車の買い替えを機に任意保険を切り替えたいけどどうしたらいいの?

 

「車を買い替えるから、これを機に任意保険を切り替えようと思うんだけど、どうやって任意保険の切り替えって進めていけばいいのかな??」

車を買い替えるときは、これまでに加入していた任意保険を次の車の内容に書き換える手続きをしなければいけません。

この手続きを車両入替といいますが、車両入替手続きを行なうと車種や年式が異なるわけですから、保険料も高くなったり低くなったりします。

そのため車を買い替えるタイミングで他社の任意保険に切り替えを考える方が多くいらっしゃいます。

では他社の任意保険に切り替える場合はどのような手続きを行なえばいいのでしょうか??

今回は車の買い替えを機に任意保険を切り替える場合、どのような手続きをとればいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車買い替え時に任意保険を切り替えるメリット・デメリット

車を買い替えるときに任意保険を切り替えるとなると、手続きが面倒はないかとお思いの方がいらっしゃるでしょう。

もし面倒なら「これまでの任意保険でいいや…」と思う方もおられるのでは??

ここでは任意保険を切り替えることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

任意保険を切り替えすることで得られる4つのメリット

未経過分の保険料が戻ってくる

任意保険の支払い方は「年一括払い」「分割払い」の2つが基本です。

分割払いの場合は未経過分の保険料が戻ってくることはありませんが、年一括払いの場合は未経過分の月の保険料が戻ってきます。

保険が適用されない期間の保険料は戻ってきて当然ですが、やはりお金が戻ってくるのは嬉しいことですよね。

具体的には「解約返戻金=年間保険料×(1-契約が経過した期間に対応する短期率)」という計算方法で戻ってくる保険料を計算します。

公式にある「短期率」は、解約返戻金の計算に用いられる比率で、その割合は以下の表に示されたものになります。

経過期間7 日まで15 日まで1 ヶ月まで2 ヶ月まで3 ヶ月まで4 ヶ月まで5 ヶ月まで
短期率0.10.150.250.350.450.550.65
経過期間6 ヶ月まで7 ヶ月まで8 ヶ月まで9 ヶ月まで10 ヶ月まで11 ヶ月まで12 ヶ月まで
短期率0.70.750.80.850.90.951

驚きなのが、保険を1ヶ月しか契約していなくても25%の短期率が設定されていることです。

つまり補償された期間は1ヶ月しかないのに、3ヶ月分の任意保険料を支払わないといけない計算ですので、できることなら保険の満期がくるまで待っておくのがお得だといえます。

自分の保険内容の見直しができる

任意保険に加入していると、年齢条件や免許証のカラーによって保険料が下がる場合があります。

しかし保険契約期間中は、どのような契約内容で保険を契約しているか覚えていないものです。

車を買い替えるときに任意保険の見直しをした場合、あなたが30歳になっているのにもかかわらず、契約当時の26歳以上適用の保険のままになっていると、余計に保険料がかかっていたことになります。

任意保険を切り替えるということは、自分の任意保険の見直しができる絶好の機会なのです。

任意保険を切り替えると特典で保険料が安くなる

任意保険を切り替えると、新しく契約する保険会社は新規加入者に対して「今ご契約なら保険料10,000円引き」などの特典を適用してくれる場合が多くあります。

またネットから申し込むと「ネット割引」などの適用もありますので、任意保険を切り替えると保険料が安くなることがあるのです。

ネット通販型任意保険も視野に入れる

テレビCMでもよく見かけるネット通販型任意保険。

ソニー損保やアクサダイレクトなどがその一例です。
ネット通販型任意保険の特徴は、一般の任意保険より保険料が安いということです。

保険料が安くても、事故後の対応、ロードサービスなどがきちんと充実していますので、安心して加入できる保険であることは間違いないでしょう。

任意保険を切り替えるときは、ネット通販型任意保険を視野に入れるのも1つですね。

任意保険を切り替えすることで得てしまう2つのデメリット

保険料が安い任意保険では補償内容が充実していない可能性がある

任意保険の切り替えを行なうときに、どうしても目がいってしまうのが保険料です。

保険料が安いと魅力を感じてしまいますが「保険料が安いと補償内容が充実していないのでは??」と思ってください。

例えば切り替え前の保険会社では適用されていた特約がなかったり、ロードサービスの内容が手薄になっている場合などがあります。

安い保険料の任意保険を選ぶときは、補償内容をきちんと確認しましょう。

等級の引き継ぎがスムーズにいかない場合がある

任意保険には「等級」があり、等級が高くなるほど同じ補償内容でも保険料が安くなります。

等級は任意保険加入日を起点に、1年間保険に加入し続け、保険の補償を受けることがなかった場合に1等級あがるしくみです。

もし事故などで任意保険の補償を受けた場合は、3等級下がってしまい、次の保険の期間からは保険料があがります。

任意保険を切り替える場合はこれらの等級を引き継ぐことが可能です。

等級が高いほど、等級が引き継げるのはメリットなのですが、保険を切り替えるタイミングによってはデメリットになってしまいます。

例えばあなたの今の任意保険の満期日が2018年10月31日、等級が19等級だとします。

この場合は10月31日に1等級上がって20等級になるのですが、次の車を購入したため10月15日に保険を他会社に切り替えると、10月31日に等級が上がらなくなります。

