軽自動車のオークション代行の相場は?買取とどっちがおすすめなの?

「愛車の軽自動車を高く売りたいんだけど何か良い方法はないかな?」

「オークションでの売買と業者への買取ってどっちが高く車を売ることができるの?」

何て疑問はありませんか?

車を買い取ってくれる業者は様々です。

その中であなたは中古車オークションをご存じですか??

中古車販売店はどこから中古車を仕入れているのかというと、車の業者オークションを利用しています。

ここは古物商の資格や中古車販売店舗をもつ買取業者のみが参加できるオークションです。

中古車販売店は業者オークションで車を購入して店舗で販売しているのです。

業者オークションでは、私たちが普段目にする中古車の販売価格よりかなり安い値段で車が売られています。

「それならここで車を買えばめちゃくちゃ安い値段で車を買えるということか!あ…、でも業者オーク
ションは買取業者しか入れないんだったな…」

ここで諦めるのはまだ早くて、業者オークションは買取業者しか入れませんが、買取業者が私たちの代わりに業者オークションに参加してくれることが可能です。

もちろん買取業者に業者オークションに参加してもらうわけですから代行手数料が必要になります。

今回は軽自動車のオークション代行費用の相場と買取りではどちらがおすすめなのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


軽自動車のオークション代行の費用の相場はどれくらいなのか??

業者オークション代行を利用する最大のメリットは「金銭面」といえます。

街なかの買取業者より中古車を高く売ることができるというメリットがありながらも、自分の車をオークション代行を利用してオークション会場で出品してもらった場合、必ずしも落札されるとは限りません。

大手オークション会場における落札率は6~7割ですので、なかなか売れないという状況はめずらしくないのです。

全国的にも知名度があり、今回ご紹介するオークション代行業者は、カーオークション.jp、オークサポート、くるまオークションドットコムです。

これら3つのオークション代行業者は、各社で特徴が異なります。

とくに今回は料金体系とサポート内容を中心にご紹介します。

3つのオークション代行業者の特徴とは??

カーオークション.jp

カーオークション.jpは、オークション代行手数料が業界最安値というのが大きな特徴です。

https://www.car-auc.jp

オークサポート

オークサポートは、相場検索機能で希望車を見つけ、その希望車に対して代行依頼できるという点が大きな特徴です。

http://www.aucsupport.com/searchsoubahand.aspx

くるまオークションドットコム

くるまオークションドットコムは、東海エリアをカバーしている代行業者で、アフター保証と手厚いサービスがあるという点が大きな特徴です。

基本的に業者オークション代行での中古車売買は、手数料のことを考えたとしても金銭的にプラスになりますが、オークション代行業者に支払う費用が高いのは納得がいかないところですよね。

では実際にオークション代行業者にオークションを代行してもらうときの費用をみてみましょう。

http://www.kuruma094.com

3つのオークション代行業者に中古車を出品(売却)する場合にかかる費用とは??

オークション代行業者に中古車の出品を依頼する場合は、以下のような費用がかかります。

費用名
カーオークション.jp
オークサポート
くるまオークションドットコム
代行手数料
35000円
30000円
50000円
出品料
約10000円
9000円
約10000円
成約料
約10000円
9000円
約10000円
陸送費用(往路)
地域により異なる
地域により異なる
10000円
その他
※10000円
合計
50000円+陸送費用
48000円+陸送費用
80000円+陸送費用

2016年8月現在の金額(税別)
※くるまオークションドットコムでは出品料+成約料を「オークション経費」として掲載

代行手数料は、くるまオークションドットコムが他の2社と比べると高い金額になっていますね。

出品料と成約料については、各社ともそれほど大差はありません。

陸送費用に関してはカーオークション.jpとオークサポートについては問い合わせる必要があります。

これらの費用を支払って車が落札されるといいですが、もし車が落札されなかった場合は車を再出品するか、車を返却してもらうかを選ばなければいけません。

では車を再出品する場合や車を返却してもらう場合にどれくらい費用がかかるのかを、以下の表で確認してみましょう。

<1回目で落札されず再出品する場合の追加費用>

オークション代行業者
再出品ごとにかかる追加費用
カーオークション.jp
約10000円
オークサポート
約9000円
くるまオークションドットコム
約10000円

2016年8月現在の金額(税別)
再出品する際の追加費用は、各社とも大差はないことが分かります。

代行手数料や成約料などの合計費用から考えると、安く利用できるのはカーオークション.jp、オークサポートといえるでしょう。

再出品をせずに車の返却をしてもらう場合は、代行業者によって代行手数料の有無の違いがあります。

車を返却してもらう場合にかかる費用については以下の表で確認しましょう。

<1回目で落札されず車を返却してもらう場合の総費用>

費用名
カーオークション.jp
オークサポート
くるまオークションドットコム
代行手数料
35000円
出品料
約10000円
9000円
約10000円
陸送費用(往路)
地域により異なる
地域により異なる
20000円
キャンセル料
30000円
その他
※10000円
合計
45000円+陸送費用
9000円+陸送費用
50000円+陸送費用

2016年8月現在の金額(税別)

車を返却してもらう場合の総費用をみるとオークサポートが圧倒的に安いことが分かります。

つまり車の再出品を考える場合はカーオークション.jpまたはオークサポート、車を再出品せずに車を返却してもらうことを考える場合はオークサポートを利用するといいでしょう。

もし落札されなかった場合にたくさんの出費が出ることに不安を感じる方は、くるまオークションドッドコムの「買取コース」をお考えになってはいかがでしょうか。

買取コースは、車が落札されなかった場合にくるまオークションドットコムが代わりに買取りしてくれるのです。

再出品や車を返却してもらう費用を考えると、車を買取りしてもらったほうがいい場合もあります。

業者オークションと買取業者での買取りはどちらがお得なのか??

