車を買い替える場合、車庫証明の手続きや必要書類はどうしたらいいの?

 

「車を買い替えるけど車庫証明ってどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

車を買い替えるとき、新しい車を購入する際は、地域を管轄している警察署から車庫証明の交付を受ける必要があります。

車庫証明の交付を受けなければ、新しい車の登録手続きが進みません。

つまりナンバープレートの交付を受けることができないのです。

では車を買い替えるときに、どのように車庫証明の手続きを進めていけばいいのでしょうか??

今回は車を買い替える場合、車庫証明の手続きや必要書類はどうしたらいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車買い替えのときに車庫証明の手続き方法とは??

車を買い替えて新しい車を車庫に駐車させる場合、新たに車庫証明書(自動車保管場所証明書)の交付を受ける必要があります。

車庫証明書の交付は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」で、車を購入した場合は車庫を確保しなければいけないという義務があるのです。

車庫証明書は車両の保管場所はどこなのかを明確にするために設けられた制度なのです。

では車庫証明書の交付についてみていきましょう。

買い替える前の車の車庫証明書は警察署で抹消する

車を買い替えるということは、以前に所有していた車から新しい車に替わるということ。

ということは、前に乗っていた車も同じ駐車場で車庫証明の交付を受けているわけですから、まずは前の車の車庫証明書の抹消手続きを行なわなければいけません。

車庫証明書の抹消手続きは地域を管轄する警察署で行ないます。

車庫証明書の抹消を行なうためには、あなたが前に乗っていた車を手放したということを証明しなければなりません。

車を手放したことを証明できる書類として、個人や中古車販売店に車を売却した場合は、名義変更された後の「車検証のコピー」がその書類になります。

また車を個人や中古車販売店に譲渡したときに、相手方が一時抹消登録手続きを行なった場合は、陸運局で発行される「登録識別情報等通知書」のコピーが使いましょう。

もし相手に譲渡するわけではなく、一時抹消した車両をあなたが保管しておく場合は、登録識別情報等通知書の原本はあなたがもっているはずですので、原本をコピーしてください。

これまで乗っていた車を完全に廃車にする(解体・スクラップ)する場合は、陸運局で永久抹消登録手続きを行なうのですが、永久抹消登録手続きを行なった場合は、陸運局からとくに書類が出されるわけではありません。

永久抹消登録手続きをした場合は、陸運局で「登録事項等証明書」を別途申請しなければいけないので、その書類を申請・取得してコピーしたものを警察署に提出しましょう。

いずれかの書類をもって車庫証明の抹消手続きを行なうことで、次に購入した新しい車の車庫証明書の交付を受けることができます。

このような車庫証明の抹消手続きをしなくても、次の車の車庫証明書が交付される場合もあります。

なぜなら基本的に車庫証明書の有効期限は1年間ですので、前に乗っていた車を1年以上所有している場合は、車庫証明の抹消手続きをしなくても車庫証明書が交付される場合があるのです。

ただ正式には先ほどご紹介したような流れで車庫証明の抹消手続きを行なう必要があることを知っておいてくださいね。

車買い替えで新しく購入した普通車は車庫証明が必須、軽自動車も原則車庫証明が必要

先ほどご紹介した流れで、前の車の車庫証明が抹消できれば、次の車の車庫証明の申請を行ないます。

「私の地域は車庫証明がなくても車の登録できるんだけど…??」とお思いの方がいらっしゃいますが、普通車を購入した場合は必ず車庫証明の交付を受ける必要がありますし、軽自動車も下記の地域では車庫証明の交付を受けなければなりません。

