車の下取り査定料って何?諸費用はいくらくらいかかるの?

 

「車の下取りに出す予定だけど査定料ってかかるの?」

「車の下取り時に下取り査定料が取られるみたいだけどいくらくらいかかるんだろう?」

「車の下取りをしてもらうのにもお金がかかるの?」

何て疑問はありませんか?

車を下取りに出す経験は頻繁にするものではありませんし、実際に下取りしてもらう場合はどのような費用がかかるかを把握している方は少ないでしょう。

ディーラーでは今回お話しする「下取り査定料」という費用がかかるようですが、この費用はいったいどのようなものなのでしょうか??

今回は車の下取り査定料とはどのようなものなのか、諸費用はいくらかかるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車の下取り査定料とはどのようなものなのか??

下取り査定料とはどのような費用なのか??

車をディーラーや中古車販売店で購入するとき、これまでに乗っていた車をその販売店に引取ってもらうことを「下取り」といいます。

下取りの良いところは、同じ販売店で車の購入から引取りまで行なってもらえるため、車の手続きや書類の引き渡しは1つの販売店だけで済むということです。

また下取り査定の結果、下取り金額は次の車の購入資金に充てられるため、次の車を購入金額が低くなります。

今では査定を無料でやっているところが多いだけでなく、出張査定を無料でやっていることが当たり前の時代になっているので、まさか「下取り査定料」をとられるなんてと思っているでしょう。

また車を「買取り」してもらう場合は査定料が発生することはまずありません。

下取り査定料は車を下取りしてもらったときに発生する費用です。

例えば次に購入する車が100万円、これまで乗ってきた車の下取り金額が31万円だったとして、下取り査定料が1万円かかったのなら、次の車の購入金額は70万円になるのです。

このように車の下取りは、車の下取りと次の車の購入を一色単に考えるので、下取り査定料がかかったとしてもそれほど大きなお金を支払っていないような錯覚におちいる場合があります。

もし下取り金額が0円の場合、100万円の車を購入する場合は101万円の費用がかかる計算になりますが、そこはディーラーや中古車販売店は「100万円の車を10万円値引きしますよ」といって、車の購入金額を90万円のようにみせかけますが、実は下取り査定料の1万円を追加して、総支払金額が91万円ということもよくあります。

下取り査定料はどんな人でも支払わなければいけないのか??

基本的に下取り査定料を支払わなければならない方は、下取り査定を受けた方で、その販売店で車を下取りしてもらった方になります。

言いかえると車の下取りはしてもらったけれど、下取り金額が安かったために結局下取りをキャンセルした場合は、基本的に下取り査定料はかかりません。

ただ下取りのキャンセルを申し出たとしても、他社に下取り金額の相場を知られてしまうことなどを負恐れて、多くのディーラーや中古車販売店は簡単にキャンセルを受け付けてくれません。

何かしらサービスをつけたり値引きを持ち出してでも車を下取りする方向へもっていく場合がありますので、一度下取りに出すとなかなかキャンセルできないことを頭においといてください。

「でも下取り査定料ってみんなきちんと支払っているんですよね…??」と疑問を持たれている方もいらっしゃるでしょう。

実は下取り査定料を請求されたとしても、きちんと支払っている方は少ないようです。

先ほどは下取りのキャンセルの話しをしましたが、車の下取りをキャンセルすることに対して、ディーラーや中古車販売店はキャンセルを受け付けてくれない場合があるとお伝えしました。

このときに「下取り査定料がなければ下取りをお願いするのになー。」と一言伝えるだけで、下取り査定料をカットしてくれるときがあります。

また下取り査定料を請求されたときに「下取り査定料なんてかかるの??他の販売店は下取り査定料なんて請求してこなかったよ?そんな費用がかかるんだったら、他の販売店で車を下取りしてもらおうかな」と伝えるだけでも、下取り査定料がカットになる場合があります。

下取りをキャンセルされるということは、販売店の下取り金額を知られるだけでなく、車購入の商談も白紙になるということですから、販売店にとってはかなり大きな損失になるのです。

あとで下取り査定料についてもは触れますが、たかが下取り査定料でお客様に逃げられてしまっては販売店の利益に影響しますので、下取り査定料をカットしてくれるところが多いのです。

下取り査定料の相場はどれくらいなのか??

