車を買い替えるとナンバープレートはどうなるの?

 

「車を買い替えるんだけど、これまで乗っていた車のナンバープレートはどうなるのかな?次に購入する車に同じナンバープレートをつけることはできる??」

車を買い替えるとき、これまで乗っていた車のナンバープレートが希望ナンバーにようにお気に入りのナンバーだった場合、次に購入する車に同じナンバープレートをつけたいですよね。

そもそも車を買い替えたとき、車のナンバープレートはどうなるのでしょうか??

今回は車を買い替えるとナンバープレートはどうなるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車のナンバープレートは車の大切な情報源

普通車、軽自動車に関わらず、車には必ずナンバープレートがついており、ナンバープレートがないと公道を走ることができません。

ナンバープレートは、車種、所有者、使用者、その住所を特定するための重要なものです。

もし事故や違反があった場合は、ナンバープレートの情報をもとに、警察が車の情報をみながら捜査に使われることも日常です。

つまりその車の名札のような役割をしているため、車を買い替えたときに、これまで乗っていた車のナンバープレートを次に購入する車に取り付けることはできません。

ここではナンバープレートにはどのような情報が含まれているのかについて知っておきましょう。

ナンバープレートに含まれている重要な意味

ナンバープレートに示されている地名

行き交う車がどこから来ているのかを見るときは、ナンバープレートの地名を見るとおおよその地域を把握することができます。

地域によっては「京都」「山口」のように都道府県の名前がそのままナンバープレートになっているものもあれば、東京都は「品川」「足立」「杉並」のように、区レベルの地名が使われている場合があります。

また「富士山」ナンバーのように、市区町村の名前ではないものが使われている場合もあります。

基本的には管轄運輸支局や自動車検査場が設けられている地域の名前が使われているのです。

地名の横に記載されている3ケタの数字

地名の横には3ケタの数字が記載されていますが、普通車・軽自動車の場合は3××、5××、7××のいずれかでしょう。

キャンピングカーは8××で示されていますね。

例えば3××のナンバーの場合は、百の位の数字をみて「3ナンバー」という言い方をします。

この区分は、3ナンバー車は普通乗用車、5、7ナンバーは小型乗用車と分けられています。

車両の長さが4,700mm以下、幅1,700mm以下、高さ2,000mm以下、そして総排気量が2,000cc以下のものが5ナンバー、7ナンバーになり、いずれかの条件を1つでも超えていれば3ナンバーの区分になるのです。

つまり地名の横に記載されている3ケタの数字は、車の大きさや総排気量について示したものになります。

ナンバープレートに記されているひらがな

ナンバープレートのひらがなは車の用途について表しています。

普通車・軽自動車には「さ行」以降のひらがなが当てられています。
ただ「し」「へ」「お」「ん」のように、縁起が悪そうな字、聞こえの悪い字は割り振られていないのが特徴です。

ナンバープレートに記されている4ケタの数字

この4ケタの数字は、その車を特定するための背番号のような役割を果たしています。

「××―××」のようにハイフンが入っているのは、警察が番号を確認しやすいようにするためです。

この番号の組み合わせも「42」「49」といった縁起の悪い数字の組み合わせは使われていません。

車買い替えのときにナンバープレートはどうなるの??

先ほどご紹介したように、ナンバープレートに記載されている数字やひらがなには重要な意味をもっています。

では車を買い替えたとき、これまで乗っていた車のナンバープレートはどうなるのかについてみていきましょう。

車買い替えのときにこれまで乗っていた車のナンバープレートは引き継げない

先ほどお伝えしたように、車のナンバープレートは、その車を特定するものですので、これまで乗っていた車のナンバープレートを、次に購入した車に取り付けることはできません。

次に購入する新しい車には、まったく別のナンバープレートが取り付けられることになります。

ただ最近では希望ナンバー制度があって、ナンバープレートの4ケタの数字に関しては、あなたが希望する番号を選ぶことができますので、これまで乗っていた車のナンバープレートと同じ4ケタの数字を選ぶことは可能です。

希望ナンバーは「一般希望番号」と「抽選対象希望番号」の2つがあり、抽選対象希望番号の場合は、毎週月曜日に発表される抽選発表で当選していれば、そのナンバーをつけることができます。

以下が抽選対象希望番号になります。

・・・ 1・・・ 7・・・ 8・・ 88・ 333・ 555・ 777
・ 888111120203333555577778888

車買い替えのときに希望ナンバー申請にかかる費用は??

