車を買い替える場合、任意保険の手続きはどうしたらいいの?

 

「車を買い替えるんだけど、これまでに自分で加入していた任意保険の手続きはどうしたらいいんだろ??」

これまでに乗っていた車を売却して新しい車を購入するときに、任意保険に加入している場合は、保険の情報を次の新しい車のものにしなければいけません。

では具体的にどのような手続きを進めていけばいいのでしょうか??

今回は車を買い替える場合、任意保険の手続きはどのようにすればいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を買い替えたときの任意保険の手続きの方法

車を買い替えた場合は、前の車の情報のままになっている任意保険を、新しい車のものに変えなければなりません。

この手続きを「車両入替」といいます。

車両入替の手続きをしなければ、新しい車で事故を起こしたとしても一切の補償を受けることができません。

では車両入替とはどのような手続きなのか、詳しくみていきましょう。

車両入替の手続きはどのタイミングで行なえばいいのか??

車両入替の手続きは、新しい車が納車される当日までに行なうことで、もし事故を起こしたとしても補償を受けることができます。

車両入替の場合は「新しい車を取得した日の翌日から数えて30日以内」が猶予となっているため、期間内に車両入替をしないと任意保険が適用されなくなりますのでご注意ください。

この期日の決まりは「車両入替における自動担保特約」という約款で決められていますので、しっかり期間は守りましょう。

細かいことですが、新しい車を「取得」した日の翌日から数えて30日以内ですので、「取得」とは一般に陸運局で車が登録された日をさします。

基本的に陸運局であなたの車が登録されてから数日で納車されますので、車両入替の手続きを任意保険会社に申請するときは、納車日を伝えておくと問題ないでしょう。

ちなみに車両入替の手続きは納車日さえ分かっていれば、新しい車に保険を適用される日を予約することができますよ。

車両入替の手続き

車両手続きといっても、前の車の情報が記載されている保険証券の内容を、次の新しい車のものに書き換えるだけですので、それだけ難しい手続きではありません。

では具体的に車両入替の手続きの流れについてみていきましょう。

任意保険会社へ連絡する

あなたが加入している任意保険会社に電話、または保険会社によってはネットで保険会社のページから変更することも可能な場合があります。

電話の場合はオペレーターの指示に従い、ネットの場合は手順に従って車両入替の手続きを行なってください。

車検証をFAXで送信する

車両入替の手続きには、新しい車の車検証が必要です。

車検証は車が納車されなければ原本が手に入らないですので、その際は自動車販売店に新しい車の車検証をFAXで送信してもらう必要があります。

また車検証がなくても、車検証に記載されている以下の内容を任意保険会社に伝えることで、車両入替の手続きを進めることも可能です。

●型式●車名●初度登録年月●登録番号
●車台番号●所有者●使用者

また新しく購入する車が中古車の場合は、ODOメーターをみて、購入時の積算走行距離を伝える必要がありますので、納車前に車両入替の手続きをする場合は、自動車販売店に確認をとってくださいね。

任意保険会社に保険料の差額を計算してもらう

車の任意保険料は車種や年式によって異なるため、まずは保険会社に新しい車の保険料を算出してもらわなければいけません。

そして前の車の保険料との差額を計算してもらい、もし保険料が高くなるのであれば追加で保険料を支払う必要があるのです。

保険料の増減がある場合は、あなたの銀行口座の情報が必要になるときがあります。

保険料を銀行口座で引き落としになっている場合は、任意保険会社もあなたの銀行口座を把握していますが、保険料をクレジット決済にしている場合は、追加の保険料をクレジット決済にするか、銀行口座を通じて保険会社に振り込むのが基本となるからです。

とくに新しい車の保険料のほうが安い場合は、差額が返金されますので、そのときは銀行口座の情報が求められます。

車を買い替えたときの任意保険手続きで確認しておくべき条件

任意保険で車両入替の手続きを行なうときに、次にご紹介する4つの条件にあてはまっているかを確認してください。

車両入替のときに前の車を手放せているか

車両入替の手続きは、前の車を手放していること、新しい車を購入したことが条件となります。

つまり前の車を譲渡・廃車・返還などの形で手放していなければ車両入替の手続きが進みませんのでご注意ください。

任意保険の契約名義人に変更がないこと

車両入替は、前の車から新しい車に乗りかえるときの手続きですので、保険の名義人に変更があっては手続きが進まなくなります。

ただ車両入替を申請する方は、前の車の名義人ですし新しい車の名義人のはずですから、基本的に契約名義人に変更がないでしょう。

自家用車であること

車両入替の適用になるのは自家用車であることが前提ですので、法人名義の車については車両入替の適用外になります。

以下の車両であれば基本的に自家用車としての扱いです。

●自家用普通乗用車●自家用小型乗用車
●自家用軽四輪乗用車●自家用軽四輪貨物車
●自家用普通貨物車 ( 最大積載量 0.5t 以下 )●自家用普通貨物車 ( 最大積載量 0.5t 超 2t 以下 )
●特殊用途自動車 ( キャンピングカーなど含む )

個人売買の場合は名義変更後に車両入替の手続きをする

先ほどお伝えしたように、車両入替の手続きは新しい車を「取得」した日の翌日から数えて30日以内に行なう必要があります。

個人売買の場合も、あなたが購入した車があなたの名義になった時点で「車の取得」という扱いになりますので、個人から車を購入したときは、まず名義変更を行ないましょう。

車両入替の手続きは任意保険会社に連絡することですぐに行なうことができますが、車の名義変更は車庫証明書、印鑑登録証明書、譲渡証明書など、さまざまな書類をそろえる必要があります。

とくに車庫証明書は警察署に申請しにいかなければいけませんし、車庫証明が交付されるまでに1週間程度かかります。

余裕をもって名義変更手続きを行ない、その後に車両入替の申請を行なってくださいね。

車両入替の手続きで前の等級は引き継がれるのか??

