車の買取の手順や流れはどうしたらいいの?手続きは何が必要なの?

 

「車を買取りしてほしいんだけど、初めてのことでまったく何も分からなくて…、どうしたらいい?」

車の買取りは人生の中で何度も経験することではありませんので、初めて車を買取りに出す方もいれば、買取りに出した経験がある方でも必要な書類は何だったか忘れてしまいますね。

車の買取りをしてもらうときに必要な書類がそろっていなければ、陸運局での手続きに時間がかかってしまうなどの弊害が出てきます。

車の買取りをスムーズに進めるためにも、まずは車買取の流れを理解することと、必要な書類を把握しておくことが大切です。

今回は車の買取りの手順や流れはどうしたらいいのか、手続きに必要なものは何なのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車の買取りをしているところはどこ??

車を買取りしてもらう方法は2つありますので、まずはそのご紹介からしていきます。

ディーラーに車を買取りしてもらう

ディーラーで新車を購入された方は、これまでに乗ってきた車をディーラーに下取りしてもらったことがあるでしょう。

ちなみに「下取り」と「買取り」の違いを説明しておきます。
下取りは、例えば300万円の新車を購入する際に、これまで乗ってきた車を100万円で下取りしてもらったときは、新車の購入資金が300万円-100万円=200万円になります。

このように車を購入する自動車販売店に車を引取ってもらい、次の車の購入資金から買取金額を引き算してもらう方法を「下取り」といいます。

それに対して車を単に自動車販売店に買取りしてもらうことを「買取り」といいます。

新車を販売しているディーラーでは、次に新車を購入する方が今まで乗ってきた車を下取りに出すというケースが多いですので、もし新車の購入を検討されている方はディーラーの下取りは1つの候補にあげるといいでしょう。

新車を購入しない場合であってもディーラーでは車の買取りもしてくれますので、ディーラーの営業マンに相談してみてくださいね。

買取業者に車を買取りしてもらう

国内には80,000軒を超える自動車販売店があるのですが、車を販売しているところでは基本的に車の買取りも行なっています。

なぜなら販売するための車がなければ商売ができませんので、自動車販売店は業者オークションから車を仕入れるだけでなく、お客様から直接車を買取りすることもあります。

もし近くに自動車を取り扱っている業者がある場合は、その業者に車を買取りしてもらうこともできます。

ただ多くの方は近くの買取業者に買取りを依頼するのではなく、大手買取業者を利用する傾向があります。

例えば2018年8月現在では、ガリバーやビッグモーターといった大手買取業者が力を入れてテレビCMしていますよね。

なぜなら大手買取業者は8月に車を強化買取して、9月にある上半期決算期にたくさんの車の販売するためです。

大手買取業者は車を高価買取している傾向にあるほか、大手ならではの社員教育が行き届いているため親切・丁寧なサービスを受けることができることから利用者が多くなっています。

ただ利用者が多いのは大手買取業者だけでなく、地域密着型の買取業者も人気が高いです。

例えば買取業者のJACは、西日本を中心に活動を展開しており、幹線道路沿いに大きな中古車展示場をもっています。

このように特定の地域を中心に運営している買取業者でも車を高価買取していますよ。

車を買取りしてもらうときの流れとは?必要書類は??

先ほどは車を買取りしてもらえるところについてご紹介しましたが、実際に車を買取りしてもらうときの流れや必要書類についてみていきましょう。

車を買取りしてもらうときの流れとは??

車を買取りしてもらうときの流れは以下のようになっています。

1ディーラーまたは買取業者に買取りの依頼をする
●買取りの際は車を査定してもらう必要があるため、希望する査定日時を決めてから連絡する
2ディーラーまたは買取業者に出向き、車を査定してもらう
●車の査定時間は 1 時間程だが、店舗によって査定時間は異なる
3査定金額を聞いて買取りしてもらうかを決める
●その場で即決しなくても数日間買取金額を有効にしてくれるところもある
4買取りを決めたら車を引渡し、後日必要書類を郵送する
●店舗によっては必要書類を持参する必要がある
5車の買取金額を振り込んでもらえれば取引完了となる
●店舗によっては「名義変更完了通知書」を送付し手続きの完了状況を報告してくれる

1.は、電話だけでなくネットでも査定依頼を受け付けしていますので、いずれかの方法で査定の申し込みを行なってください。

2.は、車を店舗に持ち込んで査定をしてもらうこともできますし、買取業者によっては出張査定してくれますよ。

3.は、買取金額を提示してもらってから、その買取金額が何日間有効なのかは買取業者によって異なりますので、買取金額を提示してもらったあとに有効期限を確認しておきましょう。

4は、車を引取りしてもらったあとは買取業者が陸運局で名義変更手続きを行ないますので、そのときに必要な書類をそろえる必要があります。

5.は、基本的に買取業者は陸運局での手続きが完了してからお客様に買取金額を振り込みますので、買取金額の振込=取引完了となるのですが、買取業者の中には丁寧に「名義変更が完了しましたのでお知らせします」と通知してくるところもあります。

車を買取りをしてもらうときの基本的な流れはここで確認しておいてくださいね。

車を買取りしてもらうときに必要な書類とは??

