車の買取や査定をしてもらうと手数料を取られたりするの?

 

「今乗っている車を買取りに出そうと思うんだけど、買取りや査定をしてもらうときに手数料は必要な
のかな??」

これまで乗ってきた車を買取りしてもらうために、まずは査定を受ける必要がありますが、査定を受けるときや車を買取りしてもらうときは、買取業者に動いてもらわなければいけません。

人が動いているということは、少なからず費用がかかると連想する方が多いでしょう。

車を査定してもらうときや買取りしてもらうときは、手数料は必要なのでしょうか??

今回は車の買取りや査定をしてもらうと手数料がとられるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車の買取りや査定のときに手数料はとられるのか??

車を査定・買取りしてもらうときには手数料がかかるケースとそうでないケースがありますので、まずは双方についてみていきましょう。

車の「下取り」では査定料が発生するときがある

次に購入する車がある場合、同じ自動車販売店に車を買取りしてもらったことはありますか??

この車の買取り方を「下取り」といいます。

例えば次に購入する車が100万円で、これまで乗ってきた車を30万円で下取りしてもらった場合、次の車は100万円-30万円=70万円で購入するという計算をするのです。

車を下取りしてもらう際には査定してもらう必要があるのですが、下取り査定をしてもらうときに査定料が必要になるかは知っておきたいところですよね。

自動車販売店では下取りする車を査定した場合、下取り査定料を請求してくるのですが、「下取り査定料」として請求するよりかは、車の下取り金額に下取り査定料を含む形をとるところが多い傾向にあります。

例えば自動車販売店で100万円の車を購入するときに前の車は30万円の下取り金額がつきました。

車の下取りをするときに下取り査定料が発生しますので、30万円で下取りされるはずの車の下取り金額から、下取り手数料である3万円を差し引いて計算するわけです。

つまり100万円-30万円=70万円で次の車を購入できるはずが、下取り手数料3万円が加算されますので、73万円で次の車を購入する計算になってしまうのです。

最初からお客様に「車を下取りに出される場合は下取り手数料がかかりますよ」と伝えると、来るはずのお客様が他に逃げてしまいますからね。

ちなみに下取り査定料の相場は10,000~30,000円です。

もし車を下取り査定はしてもらったけれど、結局下取りに出さない場合は、下取り手数料がとられないところがほとんどです。

実際に車を下取りに出して次の車を購入する場合は、必ず見積書を作成してもらって、紙面上で金額の確認を行なってください。

詳しくはこちらもどうぞ。

「車の下取りに出す予定だけど査定料ってかかるの?」 「車の下取り時に下取り査定料が取られるみたいだけどいくらくらいかかるんだろう?...

下取り査定料を取られないためには??

先ほどは下取り手数料のお話しをしましたが、実際に下取り手数料を支払った方は少ないでしょう。

私も車を下取りに出したことがありますが、下取り手数料をとられたことはありません。

つまり下取り査定料を請求してくる自動車販売店は数少ないのです。

もし下取り手数料を請求してきたとしても「次の車もここで買うんだから下取り手数料はまけてよ」「下取り手数料さえなければここで車を買うんだけどな」というだけで、下取り査定料をなくしてくれるところはたくさんあります。

わずか数万円の下取り手数料さえ我慢すれば、何十万円の利益が得られる車を購入してもらえるわけですので、下取り手数料なんて捨ててしまえ!と考えるべきですからね。

このように車の下取りを行なっている自動車販売店は、車の下取りと次の車の購入資金を合算しているところが多いですので、見積書をとる場合は「車の下取りの見積書」「次の車の購入するときの見積書」というふうに、別々に見積書を出してもらうと費用が明確になりますよ。

車の「買取り」では査定料が発生しない

車の「買取り」は、次に購入する車の有無に関わらず、単に車を売却することをいいます。

例えばこれまで乗ってきた車に100万円の買取金額がついた場合、基本的にはこの100万円が現金であなたに入ってくるのです。

ただ丸々100万円が入ってくると考えるのではなく、車を売るときには以下のような諸経費がかかることを知っておきましょう。

①査定料・車を査定してもらうときに発生する人件費
・出張査定を依頼した場合はそのときにかかる移動費も含まれる
②名義変更代行手数料・自動車販売店が車の名義変更を行なう際にかかる費用
・人件費、書類作成費などが含まれる
③車のレッカー費用・車をレッカー移動させるときにかかる人件費
・積載車などのガソリン代も含まれる
④印紙代・陸運局で名義変更や廃車手続き時に必要な印紙代

①は、車を査定してもらうときに発生する費用で、先ほどの「下取り費用」と同じものです。

ただ買取りの場合はほとんどの買取業者は無料で査定してくれますし、出張査定のようにお客様が指定する場所まで来てもらう場合でも無料で出張査定してくれます。

②は、買取りされた車はあなたの名義から自動車販売店の名義へ変更されます。

名義変更がきちんと行なわれないと、年度ごとに発生する自動車税や、車が万が一事故を起こしたときはあなたに連絡がきてしまいます。
名義変更手続きをする際は、陸運局または軽自動車検査協会が指定する用紙を使って書類を作成する必要がありますので、書類作成を代行してもらうための費用となります。

また買取業者の営業マンは手続きをする際は陸運局まで出向かないといけませんので、そのときの出張費用にも充当されます。

③は、車を買取業者に持ち込んで査定し、その場で買取りしてもらう場合は必要のない費用です。

出張査定などで車をその場で引取ってもらう場合や、故障や車検切れなどで自走できない車を買取りしてもらった場合は、レッカー車での移動が必要になりますので、そのときの人件費やレッカー車のガソリン代にあたる費用となります。

