中古車を処分するにはどういう手続きするの?必要書類は?

「自動車を処分したいけどどういう手続きは必要になるんだろう?」

「自動車を処分するならどういう書類が必要になるの?」

何て疑問はありませんか?

車を処分する方法はいくつかありますが、処分の仕方によって手続き方法や必要書類が異なります。

スムーズに車を処分するためにも、きちんと必要書類はそろえておきたいものですね。

今回は車を処分するときはどういう手続きをするのか、どのような書類が必要なのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を処分するときの手続き方法の流れと必要書類とは??

車を処分する方法はおもに5つありますが、それぞれ処分の手続き方法と必要書類が異なりますので、テーマ別にまとめていきますね。

ディーラー・中古車販売店に下取りしてもらう場合

新車または中古車を購入する場合、ディーラー・中古車販売店にこれまで乗っていた車を下取りに出すことで処分することができます。

まずはディーラー・中古車販売店に車を下取りしてもらうときの流れを確認しましょう。

流れ
1ディーラー・中古車販売店に出向き、購入する新車または中古車を決める
2新車または中古車を購入する販売店で、今所有している車の下取り査定を依頼する
3下取り査定金額が決まれば次に購入する新車または中古車の値引き交渉に入る
4下取り査定金額をもとに次に購入する新車または中古車の車体・オプション割引を交渉する
5購入総額が決定したら購入する車の契約と、車を手放す下取りの手続きをする

車を下取りしてもらう場合は、販売店に車を持ち込んで査定してもらう必要があります。

下取りは次に購入する車の購入金額から、下取り金額分を引き算して、最終的な購入金額を決定します。

例えば次に購入する車の購入金額が200万円、今乗っている車の下取り金額が50万円だとすると、次の車の購入金額は150万円になるのです。

つまり表の5の流れにいくまでは、十分な価格交渉を行なう必要があります。

5の流れまでいくと販売店は下取りの手続きを進めてくれます。

車を下取りしてもらう際に必要な書類は以下の通りです。

普通車軽自動車
●印鑑証明書(発行日より1ヶ月以内のもの)2通
①自動車検査証(車検証)
②自動車納税証明書
●自賠責保険証明書
●印鑑証明書の印鑑
●リサイクル券
①自動車検査証(車検証)
②軽自動車納税証明書
●自賠責保険証明書
●認印
●リサイクル券

①の車検証は、現住所と車検証の住所が異なる場合は、印鑑証明書以外に前の住所が記載されている住民票が必要です。

また車検証の住所が2回以上前の住所になっている場合は、住民票ではなく戸籍附票が必要となります。

②の納税証明書は、当年度の自動車税または軽自動車税を納めていないと車を下取りに出すことはできません。

納税の払込用紙を紛失した場合は、都道府県の税事務所に連絡し、発行してもらってから納税をしてくださいね。

買取業者に車を買取りしてもらう場合

これまで乗っていた車を買取業者に買取りしてもらうことで車を処分することができます。

では買取業者に車を買取りしてもらうときの流れを確認しましょう。

流れ
1買取業者の店舗に出向き、今まで乗っていた車を持ち込む
2持ち込んだ車を査定してもらう
3査定をした結果、買取金額がいくらなのかを確認する
4買取金額に納得すれば売買契約を結ぶ

4の流れまでいくと販売店は買取りの手続きを進めてくれます。

車を買取りしてもらう際に必要な書類は以下の通りです。

普通車軽自動車
①自動車検査証(車検証)
●印鑑証明書(発行日より1ヶ月以内のもの)2通
②自賠責保険証明書
③自動車納税証明書
●印鑑証明書の印鑑
④振込口座情報
●リサイクル券
①自動車検査証(車検証)
②自賠責保険証明書
③軽自動車納税証明書
●認印
④振込口座情報
●リサイクル券

①・③の注意点に関しては、先ほどご紹介したものを参考にしてくださいね。

②の自賠責保険証明書は、車は公道を走る際には自賠責保険に加入しなければいけませんし、この書類は通常車に積まれているべき書類です。

買取業者は買取りした車を店舗で販売したり、業者オークションで販売しますが、その際に車検が残っている車の場合は、車検付として販売するため、②の書類が必要なのです。

④の振込口座情報は、買取金額は基本的にその場で支払われるのではなく、後日お客様の銀行口座に振り込まれます。

買取業者の中には、商談がまとまればその場で現金で買取金額を支払ってくれるところもありますが、そのような買取業者は数少ないですね。

最近ではネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」の利用者が増えています。
一括査定サイトの場合は、先ほどの車買取の流れを示した表の1・2が異なります。

