下取り車の自動車税や自賠責は還付されるの?手続きはどうしたらいいの?

 

「車の下取りを予定しているけど自動車税や自賠責は返金されたりするの?」

「税金の返金手続きってどうしたらいいの?」

何て疑問はありませんか?

車を使用している方は1年ごとには自動車税を支払っていますし、車検ごとには自賠責保険料や自動車重量税を納めています。

もしこれらを支払った期間内に車を下取りに出した場合、お金は還付されるのでしょうか??

今回は下取り車の自動車税や自賠責保険料は還付されるのか、還付される場合その手続きはどうすればいいのかについてご紹介します。

こちらの記事でも詳しく解説していますのでご参照ください。

「車を下取りに出すんだけど、自動車税って持ってくるの?」 「税金の還付手続きってどうしたらいいんだろう?」 何て疑問はありま...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を下取りしたときに還付されるお金にはどんなものがあるのか??

車を下取りに出したときに還付されるお金は合計4つありますので、それぞれの還付金を受けられるように、以下にお示しする記事をしっかりお読みになってくださいね。

自動車税

自動車税は、年度ごとに車の使用者が納めなければならない税金です。

年度ごとにかかる税金ですので、4月1日から翌年3月31日分までの税金が課せられるですが、自動車税の納付書が使用者に届くのが4月末ですので、実際に自動車税を納めるのは5月31日までに納めることになります。

年度途中に車を下取りに出せば、残りの月の自動車税は還付金として戻ってきます。
自動車税は税額は、以下のようになっています。

排気量 (cc)~ 10001,001 ~ 1,5001,501 ~ 2,0002,001 ~ 2,5002,501 ~ 3,000
税額 ( 円 )2950034500395004500051000
排気量 (cc)3,001 ~ 3,5003,501 ~ 4,0004,001 ~ 4,5004,501 ~ 6,0006,001 ~
税額 ( 円 )58000665007650088000111000

軽自動車は税額が7,200~10,800円となっていますので、表の税額よりも安くなります。

例えば2,400ccの車を9月に下取りに出した場合、残りの6ヶ月分の自動車税が還付されますので、22,500円の自動車税が還付されることになるのです。

自動車税の還付を受けるためには、車の下取りをした際に一時抹消登録手続きが完了した時点で、自動的に自動車税の還付手続きを終えたことになります。

その後約1~2ヶ月すると「還付通知書」が送られてきますので内容を確認したうえで、最寄りの金融機関に還付通知書をもっていって、還付金を受けてくださいね。

ちなみに軽自動車については税額が低いということもあり、還付金を受けることがありませんのでご注意ください。

自動車重量税

自動車重量税は、新車の場合は新規登録時に3年分を、継続車検の場合は2年分を一括して納めている税金です。

具体的な自動車重量税は以下のようになっています。

車両重量税額 (3 年分 )車両重量税額 (3 年分 )
軽自動車9,900 円~ 2,000kg49,200 円
~ 500kg12,300 円~ 2,500kg61,500 円
~ 1,000kg24,600 円~ 3,000kg73,800 円
~ 1,500kg36,900 円

自動車重量税は自動車税のように、車を下取りに出して一時抹消登録をされただけでは還付手続きが完了したことにはなりません。

一時抹消登録手続きをしたときに自動車重量税の還付手続きを行なう必要があります。

自動車重量税の還付金は「車検残存期間(月単位)×納付された自動車重量税額÷車検有効期間(月単位)」で算出します。

自動車重量税の還付を受けるためには、車検が1ヶ月以上残っていなければいけませんのでご注意ください。

基本的には車を下取りに出した先の自動車販売店が手続きをしてくれますが、自分で手続きするのであれば陸運局で自動車重量税の還付手続きを進めることになります。

表にもあるように軽自動車にも重量税がありますが、軽自動車でも自動車重量税は還付されますので、軽自動車検査協会で還付手続きを行なってくださいね。

自賠責保険料

自賠責保険とは、車が公道を走るときに必ず加入しておかなければならない強制保険です。

自賠責保険は新車購入時は3年分、継続車検時は2年分の保険料を一括で支払う必要があり、保険期間中に車を下取りに出して、車を一時抹消登録された場合は、残りの保険期間の保険料が還付されます。

自賠責保険料の還付を受けるためには、一時抹消登録したときに陸運局または軽自動車検査協会で発行される「登録事項等証明書」のコピーを準備する必要があります。

自賠責保険料の還付金は、自動車税と同じように月割りで還付を受けられるものですので、月末までに解約することで翌月分から残り期間の還付金を受けることができますよ。

意外に自賠責保険料の還付を受けられることをご存じでない方が多いですので、この記事をお読みになっている方は忘れずに自賠責保険料の還付を受けてくださいね。

任意保険料

自賠責保険では補償の範囲が限られていることから、任意保険で自賠責保険の範囲を超えた補償をうけようとする方が、任意保険に加入しています。

任意保険に加入すると補償の範囲が広がるので安心ですよね。
任意保険に加入している方で、保険料を年払いされている方は、保険期間の途中であっても保険を解約すれば保険料の還付を受けることができます。