次に等級があがるのは、保険を切り替えた10月15日を起点に計算しますので、2019年10月15日でなければ20等級になることはないのです。

任意保険を切り替えるタイミングを知っておかなければ、せっかく上がるはずの等級も、先延ばしになってしまいますので注意してくださいね。

少しでも安い任意保険に切り替えるコツとは?

車の買い替えで任意保険の切り替えをするなら少しでも安い保険に変えたいですよね。

保険料が安い保険会社に切り替えるなら複数の保険会社に見積もりを取ることをおすすめします。

保険会社ごとに補償内容や保険料や割引が違ってくるため保険の比較をすることで安い保険会社を知ることができます。

「でも複数の保険会社に見積もりを取るのはめんどくさい…」

「複数の保険会社に見積もりっていうけどどこの保険会社に見積もりを取ったらいいの?」

何て疑問はありませんか?

そこでおすすめなのが「自動車保険の一括見積もりサイト(無料)」になります。

ネットで一回入力をするだけで複数の大手保険会社に見積もりを取ることができます。

その見積もりを参考に安い保険会社を探すと手間が省けて便利です。

一括見積もりを利用することで平均で保険料が25000円も安くなったというデータもあります。

少しでも安い保険会社を探すなら一括見積もりがおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の自動車保険を調べてみる(無料)

車買い替え時に切り替えた任意保険料を少しでも増やす方法とは??

車買い替えのタイミングで任意保険を切り替えた場合、前の任意保険料で戻ってくるお金があるかもしれませんが、そのお金は短期率によって割合が決められているため、思ったほどの返戻金はありません。

また新しい保険会社の保険に加入する際は、1年分の任意保険料を支払う必要があるため、数万円のお金を準備する必要があります。

車両保険などをつけていくと、年間の保険料が100,000円を超えることもありますよ。

そのようにまとまったお金が必要になってくるので、これまで乗ってきた車は「車の一括査定サイト(無料)」を利用して高く売ってしまいましょう。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車を買取りたい業者が連絡してきますので、連絡してきた業者に車を査定してもらいます。

査定が終わればすぐに買取金額を提示してくれますので、査定をしてもらったその場であなたの車の価値が分かるのです。

複数の買取業者に車を査定してもらうことで、さまざまな買取金額を比較することができますので、一番高い金額をつけた買取業者に車を売ると、任意保険料を支払うことができますよ。

ぜひ、車の一括査定サイトを利用してみてくださいね。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の買い替えを機に任意保険を切り替える場合、どのような手続きをとればいいのかについてご紹介しました。

任意保険を切り替えるためには、あなたに合った新しい保険会社を選ぶところから始まります。

複数の保険会社をピックアップして、補償内容や保険料をしっかりと比較したうえで次の保険会社を選びましょう。

新しい保険会社が決まれば、電話かホームページより保険の加入手続きを行なってください。

保険の加入が決まったときに、前の保険会社には解約手続きを申請する必要があります。

そうでないと自動で保険が契約更新されてしまいますからね。

また保険の解約を申し出ることで、保険料を年一括払いしている方で、保険期間が1ヶ月以上残っている方は保険料が戻ってきますので、未経過分の保険料はきちんと返してもらいましょうね。

次の新しい保険を契約するときには1年分の保険料が必要になりますから、その保険料は買い替える前の車を高く売って保険料を支払うといいですよ。

車を高く買取りしてもらうためには、車の一括査定サイトを利用してください。

今回の記事を参考に、車を買い替えるときに任意保険の切り替え手続きを行なってみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の買い替えのタイミングはいつがいい?時期や車検や税金について解説

NO IMAGE

車の買い替えは走行距離が何キロくらいがおすすめなの?

NO IMAGE

車の買い替えでカーナビを付け替えるにはどうしたらいいの?

NO IMAGE

車を買い替えるとナンバープレートはどうなるの?

NO IMAGE

車の買い替えは何年くらいが目安なの?一番お得な年数は〇年くらいです

NO IMAGE

車の買い替えでETC車載機を付け替える手続きってどうしたらいいの?