一括査定サイトを利用して買取業者に査定を依頼した場合、多くの買取業者はあなたの車の保管場所まで無料出張査定してくれますし、買取金額もその場で出してくれるところがほとんどです。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車がいくらになるか試しに見てみる(無料)

ネットオークション・ネットショップに出品した場合

これまで乗っていた車をネットオークション・ネットショップに出品して、購入してもらうことで車を処分することができます。

ではネットオークション・ネットショップに出品したときの流れを確認しましょう。

流れ
1ネットオークション・ネットショップに出品する
2商品が落札・購入される
3落札金額・購入金額が購入者から振り込まれたか確認する
4直接購入者に車を引き渡すか、陸送を依頼して購入者へ車を届ける
5購入者に陸運局で車の名義変更手続きを行なってもらい、変更が完了すれば取引完了

下取りや買取りのときとは違い、必要書類を渡せばその後の手続きをやってくれるのではなく、ネットオークション・ネットショップはあくまでも個人売買になりますので、売買後の手続きも自分たちで行なわなければなりません。

車をネットオークション・ネットショップに出品したときに必要な書類は以下の通りです。

普通車軽自動車
●自動車検査証(車検証)
●印鑑証明書(発行日より1ヶ月以内のもの)
●自賠責保険証明書
●自動車納税証明書
①譲渡証明書
●リサイクル券
②手数料納付書
③自動車税・自動車取得税申告書
④申請書(第1号様式)
●自動車検査証(車検証)
●自賠責保険証明書
●軽自動車納税証明書
①譲渡証明書
●リサイクル券
⑤自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)
⑥軽自動車税申告書
⑦自動車取得税申告書

ネットに車を出品した場合は、①の譲渡証明書をネットからダウンロードして、車を売った側の住所・氏名を記入し、印鑑証明書の実印を押印する必要があります。
下取りや買取りの場合は実印をもっていくとお伝えしましたが、なぜ実印をもっていく必要があるのかというと、店舗で譲渡証明書に押印する必要があるからなのです。

個人売買のときは譲渡証明書を車を売る側が作成して、購入者へ渡さなければ名義変更手続きを進めることができません。

②~⑦の書類は陸運局・軽自動車検査協会で入手・記入するものです。

知人に車を譲る場合

知人に車を譲ることで、車を処分することができます。

では知人に車を譲ったときの流れを確認しましょう。

流れ
1車を売るのか、譲るのかを双方の話し合いで決める
2車を直接引き渡すのか、陸送するのかを決めて車を届ける
3双方どちらかが陸運局で車の名義変更手続きを行ない、変更が完了すれば取引完了

知人との車のやり取りも先ほどご紹介した個人売買と基本的な流れは同じです。

下取りや買取りのときとは違い、知人に車を譲る場合も名義変更手続きまで自分たちで行なう必要があります。

車を知人に譲るときに必要な書類は以下の通りです。

普通車軽自動車
●自動車検査証(車検証)
●印鑑証明書(発行日より1ヶ月以内のもの)
●自賠責保険証明書
●自動車納税証明書
●譲渡証明書
●リサイクル券
①手数料納付書
②自動車税・自動車取得税申告書
③申請書(第1号様式)
●自動車検査証(車検証)
●自賠責保険証明書
●軽自動車納税証明書
●譲渡証明書
●リサイクル券
④自動車検査証記入申請書(軽第1号様式)
⑤軽自動車税申告書
⑥自動車取得税申告書

ネットで車を売買するときと必要な書類は同じですね。
①~⑥の書類は陸運局・軽自動車検査協会で入手・記入するものです。

解体業者に車の解体を依頼する場合

車をどこにも売らず、解体業者に車を解体(スクラップ)してもらうことで、車を処分することができます。

車を解体業者に解体してもらうときの流れを確認しましょう。

流れ
1解体業者の工場に出向き、今まで乗っていた車を持ち込む
2リサイクル券を渡し、解体業者が準備する同意書等を記入する
3解体後 1 週間程すると、解体業者から「使用済自動車引取証明書」が郵送される
4陸運局へ出向いて廃車手続きを完了させる

