車を売るか迷う場合ってどうしたらいいの?後悔しないために考えることとは?

 

「今乗っている車を乗り続けるのか、売却しようか迷ってるんだよな…。どちらにしても後悔がしたくないし…。どうしたらいいんだろ??」

あなたは車を「売る」「売らない」で迷われていませんか?

売ったら売ったで後悔するような気もするし、売らなかったら売らなかったで後悔する気もします。

そのお悩みを解決するためにさまざまな視点から「売る」「売らない」を考えてみてはいかがでしょうか??

今回は、車を売るのか迷う場合はどうすればいいのか、後悔しないためにはどのようなことを考えればいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を売る・売らないで迷う理由

車のユーザーが今乗っている車を「売る」「売らない」を迷い始めるのは、以下のようなタイミングです。

<車を売りたい理由>
●キズや故障が目立つ●結婚や転職をした
●積算走行距離が伸びてきた●年式が古くなってきた
●車検の時期が近づいてきた●貯金ができたので次に買い替えたい
●車に乗る機会が減った●新しく販売された車がほしい
<車を売らない理由>
●まだ乗れるのでもったいない●愛着がある

これら以外に、ローンが完済したときは、所有権解除ができるため車を売る人が多いですし、それとは反対にようやく自分のものになったのでこれからも乗り続ける人もたくさんいます。

さまざまな理由があることが分かりましたが、では実際に車を売ったほうがいいのか、売らないほうがいいのかについてみていきましょう。

車を「売る」「売らない」を決めるために考えることとは??

車を「売る」「売らない」は安易に考えるのではなく、売ってしまうとどうなるのか、売らなかったらどうなるのかを、きちんと整理しなければいけません。

先ほどは「車を売りたい理由」「車を売らない理由」についてみていきましたが、その他の理由も含めて一緒に考えていきましょう。

車を売るときに考えるべきこととは??

車を「売る」「売らない」で迷っている場合は、一呼吸おいて、車は手元においておきましょう。

焦って車を手放すと後悔するケースが多いです。

まず、なぜ車を売るという気持ちが出てきたのかを整理してみましょう。

先ほどご紹介した「車を売りたい理由」以外にも、家計のことを考えて車を売りたい方もいらっしゃいます。
では車を売る前に、以下の5つについて確認していきましょう。

車を維持するために月々いくらかかっているか

車を維持するためには、車のローン、駐車場代、ガソリン代、任意保険料など、さまざまな維持費がかかります。

東京都内でマイカーをもっている方は、月平均の維持費が80,000~90,000円程です。

私も車を所有していますが、車のローンが35,000円、駐車場代15,000円、ガソリン代40,000円、任意保険料6,000円で、月々に発生する維持費の合計が60,000円です。

あなたの収入や支出の中で。車の維持費が家計を圧迫していないのであれば、車を売るべきではないでしょう。

車の使用頻度

通勤や普段の買い物で車を使っている方の使用頻度は高いですが、休みの日に出かける程度しか車に乗らない方もいらっしゃいます。

都市部では公共交通機関が発達しているため、車を使用する方が少ないですね。

それに対して地方部で生活している方は、スーパーに行くためにも車を使わなければいけません。

また都市部であっても小さなお子さんがいて、保育園などの送迎で車が欠かせない方もいらっしゃいます。

もし週の半分以上、車を使用するのであれば、使用頻度が高いといえますので、車を売るべきではありません。

今後車の使用頻度が増えるのか

今の生活で車の使用頻度が低いとしても、この先車の使用頻度が増えることはないでしょうか??

例えばお子さんの送迎が必要になる、介護は必要な家族がいるなど、今後の使用頻度が増えるケースはいくらでも考えられます。

この場合は、自分だけで車を売るかどうかを決めるのではなく、家族で話し合いをして、少しでも車が必要になる可能性があるのであれば、売らずに所有しておきましょう。

お住まいの周辺は公共交通機関が整備されているか

先ほどもふれたように、都市部は基本的に公共交通機関が整っていますので、車が必要になる場面は少ないかもしれませんが、地方部では車がないと生活できないところがたくさんあります。

また都市部でも最寄駅まで時間がかかる場合がありますので、今のお住まいのことを視野に入れて、車が本当に必要なのかを考えるといいでしょう。

車を売る勇気はあるのか

これまでのお話しは生活環境を踏まえて、車の必要性について考えてもらいましたが、最終的にはあなたが車を売る勇気があるかどうかがポイントになります。

車の売る環境でありながら、あなたが一歩踏み出せないことで、いつになっても車を手放せないかもしれません。

車に愛着があると、なおさら手放しにくくなるでしょう。

しかし必要ないのであれば維持費がかかりますし、車を売却する勇気をもたなければいけません。

車を売ることでの2つのメリット

車を売ることでメリットが2つあります。

1つめは、月数万円の維持費がかからなくなることです。

先ほど東京都内でマイカーをもっている方の月平均の維持費が80,000~90,000円程とお伝えしましたが。この費用がまるまる浮きますよね。

浮いた分のお金は貯金や他の用途に使うことができますので、経済的な負担がかなり軽くなります。

2つめは、車検や保険の更新を気にしなくてもよくなることです。

車を所有していると、定期的に車検を受けたり、保険を更新する必要がありますが、車を売ることでそれらの更新手続きなどをする必要がありません。

また車検を更新するためには高額な費用がかかることから、車を売れば車検費用についてもお金が浮くことになります。

このように車を売ることで経済的な負担が間違いなく軽くなるのです。

車を売ることでの2つのデメリット

1つめは、車を売ることで公共交通機関が整備されているところといえども、少しどこかへ行きたいときや、大きな荷物を運びたいときに、車がなければかなり不便さを感じます。

