軽自動車の廃車の費用は?買取でお金が貰えるって本当?

「軽自動車を廃車しようと思うんだけど廃車するのにどれくらいの費用がかかるんだろ??」

「廃車にしようとする車があるけど買取って難しいのかな?」

軽自動車を廃車にする場合の費用はあまり知られていないようですが、基本的に軽自動車を廃車にする場合は費用がかかります。

しかしあなたはなぜ軽自動車を「廃車」にしようと思いましたか?

廃車費用を支払ってまで車を廃車にしなくても、あなたの車を買取りしてくれる買取業者がいる場合はあなたに買取金額が入ってくるのです。

今回は軽自動車の廃車の費用はいくらなのか、買取りでお金が貰えるって本当なのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


軽自動車の廃車費用はいくらなのか??

まずは軽自動車の廃車費用を解説したいと思います。

ディーラーの廃車費用

車のことはディーラーに頼られている方が多いと思いますが、ディーラーで軽自動車を廃車にするのが一番お金がかかります。

何といってもディーラーの営業目的は新車を販売することですから、軽自動車の廃車には力をいれていないのです。

ディーラーで軽自動車を廃車にしてもらうためには以下のような費用がかかります。

①レッカー費用 運搬距離によって異なる

軽自動車をディーラーに運んでもらうときのみに必要な費用です。

②解体費用 約0~30000円

軽自動車を解体する際にかかる工賃ですが、リサイクル券がある場合は基本的に0円になります。

③永久抹消登録手続き代行費用 約10000円

軽自動車を廃車にするときは陸運局で永久抹消登録をする必要があり、その手続きの代行費用が必要です。

ディーラーで軽自動車を廃車してもらうと、合計で約10000~40000円+レッカー費用が必要になります。

解体業者の廃車費用

解体業者は車を解体することを専門に営業している業者です。

解体業者で軽自動車を廃車にする場合は以下のような費用がかかります。

①レッカー費用 運搬距離によって異なる

軽自動車を解体業者に運んでもらうときのみに必要な費用ですが、最近解体業者はレッカー費用を無料にしているところが増えていますし、自分で解体工場に軽自動車を持ち込めば費用はかかりません。

②解体費用 約0~30000円

軽自動車を解体する際にかかる工賃ですが、リサイクル券があれば解体費用は0円になります。

③永久抹消登録手続き代行費用 約10000円

軽自動車を廃車にするときは陸運局で永久抹消登録をする必要があり、その手続きの代行費用が必要ですが、自分で手続きを行なう場合は代行費用は必要ありません。

解体業者で軽自動車を解体してもらう場合は、③の永久抹消登録を自分で行なうことで0円になりますので、合計0~40000円+レッカー費用が必要になります。

ディーラーの費用との違いは、最近では解体業者は廃車にする軽自動車を5000円程で買取りしてくれます。

その場合はあなたが解体費用を支払うのではなく5000円をもらえます。

自分で動けるところは動いた場合の廃車費用

軽自動車を廃車するときは、自分で動けるところは自分で動くことで廃車費用を安くおさえることができます。

①レッカー費用

自分で解体工場に車を持ち込むとレッカー費用はかかりませんが、解体工場から自宅までの交通費は準備しておかなければいけません。

②解体費用 0円

これは自分ではどうすることもできませんので、リサイクル券を出して解体費用を0円にしてもらうか、廃車する軽自動車を買取りしてもらってお金をもらうかになります。

③永久抹消登録手続き代行費用

永久抹消登録は陸運局で行なう手続きですが、この手続きは難しい手続きではありませんので、自分で手続きをすることで代行費用はかかりません。

自分で動けるところは動いた場合の廃車費用は陸運局への往復の交通費くらいです。

軽自動車の永久抹消登録は「解体返納」といいますが、その手続きを行なう際には以下の9点が必要になります。

<陸運局へ出向く前に準備するもの>

1. 車検証(原本)
2. 所有者の認印
3. ナンバープレート前後2枚
4. 使用済自動車引取証明書(解体業者から受け取ったもの)
5. マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カードまたは通知カードのコピー

<陸運局で入手するもの>

6. 自動車重量税還付申請書
7. 手数料納付書
8. 解体届出書
9. 軽自動車税申告書

6~9の書類は陸運局で入手して、陸運局で記入・完成させるものですが、陸運局には記入例がありますので、その通りに記入すれば大丈夫ですので、難しい書類ではありませんし、15分程度ですべての書類は完成させることができます。

軽自動車の買取りでお金がもらえるって本当なのか??

