軽自動車の税金が13年経過すると高くなるって本当?いくらになるの?

「愛車を長く乗ってきたのでそろそろ手放そうか迷っている…」

「愛車を手放す時のタイミングってある?」

「13年以上、車を乗ると税金が高くなるって本当?」

何て疑問はありませんか?

車の年式が古くなると同時に、交換しなければいけない部品やパーツが増えてきます。

車の耐用年数は10年程といわれますが、「10年」というのはエンジンやミッションが故障するのではなく、経年劣化による部品の交換箇所が増えるという意味なのです。

つまり積算走行距離が多くない場合でも、どれほど日常のメンテナンスをしていたとしても、車の経年劣化だけは誰にも止めることはできません。

古くなった部品は交換するしかないのです。

年式が古くなるとかさんでくる費用は経年劣化した部品の交換だけではありません。

車検証には「初年度登録」という項目があり、その車がいつ新車で新規登録されたのかが記載されています。

初年度登録から13年以上経過している車は、さらに税金が高くなることをご存じですか?

今回は軽自動車の税金が13年経過すると高くなるって本当なのか、いったいいくらになるのかをご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


初年度登録から13年経過した車の税金はどれほど高くなるのか??

初年度登録から13年経過した車は、課せられる税金が高くなります。

ここではなぜ初年度登録から13年経過した車の税金が高くなるのか、具体的にどのような種類の税金が高くなるのかをみていきましょう。

なぜ初年度登録から13年経過した車の税金が高くなるのか??

軽自動車に課せられる税金には、自動車取得税、軽自動車税、自動車重量税、ガソリン税・軽油税などがあります。

このうち初年度登録から13年経過した車の税金が高くなるのは軽自動車税と自動車重量税です。

政府は2014(平成26年)に税制改正を実施し、法人税や所得税などの改正が行なわれるだけでなく、自動車重量税の見直しが行なわれました。

合わせて自動車税のグリーン化特例によって、低年式の自動車に対する自動車税および軽自動車税の重課に関する規定が加わりました。

自動車税のグリーン化特例とは、古くて環境負荷の大きい車の税金を高くして、新しくて環境負荷の小さな車の税金を低くするという制度です。

現代はエコの時代ですので、環境負荷の大きな車に乗るのではなく、環境負荷の小さい新車の税金を安くして、新車への乗りかえをすすめているのです。

年式の古い車は新しい車と比較すると環境性能は良くありませんので、年式の古い車に乗り続けることでの環境破壊を食い止めようという政府の試みです。

ただ別の見方をすると、年式の古い車の税金を高くすることで、消費者に新しい車を購入させているという見方ができます。

自動車産業は日本の基盤産業であるため、自動車の生産・販売を促進する意味も含まれているでしょう。

そもそも初年度登録から「13年」という年数は何を基準に決められたのでしょうか?

日本の車はきちんとメンテナンスしていれば、初年度登録から20年経過したとしても乗り続けることができますよね。

ただ中にはメンテンナンスがなされていない車については、当然のことながら乗り続けられる年数が短くなります。

つまりきちんとメンテナンスされている車と、そうでない車の耐用年数を平均すると12~13年程ですので、このタイミングに課税負担を大きくして、新しい車に乗りかえさせようとすることも視野に含まれています。

参照:軽自動車の税金が上がるのはいつから?買い替えはどのタイミングでしたらいいの?

初年度登録から13年経過した車の税金はいくらなのか??

軽自動車税

初年度登録
13年未満の軽自動車
13年経過した軽自動車
2015(平成27)年3月31日以前
7200円
12900円
2015(平成27)年4月1日以降
10800円
12900円

2015(平成27)年3月31日以前の初年度登録の軽自動車税は、初年度登録からから13年が経過するまでは7200円、13年が経過すると12900円となり、約1.8倍も負担が重くなっています。

2015(平成27)年4月1日以降の初年度登録の軽自動車税は、初年度登録から13年が経過するまでは10800円、13年が経過すると12900円となり、約1.2倍の負担が重くなっていることがわかります。

自動車重量税

2年目自家用
エコカー
エコカー以外
13年未満
13年経過
18年経過
H28.3.31まで
H28.4.1以降
5000円
6600円
7800円
8200円
8800円

自動車重量税は、もともとがそれほど高くない金額になっていますので、金額だけをみているとそれほど大きく増税されていないように思えますが、割合に換算すると13年経過の車で約1.2倍、18年経過の車で約1.3倍も増税されています。

初年度登録から13年経過した車は乗り続けるべきか?手放すべきか??

やってはいけない手放し方とは??