先ほどは3つのオークション代行業者に中古車を出品(売却)する場合にかかる費用についてみてきました。

ここで気になるのは、オークション代行業者にお金を支払ってまで、車をオークションで売却したほうがいいのか、それとも街なかの買取業者に車を買取りしてもらったほうがいいのかということです。

買取業者に車を買取ってもらう場合は、オークション代行手数料を支払う必要がありませんが、買取業者があなたの車の買取りをした際に、あなたの名義から買取業者の名義に変更するために名義変更代行手数料がとられます。

名義変更代行手数料は総額で50000円程かかるのが相場ですが、オークションで車を売却すると車を買取りした人が名義変更しなければいけないため、名義変更代行手数料を支払わなくてよくなります。

ここで業者オークション落札相場が120万円の軽自動車の一例を出してみます。

<車買取り店>

①自社最低利益(出張査定費用、名義変更代行手数料、事務手数料等) 15万円
②オークション関連手数料 3万円

この場合、お客様が受け取ることができる買取金額は、120万円-18万円=102万円です。

<オークション代行業者>

①自社利益(120万円の5%) 6万円
②オークション関連手数料 3万円

この場合、お客様が受け取ることができる買取金額は、120万円-9万円=111万円です。

どんぶり勘定になりますが、オークション代行業者の方が9万円多く受け取れます。

しかし、オークション出品代行は1回で売れなければ追加費用がかかりますし、なかなか売れなければ相場より安く売りたくなりますので120万円を下回る可能性もあります。

業者オークションの場合は、車が1回で売れないとリスクが高くなるのです。

大手オークション会場における落札率は6~7割でなかなか売れないという状況はめずらしくないことを考えると、買取業者で車を買取りしてもらうほうがお得でしょう。

軽自動車を納得がいくほど高価買取してもらう方法とは??

先ほどのどんぶり勘定ではオークション代行で車を売却したほうが多くのお金を受け取れるとお伝えしましたが、1回で車が売れずに複数回再出品していったり、車を返却してもらうとなった場合は、結果的に買取業者で車を買取りしてもらったほうがお得になります。

大手オークション会場でも落札率は6~7割でなかなか売れないという状況と考えると、安全に買取業者に車を買取りしてもらったほうが賢明でしょう。

では軽自動車を高価買取してもらうためにはどのような手段を使うといいのでしょうか?

ここで利用をおすすめするのがネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

車の一括査定サイトを利用すると、一度にたくさんの買取業者から「車の査定をさせてください!」という連絡がきます。

一括査定サイトを利用するときは、あなたの個人情報とあなたが所有している車の情報を入力して、一括査定サイト運営会社に送信するだけで、あなたのお住まいの近くにある買取業者から連絡がくるのです。

なぜ一括査定サイト運営会社に個人情報を送信しているのに、近くの買取業者から連絡がくるのかというと、買取業者はさまざまな一括査定サイト運営会社に自分の店舗を登録しています。

一括査定サイト運営会社は、一括査定サイトを利用したお客様の個人情報をみて適切な買取業者にお客様の個人情報を転送しているのです。

基本的には1社だけでなく複数の買取業者から連絡がきますので、あなたが応対できる限りたくさんの買取業者に車を査定してもらい、買取金額を提示してもらうといいでしょう。

そして一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうことで、オークション代行に依頼して、落札されるか・されないかの不安を抱くことなく、軽自動車を売ることができますね。

さいごに

今回は軽自動車のオークション代行費用の相場と買取りではどちらがおすすめなのかについてご紹介しました。

軽自動車を売るために業者オークションを利用すると高く売れるような気がしますが、代行手数料、出品料、成約料、陸送費用といった費用がかかります。

また自分の車を出品して1度で売れてくれればいいのですが、もし1度の出品で売れなかった場合は追加費用がとられますし、結局業者オークションでは売れなかったので車を返却してもらう場合にも費用がかかりましたね。

業者オークションではそのようなリスクがあるため、安全に軽自動車を手放すためには買取業者に車を買取りしてもらうことをおすすめしました。

ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」を利用すれば、複数の買取業者があなたの車を買取りしようと連絡をしてきてくれます。

各買取業者が査定にきたときには立ち会いをしなければいけませんが、あなたの時間が許す限り、できるだけたくさんの買取業者に車を査定してもらうことをおすすめします。

一番高く買取金額をつけた買取業者に車を買取りしてもらうことで、業者オークションで自分の車を売るよりお得に車を売ることができるでしょう。

今回の記事を参考に、業者オークションの理解を深めていただきながら、一括査定サイトを利用してできるだけ高い値段で軽自動車を買取りしてもらってくださいね。

少しでも高く愛車を売りたいという方はこちらもご覧ください。

愛車を少しでも高く買い取ってもらえる業者を試しに見てみる(無料)

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

軽自動車の買取価格の相場っていくらくらい?

軽自動車の買い替えの時期やタイミングはいつがいいの?

軽自動車の廃車の費用は?買取でお金が貰えるって本当?

軽自動車を高く売却できる時期は?どのタイミングで売るの?

軽自動車の買い替える時の年数や走行距離ってどのくらいを目安にしたらいいの?