車のマフラーがサビているけど錆落としってどうしたらいいの?

 

「車の底を確認するとマフラーのサビがすごく気になったんだよな…。マフラーのサビってどうやって落とせばいいんだろ??」

車は屋外を走るものですので日々雨風にさらされており、とくに積雪の多い地域では雪だけでなく凍結防止剤がまかれており、積雪のない地域よりマフラーのサビが深刻なものになります。

マフラーにサビがついた場合はどのように落とせばいいのでしょうか??

今回は車のマフラーがサビている場合はどのようにサビを落とせばいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車のマフラーについたサビの落とす方法とは??

サビは「車のガン」ともいわれ、放置しておくとどんどんサビは進行し重症化し、さまざまな弊害が出てきます。

そうならないためにも、マフラーにサビがついた場合はどのように対処していけばいいのかをご紹介します。

車のマフラーのサビはどうやって落とすのか??

マフラーのサビを落とすときはディーラーや整備工場に依頼することも可能ですが、自分で行なうことも可能です。

ではどのように作業するのかをみていきましょう。

自分でやってみる

自分で作業するときは車の下にもぐるか、車をジャッキであげるなどして、車の底がみえる状態をつくらなければいけません。

どちらのやり方にしても車の底をみるときは光が差し込まず暗い状態ですので、懐中電灯を使うことをおすすめします。

マフラーのサビを落としたい場合は、オートバックスなどのカー用品店で販売されている「サビ落とし剤」を使いましょう。

例えばソフト99は以下のようなサビ落とし剤を出しています。

商品名商品内容価格 ( 税込 )
液体タイプ
『サビ落としセット』
筆で溶剤を塗りふき取りをする商品
少し深いサビや広範囲のわたるサビに効果的
799 円
ペーストタイプ
『サビ取りクリーム』
粘度の高いペーストタイプの商品
垂直部分への施工でも垂れにくいので便利
626 円
消しゴムタイプ
『 2WAY サビ取り消しゴム』
消しゴムのようにこするだけの商品
細くカットしサビを取りたい部分だけ綺麗にできる
518 円

この中でもとくに効果的なのが液体タイプの「サビ落としセット」です。

使い方はすごく簡単で、キャップに付属されている筆で、サビ部分に溶剤をたっぷり塗り込みます。

溶剤とサビが化学反応を起こしてサビがどんどん落ちていくのが分かります。

溶剤を塗ってから10分程経過すれば綺麗な乾いた布でふき取れば作業完了です。

マフラーの素材であるステンレス本来の輝きが取り戻せるでしょう。

もしサビがしつこい場合はくり返して作業することで、完全にサビを取ることができますよ。

サビが取れたらさび止め液を塗れば、今後のサビを防ぐことまでできるのです。

しかも商品の価格もお手頃ですので、お金をかけたくない方は自分で作業するといいでしょう。

業者に依頼する

自分でサビ取りの施工をしたときに気がつくことが「細かい部分のサビを落とすことができない…」ということです。

他の部品があって手が届かないところのサビは思うようにとることができません。

サビを完全に落とし切らないことには、そこからサビが広がってしまい、自分でがんばって作業したのが水の泡になってしまいます。

自分で行なうサビ取りに限界を感じた方は、ディーラー、整備工場、板金屋、ガソリンスタンドなどにサビ取りの施工を依頼してみてはいかがでしょうか。

ディーラーでマフラーのサビ取りを依頼すると、車種やボディの大きさによりますが15,000~30,000円程の費用がかかります。

整備工場やガソリンスタンドの場合は、7,000~20,000円程で作業を行なってくれますよ。

どこでサビ取りの施工を依頼してもすすめられるのは、マフラーの防サビやコーティングです。

もちろん商売ですすめてくるというのもありますが、お客様が現にマフラーがサビついた車を乗っているわけですから、サビ取りをしたのと同時に施工することをすすめられるわけです。

防サビの施工はサビ取りと合わせて行なうと安くしてくれるところが多く、5,000円程が相場といえます。

合わせてコーティングまで依頼すると10,000~70,000円程の追加料金が必要になります。

高価なコーティングほど、耐久年数が5年・10年と長くなりますよ。

業者サビ取りを依頼することで、見違えるほどマフラーのサビを落とすことができます。

車のマフラーについたサビを放置するとどうなるのか??

