点検整備記録簿が無くても車の買取はしてもらえる?査定額が下がったりするの?

 

「車を売りたいんだけど点検整備記録簿がない…、売ることはできるの?」

「点検整備記録簿がないと買取額が安くなったりする?」

何て疑問はありませんか?

普段あまり点検整備記録簿の存在を意識されていない方が多いですが、この記録簿は車が点検を受けたときに発行される書類です。

点検といっても「法定点検」を受けたときに発行されるもので、これを見ると点検を受けたときのあなたの車の状態が分かります。

車を売却するときに点検整備記録簿がなくても売ることができるのかを心配されている方がおられますが、実際のところ車を売却することはできるのでしょうか??

また売却できるにしても、査定金額は下がるのでしょうか??

今回は車買取のときに点検整備記録簿は必要なのか、無いと査定金額が下がるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車買取のときに点検整備記録簿がなくても買取りしてもらえる

車を買取査定に出すときに、点検整備記録簿がなくても、買取業者は車を買取りしてくれます。

では今回のお話しのテーマである「点検整備記録簿」がどのようなものなのかみていきましょう。

点検整備記録簿とはどのような書類なのか??

点検整備記録簿は12ヶ月法定点検・24ヶ月法定点検を受けたときの点検記録を示したものです。

点検整備記録簿に記載されている項目は、国が定める保安基準に即したもので、車が安全に走行するためには点検が欠かせません。

点検整備記録簿があれば、車が過去にどのような点検を受け、どのような整備を受けているのかを確認することができます。

もしあなたが中古車を購入するときに、細かい機関まで見ることができないのであれば、点検整備記録簿の有無を確認して、もし記録簿があればすぐにどのように整備されてきたのかを確認することができるのです。

ただ、点検整備記録簿をお持ちの方とそうでない方がいらっしゃいます。

あなたの車には点検整備記録簿は積まれているでしょうか??

次に点検整備記録簿が積まれていない場合に、なぜ記録簿がないのかをたどっていきましょう。

車買取のときに点検整備記録簿が見当たらない3つの理由

国や陸運局から認定を受けた工場で点検していない場合

車を点検・整備してくれるところはたくさんありますが、普段あなたが車を点検してもらっている工場は、国や陸運局からの認定を受けている工場なのでしょうか??

国や陸運局から認定を受けている工場で点検を受けないと、点検整備記録簿は発行されません。

今度普段あなたが頼っている工場をよく観察してください。

もし「指定工場」「認定工場」の看板やプレートがかかっているのなら、その工場では点検整備記録簿を発行してくれます。
「指定工場」は、ディーラー工場と民間車検場のことをさします。

国から指定された工場で設備力やその信頼度が高い工場です。

指定工場はブレーキの点検・解体、エンジンの調整、足回りの点検・整備などの「分解整備」を行なっており、級の高い国家整備士も在籍しています。

このような指定工場で法定点検を受けると、点検整備記録簿が発行してもらえます。

「認定工場」は、国や陸運局から認定を受けた工場で、ここでも分解整備が可能です。

車を整備する環境も整っており、認定工場で法定点検を受けても、点検整備記録簿が発行してもらえます。

指定工場と認定工場で法定点検を受けると、点検整備記録簿が発行されることが分かりましたが、点検整備記録簿が発行されない工場が「一般の整備工場」です。

一般の整備工場は、国や陸運局からの認定を受けている工場ではないため点検整備記録簿が発行されません。

ただ非公式で点検整備記録簿を発行している工場もありますが…、その点検整備記録簿をみると、工場名や企業名の欄が空白になっていることがあります。

どこで点検・整備を受けたか分からない点検整備記録簿については、点検整備記録簿そのものの効力が弱いものですので、車買取のときに中古車査定士も信用してくれない可能性が出てきます。

ユーザーが点検整備記録簿を紛失した場合

ユーザーは車検証を含めた大切な書類は、車のグローブボックス内に保管することが多いですが、そこにも点検整備記録簿がないとなると、紛失した可能性が高いでしょう。

工場の整備士が車を点検・整備したときも、点検整備記録簿を発行しているのであれば、お客様に記録簿の内容を確認してもらったあと「では点検整備記録簿は整備手帳と一緒にグローブボックスにいれておきますね」といって保管してくれるはずです。