下取り査定料の相場は、ディーラーや中古車販売店によって差がありますが10,000~20,000円程です。

車の下取り査定にかかる時間は60分程で、プロの中古車査定士が車をチェックします。

ディーラーでは車のメカニックを動かすときの工賃を60分5,000円程でおおよその計算をするそうです。

これが高級車を扱うレクサスでは、60分10,000円程でおおよその計算をするそうですよ。

メカニックが2~3人で下取り査定を行なえば妥当な下取り査定料といえますね。

ただディーラーや中古車販売店は、車を下取りするということは下取りした車の名義変更手続きをあなたに代わって行なうということですので、多くの販売店では下取り査定料と名義変更手続き代行手数料をセットにして、15,000~25,000円程にしているところが多く見受けられます。

下取り諸費用

その他にも車を下取りしてもらうことで、ディーラーや中古車販売店があなたに代わって行なってくれる業務は、代表的なものでいうと以下の3つがあります。

代行業務業務内容代行手数料
検査登録手続き下取りした車はあなたの名義になっていますので、その名義変更手続きを行なう必要があります。
名義変更手続きは陸運局・軽自動車検査協会で行ないますので、その手続きを代行してくれます。
また次の車の新規登録を行なう必要があるのでその業務も代行してくれます。
10,000 ~ 30,000 円程
車庫証明手続き次の車を購入するときには警察署で車庫証明書を申請・交付する必要があります。
車庫証明書の申請書類はあなたが作成しなければいけません。
ただ警察署へ出向く業務は自動車販売店が代行してくれます。
5,000 ~ 15,000 円程
納車代行次の車の納車を、販売店に自宅まで届けてもらったときにかかる費用です。
自分で車を引取りに行けばこの費用を省くことができます。
5,000 ~ 30,000 円程

もし下取り査定料がカットされなかった場合は、これら3つの費用の中からカットできるものは削っていくと車の下取りにかかる費用を浮かすことができます。

例えば、次に購入した車を自分で販売店にとりにいけば納車代行費用を削ることができます。

また車庫証明手続きについても、自分で警察署に車庫証明の必要書類を取りに行けば、この代行手数料を浮かすことができます。

この記事をお読みの方は、この車庫証明の代行手数料は高いと思ってくださいね。

なぜなら車庫証明の代行といっても、販売店の方が行なってくれるのは、あなたが作成した車庫証明の申請書類を警察署に提出しにいって、5日から1週間後に交付される車庫証明書を取りに行くだけの代行業務です。

ややこしい車庫証明の申請書類を作成するのはあくまでもあなたです。

それで5,000円以上の代行手数料が請求されるのは高いですよね。

削れる費用はどんどん削っていきましょう。

この中で一番削りにくいのは「検査登録手続き」です。

あなたが車を下取りに出したとき、次に購入する車があるはずですが、その車の新規登録手続きは基本的に販売店が行ないます。

この手続きを「自分でやらせてくれ」とあなたが申し出たとしても、それは拒否されます。
なぜなら車の新規登録をする場合は、譲渡証明書などに前ユーザーの個人情報が記載されており、それらの情報漏えいを防ぎたいという理由があるからです。

またあなたが下取りに出した車をローンで購入していた場合、車の所有者がローン会社で使用者があなたになっているケースが多くあります。

このままの状態だと販売店は車を下取りすることはできず、この車を下取りするためには、まず車の所有者をあなた名義に変更する「所有権解除」という手続きをしなければいけません。