ただ任意保険料の還付については、自賠責保険料の還付のように単純計算できるのではなく、短期率を用いて還付金を計算しますので、各保険会社によって還付金が異なります。

また「先付け解約」をつけておけば、一時抹消登録が完了する日を任意保険会社に連絡をしておき、その日に保険を解約することができますので、ぜひつけておいてください。

任意保険の解約についても、任意保険会社に保険の名義人のあなたから連絡をする必要があります。

任意保険を解約するときは次に購入する車に等級を引き継ぐためにも「中断証明書」を発行してもらうことを忘れないようにしてくださいね。

車を下取りに出すより買取り?!車を高価買取してもらう方法とは??

車を下取りした自動車販売店は、その後販売店の名義に変更するところもあれば、一時抹消登録する販売店もあります。

下取りした車を名義変更すると、車検・ナンバープレートは残ったままになるので、車を転売したときにお客様が試乗できるというメリットがありますが、車検の有効期限が短くなってしまうというデメリットもあります。

そのことから販売店によっては、お客様から下取りした車を一時抹消登録することで「車検なし」の状態にしてしまい、次のお客様が車を購入すると決めたときに、車検費用を請求したうえで車検2年付で車を販売するところも多く見受けられます。

車を手放したいときに「下取り」を考える方が多いですが、実は車の下取りはあまり高い金額がつかないことをご存じですか??

とくにディーラーの下取りは、査定基準になっているのが「車種」「年式」「積算走行距離」など、車の状態が重視されたものが査定基準となります。

言いかえると、メーカーオプションやディーラーオプション、社外パーツはプラス査定になりません。

これらがプラス査定になるのが、車の「買取り」です。

車の買取りであれば、あなたがカスタマイズしたパーツであってもプラス査定の対象に含めてくれます。

このことから車を高く買取りしてもらうためには、下取りより買取りのほうがいいのです。

車を高く買取りしてくれる買取業者を探すためには、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」の利用をおすすめします。

一括査定サイトを利用すると下取りでは査定の対象にならないオプションパーツや社外パーツを査定の対象に含めてくれますので、高価買取を期待することができるのです。

一括査定サイトを利用するメリットとしては、自分で1軒ずつ自分の車を高く買取りしてくれる業者を探さなくても、一括査定サイト運営会社があなたの車を高価買取してくれる業者を紹介してくれることです。

買取業者であればあなたの車を最大限に評価してくれますし、その分買取金額も高くつく可能性は十分にありますよ。

一括査定サイトを使うと、たくさんの買取業者が連絡してきますが、それだけあなたの車を買取りたいという業者が多いことの表れですので、大変かもしれませんが1軒ずつ対応しながら、それぞれの買取業者に買取金額を提示してもらいましょう。

一番高い買取金額をつけてくれた業者に車を買取りしてもらうことでお得に車を手放すことができますね。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は下取り車の自動車税や自賠責保険料は還付されるのか、還付される場合その手続きはどうすればいいのかについてご紹介しました。

車を下取りに出した場合、その車を一時抹消登録する販売店であれば、自動車税、自動車重量税、軽自動車の重量税の還付を受けることができます。

自動車税の還付については、一時抹消登録手続きが完了すれば自動的に還付手続きは終了します。
ただ自動車重量税に関しては、陸運局で還付手続きを行なわなければなりません。

また自賠責保険・任意保険については自分で保険会社に解約の手続きをすることで保険料の還付金を受けることができますので、忘れずに連絡してくださいね。

任意保険料の還付については、任意保険会社が定める短期率によって返還される保険金が異なりますので、一度保険会社に還付金については確認してみましょう。

車を高く買取してもらうためには、下取りよりも買取りをおすすめしましたが、その理由としては買取りのほうが、あなたがカスタマイズしたパーツまでしっかりと査定評価に含めてくれるからでした。

あなたが大金を出して購入したパーツは下取りでは評価の対象になりませんが、買取業者はそれらのパーツを大きく評価してくれます。

買取業者は世の中にたくさんありますので、車の一括査定サイトを使ってあなたの車を高価買取してくれる業者を紹介してもらいましょう。

そうすることであなたの車が高い値段で買取られて、あなたがお得に車を手放すことができますよ。

今回の記事を参考に、車を下取りしてもらったときにはどんな還付金があるのかを知っていただき、還付されるお金については還付を受けてみてはいかがでしょうか。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車を下取りに出すと還付される税金ってある?手続きはどうしたらいいの?

キズやへこみがある車を下取りに出すと価格はどのくらい安くなる?修理した方がいいの...

NO IMAGE

車の下取りと買取りの違いって何?メリット、デメリットを解説

NO IMAGE

家族名義の車を下取りに出すことは可能なの?名義変更は必要?

ディーラーで下取り予定の車ってキャンセルはできるの?

NO IMAGE

車の下取りをする際にタイヤやホイールの状態は査定に影響するの??