法定点検を受けていない場合

あなたはこれまでに車を法定点検に出したことはありますか??
指定工場や認定工場で車検を受けた場合は、24ヶ月法定点検を実施していますので、そのときの点検整備記録簿はあると思います。

忘れがちなのは12ヶ月法定点検で、この点検は車検を受けた1年後に実施される点検です。

基本的には車検を受けた指定工場や認定工場から「そろそろ12ヶ月法定点検の時期ですので車を工場にもってきてください」という案内がきます。

もしその案内がない場合、12ヶ月法定点検を受け忘れている方が多いのです。

次回の法定点検がいつなのかは、車のフロントガラス左上に貼られている丸いシールに、法定点検を受ける年月日が記載されているので、そのシールで確認してくださいね。

中には法定点検を受ける年月日を把握している方で「お金がかかる」「面倒くさい」との理由で、法定点検を受けない方もいらっしゃいますが、その場合ももちろん点検整備記録簿はもっていないはずです。

車のメンテナンスは安全に関わるものですので、決められた点検は必ず受けるようにしてほしいものです。

車買取りのときに点検整備記録簿がなくても車は売却できる

点検整備記録簿がなくても、買取業者は車を買取りしてくれますが、やはり点検整備記録簿の有無でメリット・デメリットがあります。

メリット

点検整備記録簿があると、車を売却するときに売りやすくなります。

なぜなら車を査定する中古車査定士も、自分の目で車を査定しますが、点検整備記録簿があると、ある程度車がどのような状態なのかを把握することができるからです。

また買取業者が買取りした車を転売するときも、点検整備記録簿があると転売しやすいので、やはりあなたが車を売却するときに点検整備記録簿があると喜ばれます。

ちなみに点検整備記録簿があると、車を査定してもらうときにプラス査定を受ける可能性があります。

「保証書」「点検整備記録簿」「取扱説明書」の3つがそろっていると最大で10,000円のプラス査定ですので、点検整備記録簿だけの場合は大きくプラス査定にならない可能性もありますが、点検整備記録簿をもっているに越したことはありません。

デメリット

点検整備記録簿がないと、中古車査定士は法定点検を受けていないことを疑いますし、法定点検を受けていたとしても点検整備記録簿がないと、きちんと整備されているのか不安に感じます。

その分、買取査定のときの目が厳しくなりますし、本当に不具合箇所が出てきた場合はマイナス査定になります。

点検整備記録簿がないと、以下のようにマイナス査定になる可能性が出てきます。

保証書・点検整備記録簿取扱説明書
5 年以下6 年以上全年
普通車40,000 円30,000 円50,000 円
普通車 ( 一部 ) ・軽自動車20,000 円10,000 円50,000 円

上記は3つのうち、すべてがない場合のマイナス査定金額の目安を示しています。

もし点検整備記録簿だけがない場合は、マイナス査定金額は大きくないかもしれませんが、マイナス査定になる可能性があることは知っておいてください。

またこれら3つの書類は車にとって重要書類ですので、不備だけでなく破損・汚損しているだけでもマイナス査定になります。

普段から車そのものだけでなく、書類に関してもきちんと保管しておく必要があるのです。

車買取で点検整備記録簿が求められる理由

点検整備記録簿がないとマイナス査定になる可能性が高いことをお示ししましたが、なぜここまで点検整備記録簿が求められるのでしょうか??