④は、陸運局で名義変更手続きをする場合に、陸運局現地で印紙(証紙)を購入して、作成した書類に添付しなければなりません。

そのときの印紙代は②に含まれると勘違いされている方が多いですが、印紙代は別に支払う必要があることを知っておいてください。

これら①~④の費用を合計すると、10,000~20,000円程の諸経費が必要になることが分かります。

ただこれらの諸費用は、あなたが車の売却をしたときに買取金額から差し引かれますので、別途あなたがお金を用意する必要はありません

最近では買取業者同士の競争が激しく、車を高く買取りしてくれる業者にお客様が集中しています。

また高く買取りしてもらうのが当たり前の時代になっている今、①~③の費用を無料で行なっている買取業者もあります

大手買取業者のような資金がストックされている買取業者ほどその傾向が強いです。

どこの買取業者を利用するのかは十分に検討しなければいけませんね。

その他に必要な費用とは??

先ほどは4つの諸経費についてご紹介しましたが、それらの諸経費は買取金額から差し引かれるものですので、あなたが現金を支払う必要はありませんでした。

ただ車を買取りしてもらうためには書類が必要で、その書類を取得するときに費用がかかります。
例えば普通車を買取りしてもらう際には「印鑑証明書」が必要で、その発行手数料は300~500円程かかります。

もし車検証に記載されている住所と、現住所が異なる場合は前住所と現在の住所を一致させるために、印鑑証明書のほかに「住民票」が必要ですので、その発行手数料で300円程必要です。

前住所は住民票でたどることができますが、車検証の住所が2度以上前の住所になっているときは住民票ではなく「戸籍謄本」が必要になり、その発行手数料が700円程になります。

必要書類をそろえるだけでも細かいお金がかかるのです。

また買取りしてもらう車にローンが残っている方もいらっしゃるでしょう。

例えば、今乗っている車にはまだ100万円のローンが残っているけれど、車を査定に出したところ40万円の買取金額しかつかなかったということ経験をした方がおられると思います。

この場合は基本的に100万円-40万円=60万円の残債を、ローン会社に現金で一括払いして、残債を消さなければ車を売ることができません。

しかしこれ以上車を維持するのが大変な場合など、どうしても車を手放したい方もおられるはず。

そのときは「残債ローン」を取り扱っている買取業者に車を買取りしてもらうことで、先ほどの60万円に対して再ローンを組みなおすことができるのです。

ただ残債ローンを取り扱っている買取業者は限られていますし、残債ローンを組むときは金利などの手数料が発生します。

金利や手数料を含んだ金額でローンを組める場合もありますが、それはローンを取り扱っている会社によりますので、まずは残債ローンを取り扱っている買取業者に相談してみましょう。

このように諸経費以外にもお金がかかることを知っておいてくださいね。

車買取査定の手数料がとられない買取業者を見つける方法とは??

車を買取りに出すときは「できるだけ高く買取りしてほしい」のはみなさんが思っていること。

今回の記事で査定料や諸経費の話しをしましたが、できることなら査定料や諸経費がかからない買取業者に車を売りたいですよね。

ただ国内は何万もの買取業者がありますので、査定料や諸経費がかからない買取業者をみつけるだけでも一苦労です。

その苦労を払拭するためには、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」の利用をおすすめします。

一括査定サイトを利用すれば、あなたの車を高価買取してくれる買取業者を紹介してもらうことができます。

一括査定サイトに必要事項を入力し送信すると、早ければ数分後に買取業者から直接査定の連絡を受けることができるのです。

買取業者がメールで連絡してきた場合は、お客様に対しての文章だけでなく、「出張査定無料!」「名義変更代行手数料無料!」といった宣伝もしてきますので、まずはそこをみるようにしてください。

そのような宣伝がなかったり、電話で買取業者が連絡してきた場合は、直接営業マンに諸経費については聞くといいでしょう。

一括査定サイトに登録されている買取業者は、他の買取業者と競い合っていることはもちろんですので、高い買取金額を提示してくれるだけでなく、諸経費を無料にしているところも多くありますよ。

ぜひ一括査定サイトを利用して、あなたが望む買取業者と出会ってくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

手数料がかからない買取業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の買取りや査定をしてもらうと手数料がとられるのかについてご紹介しました。
自動車販売店によっては車を買取りする際の査定時に、査定料を請求してくるところがあります。

しかし実際は車を買取りに出した際に査定料を払った方は少なく、もし請求されたとしても支払わなくてもいい場合があることをお伝えしましたね。

ただ車の下取り金額や買取金額から査定料が差し引かれている場合がありますので、車を売却する前にきちんと見積書を出してもらいましょう。

査定料がかからないとしても、名義変更代行手数料やレッカー費用など、その他にも諸経費が発生することをお話ししましたが、最近では買取業者の競争が激しいため、それらの諸経費を無料にしているところもあります。

お得に車を売却するためには一括査定サイトを利用しましょう。

今回の記事を参考に、査定時の手数料について知っていただき、お得に車を売却してくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車を売りたい!売る際の相場ってあるの?

NO IMAGE

全塗装した車の買取や下取りって査定に影響するの?〇〇円の減額になります

NO IMAGE

中古車を売るならどこがいいの?〇〇の買取がおすすめです

NO IMAGE

改造車とノーマル車ってどちらが買取価格が高いの?純正、社外パーツ別解説

NO IMAGE

免許なしで運転できなくても車の買取はしてもらえるの?手続きはどうしたらいい?

NO IMAGE

車を即日現金で売ることはできるの?方法は何があるの?