中古車を処分する場合ってどのくらい費用かかるものなの?

「車を処分したいんだけど費用ってどのくらいかかるんだろう?」

車を処分する場合は代行手数料や手続きなどで費用がかかる場合があります。

費用がいくらかかるかを知っておけば、思わぬ出費があったとしても対応できますよ。

今回は車を処分する際にかかる費用についてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を処分するときにかかる費用とは??

車を処分する方法はおもに5つありますが、処分の仕方によって必要な費用が異なってきます。

これから車を処分する際に必要な費用についてご紹介しますが、どの処分の仕方にしても、車を処分するからには陸運局で、名義変更、一時抹消登録、永久抹消登録、自動車検査証返納届、解体返納といった手続きをする必要があります。

それらの手続きの際には印鑑証明書など、役所が発行する書類が必要であり、書類の発行手数料は少なからず必要になります。

まずは車を処分するときに必要な書類の発行手数料の相場について示しておきますね。

書類発行手数料
印鑑証明書200 ~ 400 円
戸籍謄本450 円
住民票300 ~ 400 円

書類によっては自治体によって発行手数料がかわりますので、相場で示しています。

ではそれぞれでどれくらい費用がかかるのかをみていきましょう。

ディーラー・中古車販売店に下取りしてもらう場合

次に新車または中古車に乗り換える場合、これまで乗っていた車を下取りに出す方が多いでしょう。

下取りのしくみは、例えば次に購入する車が200万円だとして、これまで乗っていた車を50万円で下取りしてもらうと、次に購入する車の代金は200万円ではなく、200万円-50万円=150万円というふうに、下取り金額を次の車の購入代金にあてる形になっています。

つまり下取り金額の50万円はあなたの手元に現金として入ってくるのではなく、自動的に次の車の購入資金にあてられるのです。

車を下取りしてもらうと、自動車販売店はあなた名義になっている車の名義変更または一時抹消登録手続きを陸運局で行ないますので、この手続きの「代行手数料」が発生します。

また車の下取り金額を算出するためには自動車販売店に車を査定してもらうわけですが、基本的に車を査定してもらう場合は「下取り査定料」が発生します。

ほとんどの自動車販売店ではこの2つの費用を請求するときに合算して算出していることが多く、これらの合計費用の相場は15,000~30,000円程となっています。

車を購入して、同時に車を下取りしてもらうときの見積書・請求書では、どうしても次に購入する車の費用に目がいってしまいますが、実は下取りに関するこれらの費用がとられていますので注意しましょう。

さらに車を下取りに出す場合は、自動車販売店に印鑑証明書を2通提出する必要がありますので、印鑑証明書の発行手数料として400~800円が必要です。

買取業者に車を買取りしてもらう場合

買取業者に車を買取りしてもらう場合は、基本的に費用を請求されることはありません。

車を買取りしてもらう際に買取査定をしてもらいますが、査定に関する費用を請求されることもないですし、あなたの車の保管場所まで中古車査定士がやってきて査定してもらう場合も、無料出張査定が基本です。
また買取業者は買取りした車を陸運局で名義変更などの手続きをしますが、その手続きの代行手数料を請求されることもありません。

もし買取査定をしてもらって、結果的に車を売らないという場合でも、買取査定料を請求されることもないのです。

なぜ買取業者ここまで費用を0円にしているのかというと、お客様は手数料を請求してくる業者を敬遠しがちなので、他の買取業者にお客様をとられないようにするためのサービスです。

とはいっても、買取業者の中にはご紹介した費用を請求してくるところもありますので、正式に業務を依頼する前に費用に関しては確認しておくといいでしょう。

また車を買取りに出す場合は、買取業者に印鑑証明書を2通提出する必要がありますので、印鑑証明書の発行手数料として400~800円が必要です。

ネットオークション・ネットショップに出品した場合

まずネットで車を出品した場合は、出品手数料や落札手数料などが発生します。

一般的なネットオークション・ネットショップに出品した場合には、以下のような手数料がかかります。

サイト名出品手数料落札手数料サイト名出品手数料落札手数料
ヤフオク!3,024 円3,024 円ラクマ0 円商品価格の 3.5%
モバオク0 円4,860 円ジモティ0 円0 円
メルカリ0 円商品価格の 10%

これらの手数料以外に、購入者が支払った購入代金を自分の口座に振り込んでもらう場合には、振込手数料が必要になる場合があります。

また車をネットで販売した場合は、購入者が名義変更手続きをしなければいけませんが、その際にあなたの印鑑証明書が1通必要ですので、印鑑証明書の発行手数料として200~400円が必要です。

