使った「車の一括査定サイト」の利用をおすすめしましたね。

一括査定サイトを使えば、下取りより高い金額で車を買取りしてくれます。

なぜなら通常の下取りは「年式」「積算走行距離」「ボディカラー」といった“車の状態”だけをみて、オプションパーツや社外パーツは査定の対象にしませんが、買取りの場合はそれらのパーツも査定の対象にしてくれますので、高価買取が実現できるのです。

しかも査定場所はあなたの車の保管場所ですので、買取業者に車を持ち込む必要はありませんし、業者まで出向くためのガソリンを気にする必要もありません。

多くの買取業者は車を引取るときのレッカー費用は無料にしてくれますので、よりお得に車を移動させることができますよ。

今回の記事を参考に、車を下取りに出すときは自分のガソリンを極力消費したうえで査定を受けてみてはいかがでしょうか。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車を処分する場合ってどのくらい費用かかるものなの?