先ほどは初年度登録から13年経過した車はどれほど増税されているかについてご紹介しました。

初年度登録から13年経過した車をおもちの方は「毎年増税された税金を支払うよりかは新しい車を購入したほうがいいのではないか」と考えてしまいますよね。

国産の車は初年度登録から20年経過した車であっても、きちんとメンテナンスしていれば乗り続けることは十分に可能だとお伝えしました。

しかしメンテナンスをしていたとしても部品の経年劣化を食い止めることはできませんので、結局は修理や部品交換に出費がかさんでしまいます。

また一般に車の価値は初年度登録から10年経過すると極端に下がってしまうため、初年度登録から13年も経過すると、さらに車の価値は下がります。

そう考えると増税される前に車を手放したほうが賢明であるといえるでしょう。

とはいっても車の手放し方にはさまざまな方法があります。

おすすめしない手放し方は2つあります。

1つめは、ディーラーに買取りしてもらうことです。

ディーラーは初年度登録から10年経過した車であっても買取金額が0円と言ってきますので、初年度登録から13年経過した車はなおさら0円で引取ってもらうことになるでしょう。

それどころか、陸運局で行なう廃車手続きや、車を解体するとなった場合は解体費用を請求されますので、結果的にあなたの出費が多くなるのです。

2つめは、解体業者に引取りしてもらうことです。

解体業者は車を解体することが前提になります。

昔は車を解体してもらう場合は10000円以上の解体費用が必要でしたが、最近ではお客様が解体費用を支払うのではなく、解体業者がお客様の車を買取りしてくれるので、現金が手元に入ってくるのです。

とは言っても軽自動車の買取金額の相場は5000円前後ですし、車を解体してもらったあとに陸運局で行なう廃車手続きは自分でやらなければいけません。

廃車手続きを解体業者にお願いすると、結局あなたが支払う金額のほうが多くなってしまいます。

上手な車の手放し方とは??

先ほどは、車を手放す場合はディーラーや解体業者に依頼しては、場合によってはあなたがたくさんのお金を出さなければいけないとお伝えしました。

そこで上手な車の手放し方をご紹介します。

ネットで「車の一括査定サイト(無料)」があるのをご存じですか?

車の一括査定サイトは、個人情報とおもちの車の情報を入力すると、お住まいの近くにある買取業者を紹介してくれます。

基本的には複数の買取業者を紹介してもらえますので、それぞれの買取業者が提示した買取金額を比較して、一番高く買取金額をつけてくれた買取業者に売ることで、お得に車を手放すことできます。

またそれぞれの買取業者の買取金額が思った以上に低い場合は、カーネクストタウなどの廃車買取業者に査定を出したほうが、買取金額が高くなる場合がありますので、合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

基本的に買取業者や廃車買取業者はの査定は無料で受けることができますし、業者によってはレッカー費用や陸運局での廃車手続きを無料で行なってくれるところがありますので、自分が納得のいく金額で車を買取してくれる業者を探しましょう。

さいごに

今回は軽自動車の税金が13年経過すると高くなるって本当なのか、いったいいくらになるのかをご紹介しました。

初年度登録より13年経過した軽自動車は、軽自動車税や自動車重量税の税額があがります。

また車はどうしても経年劣化を防ぐことはできませんので、13年落ちの車のなると交換しなければいけない部品がたくさん出てきます。

税金も高くなり、交換する部品代金や作業工賃を合わせると、年式の古い車をもち続けることは費用がかさんできます。

そう考えると、早い段階で車を買取りしてもらうことも視野に入れたほうがいいですね。

ネットを使って車の一括査定サイトを利用すると、自分が好きなときに査定を依頼することができます。

車の一括査定サイトにはたくさんの買取業者が登録しており、あなたのお住まいの近くにある買取業者を紹介してくれます。

複数の買取業者を紹介してくれますので、一番高く買取してくれる業者を選ぶとお得に車を手放すことができます。

しかも買取業者によっては無料で車を引取りにきてくれますし、陸運局での手続きを無料で行なってくれる業者もいます。

もし買取業者が高く買取りしてくれなかった場合は、廃車買取業者に査定の依頼をしてもいいでしょう。

車の買取りでディーラーや解体業者に依頼すると、お得に車を売ることができないことも確認しておいてくださいね。

軽自動車が13年経過する前に、車を手放すことを視野に入れて今回の記事を参考にしてみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

長年乗った愛車をいくらくらいで買い取ってもらえるか試しに見てみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

参照:軽自動車のエコカー減税とは?対象車は?いつまで続くの?

参照:軽自動車を買い替えた時に戻る税金は何かある?

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

軽自動車の税金が上がるのはいつから?買い替えはどのタイミングでしたらいいの?

軽自動車を買い替えた時に戻る税金は何かある?

軽自動車のエコカー減税とは?対象車は?いつまで続くの?

軽自動車と普通車の維持費を徹底比較。年間別、月々別に解説します