都道府県
北海道札幌市・函館市・旭川市・小樽市・室蘭市・釧路市・帯広市・北見市・苫小牧市・江別市
青森県青森市・八戸市・弘前市
岩手県盛岡市
宮城県仙台市・石巻市
秋田県秋田市
山形県山形市・鶴岡市・酒田市
福島県郡山市・いわき市・福島市・会津若松市
東京都八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・町田市・小金井市・小平市
日野市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市
多摩市・稲城市・西東京市・青梅市・昭島市
神奈川県横浜市・川崎市・横須賀市・藤沢市・相模原市・平塚市・小田原市・茅ヶ崎市・厚木市
大和市・鎌倉市・秦野市・海老名市・座間市
埼玉県川越市・川口市・所沢市・春日部市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・鳩ヶ谷市・朝霞市
志木市・和光市・新座市・八潮市・富士見市・福岡市・三郷市・さいたま市・上尾市
熊谷市・岩槻市・狭山市・深谷市・入間市
千葉県千葉市・市川市・船橋市・松戸市・習志野市・柏市・ 流山市・八千代市・鎌ヶ谷市
浦安市・市原市・木更津市・野田市・佐倉市・我孫子市
茨城県水戸市・日立市・土浦市・つくば市・ひたちなか市
栃木県宇都宮市・足利市・小山市
群馬県前橋市・高崎市・桐生市・伊勢崎市・太田市
山梨県甲府市
新潟県新潟市・長岡市・上越市
長野県長野市・松本市・上田市・飯田市
富山県富山市・高岡市
石川県金沢市・小松市
福井県福井市
愛知県名古屋市・豊橋市・岡崎市・豊田市・一宮市・春日井市・瀬戸市・半田市・豊川市
刈谷市・安城市・小牧市
岐阜県岐阜市・大垣市・多治見市・各務原市
静岡県静岡市・浜松市・藤枝市・焼津市・沼津市・三島市・富士市・富士宮市
三重県津市・四日市市・伊勢市・松阪市・桑名市・鈴鹿市
大阪府大阪市・堺市・岸和田市・豊中市・池田市・吹田市・泉大津市・高槻市・守口市・枚方市
茨木市・八尾市・寝屋川市・松原市・大東市・箕面市・柏原市・羽曳野市・門真市・摂津市
高石市・藤井寺市・東大阪市・四條畷市・交野市・大阪狭山市
兵庫県神戸市・姫路市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・明石市・加古川市
京都府京都市・長岡京市・宇治市
滋賀県大津市・彦根市・草津市
奈良県奈良市・大和高田市・橿原市・生駒市
和歌山県和歌山市
鳥取県鳥取市・米子市
島根県松江市
岡山県岡山市・倉敷市
広島県広島市・福山市・呉市・東広島市
山口県下関市・山口市・宇部市・徳山市・防府市・岩国市
徳島県徳島市
香川県高松市
愛媛県松山市・今治市・新居浜市
高知県高知市
福岡県北九州市・福岡市・久留米市・大牟田市
佐賀県佐賀市
長崎県長崎市・佐世保市
熊本県熊本市・八代市
大分県大分市・別府市
宮崎県宮崎市・都城市・延岡市
鹿児島県鹿児島市
沖縄県那覇市・沖縄市

つまり基本的には、車を購入した場合は車庫証明の申請・交付を行なう必要があるのです。

車庫証明の申請手続きの流れ

では具体的に車庫証明を申請するときに流れについてみていきますので、順を追って申請手続きを進めてくださいね。

車庫証明を申請する駐車場を確保する

車庫証明の申請する前に、車庫証明申請をさせてくれる駐車場を探しましょう。

駐車場によっては車庫証明の申請は受け付けていない駐車場がありますし、受け付けていたとしても車庫証明の申請手数料として、基本的には月の駐車料金の1ヶ月分以上の請求があります。

駐車場を確保する場合は、自宅から直線距離で半径2km以内でなければいけませんので、地図などを使って距離を測ったうえで駐車場を契約しましょう。

自宅に駐車場がある場合は、そこで車庫証明の申請手続きが可能です。

車庫証明申請に必要な書類を入手する

車庫証明の申請書類は、警察署、警察署ホームページ、自動車販売店のいずれかでもらうことができますので、いずれかの方法で入手しましょう。

地域を管轄する警察署の受付時間は土日祝日、12月29日から1月3日を除く平日9~17時までですので、警察署へ申請書類を取りに行く方は、この時間内に出向きましょう。

警察署等で入手する車庫証明の申請書類は以下の通りです。

・自動車保管場所証明申請書(正副各1通)
・所在図及び配置図(1通)
・保管場所標章交付申請書(正副各1通)
・保管場所使用承諾証明書

入手できたら自宅に持ち帰って、書類を完成させましょう。

中には駐車場オーナーに記入してもらう書類が含まれますので、記入を依頼する必要があります。

車庫証明申請に必要な書類完成後は警察署へ出向く

警察署等で入手した車庫証明の申請書類が完成すれば、地域を管轄する警察署へ提出しに行きます。

警察署では必要書類を提出するとともに、自動車保管場所証明申請手数料を支払わなければいけません。

自動車保管場所証明申請手数料は、以下のように都道府県により異なります。

都道府県普通車軽自動車都道府県普通車軽自動車
北海道2,750 円550 円大阪府2,700 円500 円
青森県2,750 円550 円兵庫県2,700 円500 円
秋田県2,650 円500 円京都府2,500 円500 円
岩手県2,750 円550 円滋賀県2,730 円580 円
宮城県2,600 円500 円奈良県2,600 円500 円
山形県2,700 円500 円和歌山県2,600 円500 円
福島県2,500 円500 円広島県2,650 円550 円
東京都2,600 円500 円岡山県2,830 円600 円
神奈川県2,600 円500 円山口県2,700 円600 円
千葉県2,750 円550 円鳥取県2,650 円550 円
埼玉県2,600 円500 円島根県2,710 円610 円
群馬県2,500 円500 円香川県2,500 円500 円
栃木県2,620 円520 円愛媛県2,500 円500 円
茨城県2,600 円500 円徳島県2,500 円500 円
山梨県2,500 円500 円高知県2,700 円500 円
長野県2,600 円500 円福岡県2,750 円550 円
新潟県2,700 円500 円佐賀県2,750 円500 円
富山県2,500 円500 円長崎県2,750 円550 円
石川県2,500 円500 円熊本県2,750 円550 円
愛知県2,700 円500 円大分県2,750 円550 円
岐阜県2,700 円500 円宮崎県2,750 円550 円
三重県2,700 円500 円鹿児島県2,750 円550 円
静岡県2,700 円500 円沖縄県2,750 円500 円
福井県2,600 円500 円