軽自動車を廃車にすると決めた場合、先ほどご紹介したディーラーや解体業者に任せきりにしたり、自分で廃車にする方法もありますが、ここではもっとお得に軽自動車を廃車にする方法をお伝えします。

車の一括査定サイトを利用する

軽自動車を廃車にすると決めたときに、もう一度あなたの軽自動車の状態を確認してください。

もしまだ走ることができる軽自動車なのであれば、軽自動車を解体してしまうよりそのまま中古車の状態で買取業者に買取りしてもらったほうがお得です。

買取業者はおもに中古車を買取りしてくれますので、お住まいの近くにある買取業者に車を査定してもらい買取金額を聞きましょう。

とはいってもどの自動車販売店が買取業者なのか、買取業者を1つずつ廻って買取金額を聞かないといけないのかとなると大変ですよね。

そこで利用をおすすめするのがネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

最近の街なかの買取業者は店舗でお客様を待っているだけでなく、一括査定サイト運営会社に自分の店舗を登録しておいて、もし一括査定サイトを利用したお客様がいた場合はそのお客様を紹介してもらっているのです。

一括査定サイトの利用の仕方は簡単で、一括査定サイトのホームページにある査定依頼フォームにあなたの個人情報と、あなたが所有している車の情報を入力するだけです。

入力された情報はあなたのお住まいの近くにある買取業者に転送されますので、転送を受けた買取業者はあなたに直接電話またはメールをしてきます。

双方で車の査定日時を決定し、実際に車を査定してもらうことであなたの車の買取金額を提示してもらえます。

一括査定サイトのメリットとしては、複数の買取業者に買取査定の依頼をすることができますので、たくさん買取業者に車を査定してもらい、一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうことで、あなたの手元に買取金額が現金で入ってくるのです。

廃車買取業者を利用する

ディーラーは軽自動車を買取りするときにイエローブックというマニュアル書を基に査定してきます。

イエローブック通りに軽自動車を査定していくと、初年度登録から10年以上経過した軽自動車、積算走行距離が10万キロを超えている軽自動車の買取金額は0円になります。

それに対して買取業者は、単に10年落ち・10万キロ以上走行しているからといって買取金額を0円にするのではなく、車のグレード、安全装備、快適装備、社外品のエアロ、ホイール、ナビなどを含めて軽自動車を査定してくれますので、マニュアル通りに0円ということにはなりません。

とはいうものの、やはり10年落ち・10万キロ以上走行した軽自動車の買取金額は低くなる傾向があります。

買取業者からすると10年落ち・10万キロ以上走行した軽自動車を買取りしたところで、それを他で高値では売れないからです。

もし自分の軽自動車が10年落ち・10万キロ以上走行しているからという理由で値段がつかなかった場合は、廃車買取業者に買取査定してもらうのも1つの方法です。

廃車買取業者は過走行車・過年式車や、事故車、不動車、故障車、水没車など、廃車にする車を買取りしてくれる業者です。

廃車にする軽自動車がいったいどれくらいの値段で買取りされているのでしょうか。

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円
②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円
③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円
④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円
⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

廃車にする軽自動車には値段がつかないと思っていた方がいらっしゃると思いますが、廃車買取業者はこれだけの買取金額をつけているという例があるのです。

ただ廃車買取業者を利用するのは最終手段と思ってください。

問題なく走ることができる車であれば、基本的には買取業者のほうが高値で買取りしてくれます。

先ほどの①~⑤の軽自動車は、同年式の実動車だと買取業者で以下の価格で買取りされています(2018年2月現在)。

①0~35万円
②0~43万円
③0~19万円
④2~70万円
⑤0~72万円

やはり廃車買取業者より買取業者のほうが実動車に関しては高く買取りしている傾向にありますね。

ですのでまずは先ほどご紹介したように、ネットを使った車の一括査定サイトを利用することをおすすめします。

さいごに

今回は軽自動車の廃車の費用はいくらなのか、買取りでお金が貰えるって本当なのかについてご紹介しました。

軽自動車をディーラーで廃車してもらう場合は合計で約10000~40000円+レッカー費用、解体業者で軽自動車を廃車してもらう場合は合計約0~40000円+レッカー費用でした。

もし自分で解体業者に車を持ち込み、陸運局での永久抹消登録手続きも自分で行なった場合は、陸運局までの往復の交通費くらいで軽自動車を廃車にすることができます。

解体業者が軽自動車を買取りしてくれた場合は、数千円ですが自分の手元にお金が残ります。

ただ廃車にする軽自動車であってもまだ乗り続けることができるのであれば、ネットを使った車の一括査定サイトを利用することをおすすめしました。

一括査定サイトを利用すると、1度自分の個人情報と車の情報を入力・送信するだけで、早ければ数分後にお住まいの近くにある買取業者から「お客様の軽自動車を査定させてください」と連絡してきます。

基本的には1社だけではなく、複数の買取業者から連絡がきますので、あなたが査定に立ち会うことができる限りたくさんの買取業者に軽自動車を査定してもらいましょう。

そして一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に軽自動車を買取りしてもらうことでお金が現金でもらえます。
買取業者は10年落ち・10万キロ以上走行している軽自動車については買取金額を高くつけてくれない場合があります。

そんなときは廃車する車を専門に買取りしている廃車買取業者に査定を依頼するのも1つの方法です。

ただ記事内でもお示ししましたように、問題なく走ることができる軽自動車であれば、廃車買取業者より買取業者のほうが高く買取りしてくれますので、まずは一括査定サイトを利用してみましょう。

今回の記事を参考に、廃車する軽自動車を買取りしてもらい、できるだけたくさんのお金をゲットしてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

廃車にしようとする愛車がいくらになるか試しに見てみる

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

軽自動車の買い替えの時期やタイミングはいつがいいの?

軽自動車のオークション代行の相場は?買取とどっちがおすすめなの?

軽自動車の買取価格の相場っていくらくらい?

軽自動車を高く売却できる時期は?どのタイミングで売るの?

軽自動車の買い替える時の年数や走行距離ってどのくらいを目安にしたらいいの?