あなた名義の車を買取りしてもらった場合、自動車販売店は陸運局へ出向いて車の名義変更を行ないます。

自動車販売店は、名義変更手続きを行なう際に必要な以下の書類をお客様から預かり、その書類を使って名義変更手続きを行ないます。

必要書類軽自動車普通車
①車検証
②自賠責保険証明書
③リサイクル券
④軽自動車納税証明書
⑤自動車納税証明書
⑥認印
⑦実印
⑧印鑑証明書
⑨自動車検査証記入申請書
⑩委任状
⑪譲渡証明書
⑫住民票

※「○」=必須書類 「△」=場合によっては不必要なときもある書類

①は、原本が必要で、車内に載せておかなければならない書類ですので、基本的にグローブボックス内に入っているはずです。

②は、①と同様に、車内に置いておかなければならない書類ですので、車検証とワンセットで保管されているはずです。

③は、車を廃車するときに必要になる書類ですが、リサイクル券に記載されているリサイクル税は自動車販売店からあなたに支払ってもらう必要があります。

これも①の車検証と、②の自賠責保険証書とワンセットにしている方が多いです。

④~⑤は、自動車税を支払ったときに支払先のハンコが押された領収書のようなものですが、車検時に必要な書類で、これも基本的にはグローブボックス内に保管されているでしょう。

⑥~⑦は、普通車は国に車両を届け出ている「登録車」で、軽自動車は地方自治体に車両を届け出ている「届出車」ですので、同じハンコでも使用するものが異なってきます。

言いかえると、普通車の買取りの場合は認印では手続きが進みませんので気をつけてください。

⑧は、⑦の実印の印鑑証明書で、発行日より3ヶ月以内のものを準備しましょう。

⑨~⑪は、車を買取りしてくれる自動車販売店が準備してくれますので、あなたは自動車販売店でそれらの書類に記入・押印します。

これらの書類に押印するときに⑥・⑦のハンコが必要になりますので、間違わないように準備してくださいね。

⑫は、現住所と車検証の住所が異なる場合に必要です。

1度引越しをしたときに住民票や印鑑証明書の住所は変更したけれど、車検証に記載されている住所を変更している方はあまり多くありません。

1度だけの引越しであれば前住所を住民票からたどることができるのですが、2度以上引越しをしたのにも関わらず車検証の住所を変更していなかった場合は、住民票では住所をたどることができませんので、別途戸籍謄本を準備する必要があります。

車を買取りしてもらうときに高価買取してもらう方法とは??

これまではディーラーや買取業者に車を買取りしてもらう方法についてご紹介しました。

せっかく車を買取りに出すのであれば、少しでも高く売れてほしいというのがあなたの本心でしょう。

ディーラーや買取業者に買取りを依頼するのはいいのですが、査定を依頼したところが高く買取りしてくれているのかどうかは疑問です。

前もって自分の車の買取相場を調べたいところですが、ネットで調べるのにも限界があります。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトとは、何百社もの買取業者が登録されているサイトで、車を買取りしてほしい方が利用することで、一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を売却することができます。

一括査定サイトの利用の仕方は以下の通りです。

1ネットで利用したい一括査定サイトを検索する
2一括査定サイトにアクセスして以下の必要事項を入力する
<車両情報>●メーカー名 ●車種名 ●年式 ●積算走行距離
<個人情報>●お名前 ●電話番号 ●郵便番号 ●住所 ●メールアドレス
3早ければ数分後に複数の買取業者から連絡が来るので希望査定日時を業者に伝える
4実際に車を査定してもらい買取金額を聞いて車を売却するかを決める
5売却を決めたら買取りしてもらうのに必要な書類を買取業者に渡す
6買取業者が名義変更を完了すれば買取金額を振り込みますので振込が確認できれば取引完了

買取業者を1社ずつ当たるより、一括査定サイトを利用することで複数の買取業者を紹介してもらうことができますので、あなたの車を高く買取りしてくれる買取業者をすぐにみつけることができます。

ぜひ一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の買取りの手順や流れはどうしたらいいのか、手続きに必要なものは何なのかについてご紹介しました。

車を買取りしてもらう方法は、ディーラーか買取業者に買取りを依頼するのが基本でしたね。

ただディーラーや買取業者から聞いた査定金額が、高いのか安いのかを判断するのは非常に難しいです。

ネットで買取相場を調べるにしても明確な買取金額は出てきません。

そのときに利用をおすすめしたのが、ネットを使った一括査定サイトでした。

一括査定サイトを利用すると1度に複数の買取業者に査定を依頼することができますし、査定を依頼した買取業者が提示した買取金額を比較することで、一番高い買取金額をつけた業者に車を売ることでお得に車を手放すことができますよ。

車を買取りに出す際に必要な書類についてもまとめておきましたので、買取業者に陸運局での名義変更手続きをスムーズに進めてもらうためにも、不備がないように心がけてください。

今回の記事を参考に、車を買取りの流れを理解していただき、高く車を買取りしてもらってくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車検が切れそうな中古車を売りたいんだけど車検を通した方が買取額は高くなるの?

走行距離10万キロオーバーの中古車でも下取りは可能?買取とどちらがいい?

修復歴ありの中古車の買い取りだとどのくらい安くなる?影響は大きいの?

中古車を売る時に修復歴を嘘つくとどうなる?告知義務はあるの?

NO IMAGE

車の買取は持ち込み査定と出張査定でどちらがおすすめ?メリットデメリットは?

NO IMAGE

中古車を売るときにカーナビは買取査定に影響する?載せ替えても問題ないの?