車を買い替えて新しい車を購入したとき、希望ナンバーをつけるのであれば以下の費用がかかります。

都道府県ペイント式字光式都道府県ペイント式字光式
北海道4,200 円4,600 円滋賀県4,200 円4,120 円
青森県4,060 円4,320 円京都府4,100 円3,920 円
岩手県4,060 円4,320 円大阪府4,100 円3,920 円
宮城県4,060 円4,320 円兵庫県4,100 円3,920 円
秋田県4,040 円4,340 円奈良県4,200 円4,120 円
山形県4,040 円4,340 円和歌山県4,200 円4,120 円
福島県4,060 円4,320 円鳥取県4,400 円4,620 円
茨城県4,300 円4,140 円島根県4,400 円4,620 円
栃木県4,300 円4,140 円岡山県3,860 円4,380 円
群馬県4,300 円4,140 円広島県3,860 円4,380 円
埼玉県4,200 円3,960 円山口県3,860 円4,380 円
千葉県4,200 円3,960 円徳島県3,980 円4,620 円
東京都4,100 円3,920 円香川県3,980 円4,620 円
神奈川県4,100 円3,920 円愛媛県3,980 円4,620 円
山梨県4,300 円4,140 円高知県3,980 円4,620 円
新潟県4,040 円4,340 円福岡県4,100 円4,120 円
富山県4,200 円4,120 円佐賀県4,200 円4,240 円
石川県4,200 円4,120 円長崎県4,200 円4,240 円
長野県4,040 円4,340 円熊本県4,100 円4,120 円
福井県4,200 円4,120 円大分県4,100 円4,120 円
岐阜県4,100 円3,920 円宮崎県4,100 円4,120 円
静岡県4,100 円3,920 円鹿児島県4,100 円4,120 円
愛知県4,100 円3,920 円沖縄県4,100 円4,480 円
三重県4,100 円3,920 円

希望ナンバーでない場合は1,500円程度でナンバープレートの交付を受けることができるのですが、それと比較すると高額であることが分かりますね。

しかし希望ナンバー制度を利用すると、これまで乗っていた車のナンバープレートと同じ4ケタの番号にできますので、もし同じ番号を希望する場合は申請してみてくださいね。

車買い替えでこれまで乗っていた車を高く買取りしてもらう方法

車を買い替えるときに、これまで乗っていた車のナンバープレートの番号が希望ナンバーであったり、希望ナンバーではないけれど「せっかく4ケタの番号を覚えたのに、次の車を購入したことで新しい番号になると、またナンバーを覚え直さなければならないのは苦痛」という方は、希望ナンバーの取得が可能であることをお伝えしました。

ただ希望ナンバーを取得するのは、一般のナンバーの交付を受けるより3倍程の金額がかかります。

さらに次に購入する車の購入資金まで必要となると、細々したお金はあまり使いたくないですよね。

このように車を買い替えるのは何かとお金がかかるもの。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車を高価買取してくれる複数の買取業者が、あなたに直接連絡をしてきて「車を査定させてほしい」と言ってきます。

連絡をしてきた買取業者1社ずつの買取金額を知るためにも、査定の立ち会いの負担はかかりますが、できるだけ多くの買取業者に車を査定してもらいましょう。

提示された買取金額を比較すると、業者によって買取金額が大きく異なることが分かります。

一番高い買取金額をつけた買取業者に車を買取りしてもらうことで、次の車の購入資金を増やすことができますし、希望ナンバープレートの申請費用にあてることができますよ。

車を買い替えるときは、ぜひ車の一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車を買い替えるとナンバープレートはどうなるのかについてご紹介しました。

車を買い替えた場合は、これまで乗っていた車のナンバープレートは陸運局に返納しなければいけませんので、次に購入した車には新しいナンバープレートが取り付けられることになります。

もしこれまで乗っていた車のナンバープレートの番号に愛着がある場合は、希望ナンバーを申請することで、4ケタの数字に関しては同じ番号にすることができますので、希望ナンバー制度を利用してみるのもいいでしょう。

希望ナンバー申請は、一般のナンバープレート交付費用が1,500円程度なのに対して、その3倍程の費用がかかりますので、希望ナンバー申請前にあなたがお住まいの都道府県ではいくら交付料が必要なのかは記事で示した表をご覧ください。

希望ナンバーの交付費用や、次の車の購入資金を少しでも増やすためには、車の一括査定サイトを利用して、これまで乗っていた車を少しでも高く買取りしてもらってください。

今回の記事を参考に、車を買い替えるときのナンバープレートがどうなるのかについて知っていただき、希望ナンバー制度や車の一括査定サイトを利用して、お得に車を売却してくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の買い替えでカーナビを付け替えるにはどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替えは走行距離が何キロくらいがおすすめなの?

NO IMAGE

車の買い替えは何年くらいが目安なの?一番お得な年数は〇年くらいです

NO IMAGE

車の買い替えでETC車載機を付け替える手続きってどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替えのタイミングはいつがいい?時期や車検や税金について解説

NO IMAGE

車の買い替え時期は何月がおすすめ?〇月が一番おすすめです