知人に車を譲る場合

知人に車を譲る場合は、車を取引するうえで費用や手数料が発生することはないでしょう。

この場合は知人が車の名義変更手続きをしなければなりません。

その際にあなたの印鑑証明書が1通必要ですので、印鑑証明書の発行手数料として200~400円が必要です。

解体業者に車の解体を依頼する場合

車を解体業者に解体を依頼する場合は、車を引取りにきてもらう必要があります。

本来であれば10km圏内で5,000円程の相場で費用がかかりますが、今ではほとんどの解体業者は車を引取るためのレッカー費用を請求してきません。

車の解体そのものもリサイクル券があれば、解体費用は0円になります。

もしリサイクル券がない場合は「自動車リサイクルシステム」(www.jars.gr.jp/)で、リサイクル税が支払われているかを確認することができますし、その確認画面を印刷すればリサイクル券の代わりになりますので、ほとんどの車で解体費用はかかりません。

解体業者が車を解体した後は「使用済自動車引取証明書」があなたの手元に郵送で届きますので、それをもって陸運局で永久登録抹消登録(普通車)または解体返納(軽自動車)の手続きをする必要があります。

陸運局で行なうこの手続きを解体業者に代行依頼することも可能ですが、その場合は代行手数料として10,000円程かかります。

いずれにしても最終的には陸運局での手続きが必要で、その際にあなたの印鑑証明書が1通必要ですので、印鑑証明書の発行手数料として200~400円が必要です。

車を手数料なしで買取りしてもらう方法とは??

先ほどは車を処分するときにかかる費用についてご紹介しましたが、基本的に費用や代行手数料を請求してこない、またはそれらの費用がかからないのは買取業者でしたね。

解体業者も費用や代行手数料は基本的にかかりませんが、廃車手続きを依頼すると代行手数料が発生します。

買取業者は余計な費用を請求されることはありませんが、実際に買取査定に出したときに、あなたが希望する買取金額で買取りしもらえるのかという点ですよね。

初度登録から10年以上の車、積算走行距離が10万キロ以上の車は、ディーラーでは買取金額が0円になり、買取業者でもこれらの条件を満たしてしまうと、買取金額はかなり低くなってしまいます。

そんなときに利用をおすすめするのが、廃車する車を専門に買取りしてくれる「廃車専門の買取業者カーネクスト」です。

カーネクストは初度登録から10年以上の車、積算走行距離が10万キロ以上の車はもちろんのこと、事故車、不動車、故障車、水没車など、廃車にする車であれば0円以上での買取保証をしてくれます。

以下はカーネクストが車を買取りしてくれた一例です。

メーカー日産車種エクストレイル
年式2009( 平成 21) 年式総排気量1,997cc
積算走行距離113,000km買取金額80,000 円
買取理由フロント事故によりバンパー・ヘッドライト破損、ボンネットに歪みがある状態でしたが、車検が残っておりましたのでこの価格で買取らせていただきました。

買取理由のところに書いてあるように、車はかなりひどい状態ではありますが高価買取されていることが分かります。

エクストレイルは海外でも需要のある車種で、カーネクストは国内では廃車の扱いになる車であっても海外では売れるため高価買取してくれるのです。

ここまで破損した車でない場合は、さらに高価買取が見込めますし、国内外で人気の車種であればより高価買取が期待できますよ。

それだけでなく手間な陸運局での廃車手続きも、カーネクストは無料で行なってくれますので、あなたは印鑑証明書を準備するだけで、あとはカーネクストに任せましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

愛車がいくらになるか試しに見てみる(無料)

さいごに

今回は車を処分する際にかかる費用についてご紹介しました。

車を処分するときは下取りを利用すると、一番費用がかかることが分かりましたね。

ネットで車を販売するにしても出品手数料や販売手数料が発生しました。

手数料などの費用がかからない車の処分の仕方は、買取業者を利用するか、知人に車を譲ることでしたね。

ただ買取業者も中古車市場で人気の車であれば高価買取してくれますが、そうでない車に関しては高値で買取りしてくれない可能性があります。

そんなときに利用をおすすめしたのがカーネクストでした。

カーネクストはどんな車でも0円以上の買取保証をしてくれますし、陸運局で行なう廃車手続きも無料で代行してくれます。

もちろん車の引取りも無料でしてくれますので、カーネクストをぜひ利用してみてください。

今回の記事を参考に、中古車処分にかかる費用について知っていただき、お得な予算で車の処分を行なってくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「愛車を処分したいんだけどどういう方法があるんだろう?」 「乗らない車があるから早く処分したい…」 何て疑問はありませんか? ...
「自動車を処分したいけどどういう手続きは必要になるんだろう?」 「自動車を処分するならどういう書類が必要になるの?」 何て疑問はあり...
「今乗っている車を処分したいけどどうしたらいいのかな?」 「ディーラーで車の処分ってしてくれるの?」 何て疑問はありませんか? ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

下取り車のガソリンは満タンにした方がいい?空っぽのままでも問題ないの?