※2018年9月現在

この表の金額は自動車保管場所証明申請手数料と、車庫証明が交付されるときに支払う交付手数料を合算した金額です。

申請書類と手数料の支払いが終われば「引換券」を受け取れば終了です。

あなたの車庫証明書類が受理されたあと、警察はあなたが申請した駐車場に出向き、実際に車が駐車できるかを確認するため、車庫証明が交付されるまでは1週間程度かかります。

再び警察署に出向き車庫証明書を受け取る

引換券には車庫証明書が発行される日が記載されていますので、その日以降に警察署に出向いて車庫証明書を受け取ります。
その際は交付手数料が必要ですので、お金を忘れずにもっていってくださいね。

受け取った車庫証明書は、次の車を陸運局で登録するときに必要ですので紛失しないように気をつけましょう。

ちなみに陸運局で車を登録する際は、車庫証明書が発行されてからおおむね40日程度となっていますので、この期間を過ぎないように登録手続きを行なってください。

車庫証明申請に必要な6つの書類

車庫証明申請に必要な書類を作成するためには、新しい車の車検証が必要ですので、自動車販売店から車検証のコピーをもらっておきましょう。

では具体的に車庫証明に必要な書類をみていきましょう。

自動車保管場所証明申請書(正副各1通)

この書類は以下の内容を記入する必要があります。

・車名
・車台番号
・自動車の使用の本拠の位置
・申請する保管場所の使用者
・住所
・申請日
・印鑑による押印
・型式
・自動車の大きさ(長さ・幅・高さ)
・自動車の保管場所の位置
・郵便番号
・氏名
・電話番号

車検証や駐車場の賃貸契約書を見ながら間違わないように記入してください。

保管場所標章交付申請書(正副各1通)

この書類も車検証・駐車場の賃貸契約書を見ながら記入する必要があります。

・車名
・車台番号
・自動車の使用の本拠の位置
・申請する保管場所の使用者
・住所
・電話番号
・型式
・自動車の大きさ(長さ・幅・高さ)
・自動車の保管場所の位置
・郵便番号
・氏名
・印鑑による押印

所在図及び配置図(1通)

この書類は、駐車場の場所を示すための周辺地図、駐車場内の間取図を描きます。

基本的には駐車場オーナー、または駐車場手続きを仲介している不動産屋が描く書類です。

場合によってはあなた自身が描かないといけない場合がありますので、分かりやすく地図や間取り図を描きましょう。

とくに地図を描く場合は、自宅の場所と駐車場の場所を明確に描く必要があり、その2地点は直線で結んで直線距離を記入しなければいけません。

最近ではGoogleマップのようなパソコンの地図を印刷して添付しても受理されます。

保管場所の使用権原書(1通)

以下のように、駐車場オーナーが誰であるかにより必要な書類が異なります。

土地建物が自己所有の場合土地建物が他人所有の場合土地建物が共有の場合
保管場所使用権原
疎明書面 ( 自認書 )
必要不要不要
保管場所使用承諾証明書
(承諾書)
不要必要
※賃貸契約書のコピーで済む場合あり
必要
※共有者全員の署名と捺印も必要

それぞれの書類には以下の内容の記入が必要です。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)

・郵便場号
・住所
・氏名
・申請日
・電話番号
・印鑑の押印

保管場所使用承諾証明書

・保管場所の位置
・使用期限
・使用者
・オ―ナーの郵便番号、住所、氏名、電話番号、押印

さいごに

今回は車を買い替える場合、車庫証明の手続きや必要書類はどうしたらいいのかについてご紹介しました。

車庫証明は車を購入するうえで必要な手続きですので、記事の内容をお読みになって手続きを進めてくださいね。

また車庫証明を申請する前に、前の車も同じ駐車場を使っていた場合は、原則として車庫証明書の抹消手続きを行なう必要がありました。

車庫証明の申請書類はあなたが記入するものだけではなく、駐車場オーナーに記入してもらうところもありますので、書類の完成には時間にゆとりをもたなければいけません。

それに警察署に申請書類を提出してから車庫証明書が交付されるまでは1週間程かかります。

つまり車庫証明書の交付を受けるまでには2週間程の時間をみておく必要があることを知っておきましょう。

今回の記事を参考に、車庫証明の手続きの仕方や必要書類について知っていただき、スムーズに車庫証明の交付を受けてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の買い替えを機に任意保険を切り替えたいけどどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替え時期は何月がおすすめ?〇月が一番おすすめです

NO IMAGE

車の買い替えでETC車載機を付け替える手続きってどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替えは何年くらいが目安なの?一番お得な年数は〇年くらいです

NO IMAGE

車の買い替えのタイミングはいつがいい?時期や車検や税金について解説

NO IMAGE

車の買い替えは走行距離が何キロくらいがおすすめなの?