先ほどは車両入替をするときの4つの確認事項についてご紹介しました。

車両入替手続きをするときに気になることといえば「これまでの等級はどうなるのか??」ということでしょう。

せっかく前の車では事故を起こさずに高い等級まで上がってきたのに、車両入替手続きを行なうことで等級が下がっては、これまでの等級が台無しですよね。

安心してください、車を買い替えたとしてもこれまで等級がリセットされるようなことはありません。

つまりあなたが前の車で20等級だった場合は、車両入替をしても20等級のままになります。

ちなみに家族間で車を譲渡した場合でも、等級の引き継ぎが可能です。

ただ等級の引き継ぎができるのは、以下の4つのケースの場合になります。

①配偶者間 ( 内縁含む ) での車の譲渡②同居の親族間での車の譲渡
③個人事業主が法人化したとき個人から法人へ譲渡④③の逆で、法人が解散して個人へ譲渡

① ・②のように親族であっても同居していなければ等級の引き継ぎはできません。

車の買い替えで任意保険の手続きをするなら安い保険会社に乗り換えちゃおう

あなたは日ごろから任意保険料が高いと感じたりはしませんか?

新しい車に買い替えることで場合によっては保険料が高くなる可能性があります。

そういう場合は買い替えを機に保険料が安い会社に乗り換えることをお勧めします。

新しい保険に加入することで様々な割引がありとてもお得です。

ですので一度、保険料の見積もりを取り比較することをおすすめします。

任意保険の見積もりを取るなら複数の会社から取ろう

任意保険の見積もりを取ることで今の保険料が高いか安いか調べることができます。

しかし、一社からの見積もりだとその金額が高いのか安いのかわからないですよね。

そこでおすすめなのができるだけ多くの保険会社に見積もりを取ることです。

複数の保険会社に見積もりを取ることで保険料の相場を知ることができます

保険料の相場を知ることで保険料が安い保険会社を見つけることができるでしょう。

「でも複数の保険会社に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「複数の保険会社に見積もりを取るってどこの会社に見積もりをしてもらったらいいんだろう?」

何て疑問がありますよね。

そこでおすすめなのが「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」になります。

一括見積もりサイトは一回の入力で複数の保険会社に見積もりを取ることができます。

データによると一括見積もりを利用すると25000円も保険料が安くなるそうです。

利用料は無料になりますので新しく保険に加入するなら一度は試してみることをお勧めします。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたになった最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

車を買い替えたときの任意保険料を少しでも増やす方法とは??

車を買い替えるとなった場合、ほとんどの方がこれまで乗ってきた車より新しい年式の車に買い替えることでしょう。

高年式の車になると任意保険料は高くなりますし、さらに車両保険がつけられるとなると保険料はさらに高くなります。

基本的に任意保険料は1年間の保険料を年一括払いしていますので、保険料が上がると追加で数万円を支払わなければならないときもあるのです。

保険料の追加料金で数万円も支払うのは経済的に厳しいところですが、保険料を支払わなければ任意保険の補償を受けることができません。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

これまで乗ってきた車を一括査定サイトで売却することで、買取業者が高価買取してくれます。

複数の買取業者に車を査定してもらうと、各買取業者で異なった買取金額が提示されますので、一番高い買取金額を出した業者に車を売却しましょう。

各買取業者で買取金額の差額が100,000円以上開くこともありますので、一括査定サイトを利用すると高く車を買取りしてくれる業者を見つけることができるのです。

車を高く買取りしてもらうことで、追加で支払う任意保険料に充当することができますね。

また新しい車の購入資金にもなりますので、これまで乗ってきた車は一括査定サイトで高く買取りしてもらいましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車を買い替える場合、任意保険の手続きはどのようにすればいいのかについてご紹介しました。
車を買い替えるときに、任意保険の手続きで「車両入替」を行なう必要があります。

車両入替は、新しい車を取得した日の翌日から数えて30日以内が猶予となっていますので、車を取得する前に車両入替の手続きをしておくと、納車された当日から任意保険が適用された状態で車に乗ることができますよ。

記事内では、車両入替の手順についてご紹介していますので、順を追って手続きを進めてくださいね。

また車両入替するときには4つの確認事項があることをお伝えしました。

あなたが確認事項の内容にあてはまっているかをチェックしたうえで車両入替の手続きを進めましょう。

次の車の購入資金や、車両入替したことで任意保険料が上がったときにはお金が必要になりますので、そのときは一括査定サイトを利用して、これまで乗ってきた車を高価買取してもらってください。

今回の記事を参考に、車を買い替えた場合の任意保険の手続きを行なってくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

下取り車のガソリンは満タンにした方がいい?空っぽのままでも問題ないの?

中古車を処分する場合ってどのくらい費用かかるものなの?