解体業者に車を解体してもらって終わりではなく、車を廃車したことを陸運局に届出しなければいけません。

この廃車手続きは代行業者に依頼することはできますが、代行手数料が10,000円程かかりますので、通常は自分で行ないます。

車を解体業者に解体してもらうときに必要な書類は以下の通りです。

普通車軽自動車
①リサイクル券
●印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)
●自動車検査証(車検証)
●ナンバープレート前後2枚
②使用済自動車引取証明書
③手数料納付書
④永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
⑤自動車税・自動車取得税申告書
①リサイクル券
●自動車検査証(車検証)
●印鑑
●ナンバープレート前後2枚
②使用済自動車引取証明書
⑥解体届出書「軽第4号様式の3」
⑦軽自動車税申告書

①のリサイクル券は解体業者に車を引き渡すときに必要です。

解体業者が車を解体したあとに、②の使用済自動車引取証明書を送付してくれますので、この書類を陸運局へもっていく必要があります。

③~⑦の書類は陸運局・軽自動車検査協会で入手・記入するものです。

車の処分をお得に簡単に進める方法とは??

先ほどは車を処分する方法を5つご紹介しました。

車を下取り・買取りに出す場合は、車さえ業者に引き渡してしまえば、その後の名義変更手続きは業者が行なってくれましたので、あなたの負担は軽かったですね。

これが車をネットで販売、知人に譲る、解体業者に車を解体してもらうとなると、最終的な陸運局での手続きは自分でやるのが基本です。

「もっと簡単に車を処分する方法はないのか…」「できたらお得に楽に処分したいな…」という方におすすめなのが、廃車する車を専門に買取りをしている「廃車専門買取業者のカーネクスト」です。

カーネクストは事故車・不動車・過走行車・低年式車など、廃車にする車を高価買取してくれる業者です。

「廃車する車なんてそんな高く買取りしてくれないでしょ??」と思われる方は、以下のカーネクストの買取実績をご覧ください。

メーカートヨタ車種エスティマ
年式2000( 平成 12) 年式総排気量2,400cc
積算走行距離134,000km買取金額41,000 円
買取理由年式が古い車ですが、海外での需要が高い車種のため 41,000 円で買い取りました。

積算走行距離が10万キロを超える過走行車、初度登録から10年以上経過している低年式車の下取り金額・買取金額は0円になるのが一般的です。

しかしカーネクストは海外への輸出販路を確保しているため、そのような車でも高価買取をしてくれるのです。

もちろん車を買取りしてもらった際の、陸運局での書類手続きはカーネクストが無料で行なってくれます。
カーネクストを利用すればお得に簡単に車を処分することができますので、一度買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。

廃車専門の買取業者のカーネクストで愛車がいくらになるか見てみる(無料)

さいごに

今回は車を処分するときはどういう手続きをするのか、どのような書類が必要なのかについてご紹介しました。

車を処分する方法はおもに5つありましたが、それぞれどのような流れで手続きしていくのか、どのような書類が必要なのかをご理解いただけたことでしょう。

下取りや買取りのときは、陸運局での書類手続きは業者が行なってくれますが、個人売買や車を解体するときは自分で書類手続きをしなければいけないのが面倒でしたね。

車を処分するといっても同じ手放すなら少しでもお金を得たいですよね。

そんなときはカーネクストを利用して、車を高価買取してもらえるだけでなく、面倒な書類手続きも無料でカーネクストがやってくれますので、ぜひ利用してくださいね。

今回の記事を参考に、中古車の処分手続きについて知っていただき、お得に簡単に車を処分してくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「愛車を処分したいんだけどどういう方法があるんだろう?」 「乗らない車があるから早く処分したい…」 何て疑問はありませんか? ...
「車を処分したいんだけど費用ってどのくらいかかるんだろう?」 車を処分する場合は代行手数料や手続きなどで費用がかかる場合があります。 ...
「今乗っている車を処分したいけどどうしたらいいのかな?」 「ディーラーで車の処分ってしてくれるの?」 何て疑問はありませんか? ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車購入の手続き代行費用の相場はいくらくらい?安くするコツはある?

県外で購入する中古車のナンバープレートの取得手続きはどうしたらいいの?

中古車購入時に新車保証を継承する手続きはどうするの?費用はかかるの?

購入する中古車のナンバープレートを変更したい場合の手続きはどうしたらいい?

中古車を処分したいけどどういう方法があるの?

中古車の車庫証明の申請に必要な書類は何がある?どこで手続きするの?費用は?