所有権解除を行なうと、車の所有者があなたに変更され、そのあとに下取りに出した車は販売店の名義に変更されます。

このように複雑な手続きが絡むと代行手数料が多くとられることがあります。

もし販売店に所有権解除の手続きの代行をお願いして、代行手数料を多く取られるのであれば、所有権解除の手続きは自分で行なうのも1つの方法です。

やり方としては、ローン会社に電話をして「今乗っている車の所有権解除をしたいので、所有権解除するための書類を送ってください」と言えば必要書類を送ってくれますので、その書類に必要事項を記入して返送することで、1ヶ月程するとローン会社の印鑑証明書などの書類が届きます。

それを販売店に渡せば、あなたの車の名義変更手続きが進みますので、車を下取りしてもらえるようになるのです。

簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

車を売るなら査定料がとられない買取業者に依頼しよう!

車を売りたい場合は、車を下取りに出すという方法もありますが、車の下取り金額が高くつくということはほとんどありません。

なぜなら記事でもお伝えしたように、販売店は他の販売店に下取り金額を知られたくないくらい安く車を下取りしようとしています。

もしその下取り金額が他の販売店に知られた場合、他の販売店が「うちならもっと高く下取りするよ」
なんて言われてしまうと、お客様が他にとられてしまうからです。

これ以外にも車の下取り金額が安くなる理由は、下取りの場合、年式、積算走行距離、ボディカラーなどを査定の評価対象にしており、それ以外にプラス点があったとしてもプラス査定にしてもらえる可能性は低くなります。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを使うことで、サイトに登録されている買取業者があなたの車を買取りたいため電話または連絡してきます。

連絡してくる買取業者はあなたが所有している車種を求めていたり、人気車種であるかを判断したりしてあなたに連絡をしてきます。

複数の買取業者が連絡してきますので、1社だけの買取金額で売却を判断するのではなく、たくさんの買取業者に車を査定してもらって、一番高い買取金額をつけてくれたところに車を売却すれば、お得に車を手放すことができますよ。

ぜひ車の一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の下取り査定料とはどのようなものなのか、諸費用はいくらかかるのかについてご紹介しました。

車の下取り査定料は公平にユーザーが支払っているものではなく、多くの方が支払うことなく下取り査定を受けているのが実情です。

販売店によってはユーザーが支払うことなく下取り査定をしてくれるところもありますので、もし下取り査定のときに査定料がとられるのであれば、他店では下取り査定料はとられないということを伝えながら、下取り査定料をカットしてもらうことも可能です。

ただ下取り査定料がカットされたとしても、下取り諸費用は他にもありますので、販売店に代行してもらうところは代行してもらい、自分でできるところは自分で動くといいでしょう。
ただ車の「買取り」の場合は査定料を請求されることはありませんし、下取りより買取りのほうが高く買取りしてくれる傾向にありますので、車を手放す場合は買取りを選択するのも1つの方法ですよ。

とはいっても、買取業者はたくさんありますので、その中からあなたの車を高価買取してくれる買取業者を見つけるためには、ネットを使った「車の一括査定サイト」を利用することをおすすめします。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車に装着されている社外ナビやホイール、メーカーオプションやディーラーオプションまでも査定の対象にしてくれるので、下取りより高い買取金額がつくのです。

そう考えると買取査定を検討することも視野に入れたほうがいいですよね。

今回の記事を参考に、車を下取りに入れると下取り査定料が発生する可能性があることを念頭において、車を下取りしてもらうか、車を買取りしてもらうかを検討したうえで、車を手放してみてはいかがでしょうか。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

車の下取りでETCを外すと評価は変わる?外しても問題ないの?

NO IMAGE

車の下取りで年式や走行距離って査定に影響するの?

ディーラーで故障車でも下取りってしてくれるの?

キズやへこみがある車を下取りに出すと価格はどのくらい安くなる?修理した方がいいの...

NO IMAGE

家族名義の車を下取りに出すことは可能なの?名義変更は必要?

NO IMAGE

廃車予定の車でも下取りに出すといくらかになったりするの?