もちろん過去の車の整備状況を把握するためという理由もありますが、点検整備記録簿があると買取業者は車を転売しやすくなるのです。

あなたもグーネットやカーセンサーなどで中古車を検索してもらうとお分かりいただけると思いますが、最近のネットの中古車検索では「点検整備記録簿あり」という項目があり、点検整備記録簿がある車だけにしぼって検索することができます。

あなたが中古車を買う側であれば、安心・安全のことを考えると、点検整備記録簿がある中古車を選ぶでしょう。

つまり中古車を買い求めているお客様の多くが「点検整備記録簿あり」の車を購入しようとするため、買取業者も点検整備記録簿の有無を確認し、もし記録簿がなければマイナス査定にするのです。

車買取のときに点検整備記録簿がない車でも高価買取してもらう方法

先ほどは車を売却するときに、点検整備記録簿がないとマイナス査定になる可能性があることをお伝えしましたが、マイナス査定にならないために指定工場・認定工場で点検・整備を受けるわけにはいきません。

例えば12ヶ月法定点検を受ける場合は、普通車で15,000円程、軽自動車で10,000円程の費用がかかります。

もし不具合箇所が発見されて、部品の修理・交換が必要になれば、その分出費は重なってしまいます。

そう考えると点検整備記録簿がないからといって点検・整備を受けると、マイナス査定金額より出費が多くなることがあるのです。

もし点検整備記録簿がなくても、そのままの状態で買取査定を受けたほうは賢明でしょう。

マイナス査定の影響を少しでも緩和するためには、あなたの車を少しでも高く買取りしてもらうしかありません。

そこで利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイト使うと、一度に複数の買取業者に査定を依頼することができますので、あなたが希望する買取業者に査定を依頼しましょう。

買取業者とあなたの予定が合えば、翌日にでも車を査定してもらうことができますよ。

1社だけの査定金額を鵜呑みにするのではなく、複数の買取業者に車を査定してもらって、一番高く買取りしてくれる業者に車を売却すると、点検整備記録簿がなくてマイナス査定を受けた分を取り戻すことができるでしょう。

中にはマイナス査定金額を緩和してくれる買取業者もいますので、そこは中古車査定士に相談してみてください。

例えばA社が買取業者がマイナス査定にしなければ、他の買取業者に「A社は点検整備記録簿がなくてもマイナス査定にしなかったんですけど…?」と伝えるとことで、マイナス査定を防ぐことができる可能性ありますよ。

このようにうまく一括査定サイトを利用して、お得に車を売却してくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

点検整備記録簿が無くても高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車買取のときに点検整備記録簿は必要なのか、無いと査定金額が下がるのかについてご紹介しました。

点検整備記録簿がなくても車を売却することはできますが、記録簿がないとマイナス査定になる可能性が高いことをお伝えしました。

できることなら、点検整備記録簿のほかに、取扱説明書と保証書を加えた3点セットがそろっていると最大10,000円のプラス査定を受けることができます。

ただ破損や汚損があるだけでプラス査定金額が減額されますので、これら3点の書類はきちんと保管しておきましょう。

なぜ点検整備記録簿があるとプラス査定になるのか、点検整備記録簿は国が指定した指定工場、または国が認定した認定工場が発行するものですので、いわば「この車はこれまできちんと点検・整備されていますよ」という証拠になるのです。

点検整備記録簿があると、買取業者は転売もしやすいので、プラス査定にしてくれます。
もし点検整備記録簿がないからといって、指定工場・認定工場に法定点検を受けにいくとマイナス査定を受けるより出費が多いですので、記録簿がないまま車を買取査定に出しましょう。

点検整備記録簿がなくても、一括査定サイトを利用すると、あなたの車を高く買取りしてくれる業者が査定にきてくれますので、ぜひ一括査定サイトを利用してみてくださいね。

今回の記事を参考に、点検整備記録簿の大切さを知っていただき、車を買取査定に出してみましょう。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車を売ると戻ってくる税金があるって本当?

NO IMAGE

全塗装した車の買取や下取りって査定に影響するの?〇〇円の減額になります

NO IMAGE

中古車を売るときにカーナビは買取査定に影響する?載せ替えても問題ないの?

NO IMAGE

中古車を売るならどこがいいの?〇〇の買取がおすすめです

NO IMAGE

車を売るなら車検前と車検後でどちらがいいの?〇〇がおすすめです

NO IMAGE

車の査定額が0円でも諦めないで!〇〇の方法で高く買い取ってもらえるかも