マフラーのサビを放置すると、どんどんサビの範囲が広がり、最終的にはマフラーに穴があいてしまいます。

マフラーに穴があくと排気漏れを起こしてしまい、保安基準不適合となりますので車検に合格すること
ができません。

またマフラーの一部分には「触媒」があるのですが、触媒についたサビが進行することでサイレンサーを損傷してしまうと、マフラーから大きな音が聞こえるようになり、これも車検に合格することができなくなります。

穴があいた場合はマフラーパテやマフラー補修バンドで応急措置をとることができるため、とにかく車検に合格した方はそのような補修を行ないます。

ただあくまでも応急措置ですので、きちんとマフラーの穴をふさぐためには溶接を行なう必要がありますし、溶接を行なう前に徹底的にサビ取りを行なわないと、結局また穴があいてしまうことになるのです。

それにサビ取りをして、溶接をしてから、今後サビをつきにくくするために防サビを施すとなれば費用はどんどんかさんでいきます。

このようにサビを放置するとマフラーの状態が悪くなり、修理に莫大な費用がかかるのであれば新しいマフラーに交換しなければならない…、という悪い流れになりますので、マフラーのサビは放置するのではなく、早い段階から補修するなどの対策をとりましょう。

車のマフラーがサビで穴があいていたら車は高価買取してもらえないのか??

車のマフラーがサビていたり、最悪の状態では穴があいている場合は車検すら通らなくなるとお伝えしました。

車検に通らないのであれば車を手放そうと思いますが、マフラーの状態が悪いのに車を高価買取してもらえるかは不安ですよね。

マフラーがそのような状態でも車を高価買取してもらうためには、ネットを使った「車の一括査定サイト」の利用をおすすめします。

一括査定サイトを利用すると、マフラーのサビがある車であっても高価買取してくれる業者を紹介してくれます。
なぜなら買取業者は、買取りした車のマフラーの状態が悪くても、自社工場や提携工場で安く修理して、他に車を転売することができるため、結果的に利益を得ることができるのです。

マフラーにサビがある程度であればマイナス査定になる可能性は低いですが、サビが原因で排気漏れを起こしていたり、腐食穴があいている場合はマイナス査定は避けられません。

排気もれ・腐食穴があり、エキゾーストパイプ・サブマフラーの交換が必要な場合は30,000円程、メインマフラーの交換が必要な場合は40,000円程のマイナス査定にあります。

マフラーのサビが進行しすぎて、マフラーも触媒も交換しなければならない場合は60,000円程のマイナス査定になってしまうのです。

「それだけのマイナス査定を受けるなら、サビ取りをしたほうがいいのでは??」と思われるでしょうけど、サビ取りの施工をしたり、マフラーを交換するほうが高くつきますので、車を査定に出すときはありのままの姿で出すことをおすすめします。

ただ一括査定サイトを利用して紹介された業者は、マイナス査定の影響が最小限になるような高い買取金額をつけてくれますよ。

しかも車を査定もらうときは、買取業者の中古車査定士があなたの駐車場までやってきて査定してくれますので、すごく楽ちんですよ。

マフラーがサビていても車を高価買取してくれますので、安心して一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

マフラーが錆びていても高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車のマフラーがサビている場合はどのようにサビを落とせばいいのかについてご紹介しました。

それほどマフラーがサビていない場合は、市販のサビ落とし剤を購入して、自分で施工することでサビを落とすことができますよ。

ただ自分で施工するときは、車の下にもぐるかジャッキで車をもちあげる必要がありますので、十分に注意を払って作業を行なってくださいね。
サビの状態がひどい場合は細部にわたってサビが広がっていたり、最悪の場合はマフラーに穴があいていて排気漏れを起こしている可能性もあります。

そうなると自分で作業することは困難ですので、費用はかかりますが業者に点検してもらい、必要に応じて施工してもらうことをおすすめします。

排気漏れやマフラーから大きな音が出ている場合は、車検に合格できなくなりますので、早めに点検してもらいましょう。

あまりにもマフラーの状態がひどい場合は、マフラーを交換する必要が出てきますので、思った以上の費用がかかってしまいます。

あまりにも修理・交換費用が高額な場合は、車を売却することも考えなければいけません。

車を売るときは、一括査定サイトを利用することで、マフラーがサビていても高価買取してくれますよ。

今回の記事を参考に、車のマフラーのサビ落としについて知っていただき、マフラーのサビを落としましょう。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車のマフラーからカラカラと異音がするけど原因は何?修理はできる?

NO IMAGE

車のマフラーが穴あきだと車検は通らない?修理費用はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

車のマフラーが故障したので交換したいけど費用はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

車のマフラーから排気漏れしているけど車検は通らない?修理はどうしたらいい?