ただ最近ではタイムズなどでもサービスを提供している「カーシェア」を利用することができますので、車さえ空いていれば、いつでも車に乗ることができます。

カーシェアはアプリを利用して、タイムズなど近くの駐車場に停められている車を借りることができるのです。

利用料金も15分200円というところが多く、リーズナブルな金額で車に乗ることができるので、いざというときのデメリットは解消されるかもしれませんが、他の方に車が借りられている場合はどうしても不便です。

2つめは、これまでともに生活をしてきた車と別れなければならないことです。

私もこれまでに何度か車を乗り換えてきましたが、車を引取りにきてもらったときの応対は身内に任せているほど、車が去っていくのを見ることができません。

気持ち的なデメリットになりますが、この気持ちがいつまでも残っていると車を売ることができませんのでデメリットになるでしょう。

車を「売る」と決めれば実際に車を売却する

先ほどは車を「売る」「売らない」で迷われている場合、車を売るとどうなるのかについて5つの項目を紹介しました。

この5項目についてしっかり考えていただいたうえで、車を売ると決めたのなら、以下のように実際に車を売る準備をしていきましょう。

車の買取金額相場を知る

車の買取金額を知る方法はいくつかありますが、ここではおおよその相場だけを知れればいいので、ネットで買取相場を検索してみましょう。

あなたの車の詳細の買取金額を知りたい場合は、車の一括査定サイトを利用すると、買取業者がおおよその買取金額を提示してくれます。

実際の買取金額まで知りたい場合は、車を査定してもらうしかありませんので、買取金額の詳細を知りたい方は車を査定してもらうのも1つの方法でしょう。

ただ買取業者に車を査定してもらったあとは、買取業者が車を買取ろうとしてきますので、そのときは「すぐに売るつもりはないので、もう少し検討させてください」とはっきり伝えてくださいね。

あと、車の価値は日に日に下がっていきますので、提示してもらった買取金額は何日間有効なのかも聞いておいたほうがいいです。

カーシェア生活を送ってみる

最近ではコインパーキング内にもカーシェアできる車が停められていますので、一度カーシェアに登録してカーシェア生活を送ってみましょう。

カーシェアを運営している会社の多くは、登録してから1ヶ月程は初期費用や月額料金を無料にしていますので、あなたが支払う代金は車に乗った時間分だけ。

たとえば、週1回程度、土日に利用するだけの方を想定したシミュレーションをしてみます。
1回6時間の車の使用で、利用料金が3,800円の場合、月にかかるカーシェア費用は3,800円×4回=15,200円です。

これがマイカーの場合だと、車のローンだけで20,000~30,000円支払うのが一般的で、さらに駐車場代、任意保険料などが加算されると、月の支払いが50,000円以上になります。

それが15,000円程度で済むのなら、月に30,000~40,000円以上浮くことになりますね。

車を売却する

1ヶ月程カーシェア生活ができれば、あなたの車を売ったとしても生活できるでしょう。

それが確認できれば車を売却しても大丈夫です。

車の売却するときは、少しでも車を高く買取りしてもらうために、次にご紹介する「車の一括査定サイト」の利用をおすすめします。

車の高価買取をねらうなら一括査定サイトを利用しよう

昔のように、店舗に車を持ち込んで車を査定してもらい、買取金額に納得がいけば車を売却するというスタイルで車を売る人は少なくなりました。

なぜなら、車を持ち込んで査定してもらい、提示された買取金額が高いのか安いのかが不透明だからです。

他の買取業者の買取金額と比較しなければ、お得に車を手放せるのか分かりませんからね。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトは、1度あなたの個人情報と車両情報を入力するだけで、その情報が複数の買取業者に送信されます。

その情報をもとに買取業者があなたの車を査定しにきますので、それぞれの買取業者が提示した買取金額をしっかりと比較することができるのです。

一番高い買取金額をつけた業者に車を売ることで、お得に車を手放すことができますよ。

ぜひ、一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は、車を売るのか迷う場合はどうすればいいのか、後悔しないためにはどのようなことを考えればいいのかについてご紹介しました。

あなたが車を売ることに対してどのような悩みがあるのかを紐解いていきましたが、これからの時代は車を所有するのではなく、車をシェアしていく時代へと様変わりしています。

もちろん自分の車をもっていると、自分の好きなときに車を出して移動できますが、特段車が生活必需品ではないと感じる場合は、車を売ってしまってもいいでしょう。

普段あまり車に乗らないのに車を持ち続けていると、1年間の家計を算出したときに、かなり余計な出費であることが分かり後悔することがあります。

「これだけのお金が浮いていれば、もっと有意義に使えた部分があったのに…」となる前に、車を売るならその決断をするべきです。

記事内では、車を売る前にチェックしておく5つの項目についてご紹介しましたので、焦って車を売るのではなく、まずはあなたの生活環境を見直すところから始めてくださいね。

今回の記事を参考にしていただければ、もう車を「売る」「売らない」で迷うことはないはずです。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

改造車を高く買い取ってもらうにはどこで売ったらいいの?

NO IMAGE

中古車を売るときにカーナビは買取査定に影響する?載せ替えても問題ないの?

NO IMAGE

事故歴ありだと車の買取査定でどのくらい影響するの?

NO IMAGE

車検が通らない改造車でも買取はしてもらえるの?

NO IMAGE

車を売るときに故障箇所を言う?言わない?どうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買取の手順や流れはどうしたらいいの?手続きは何が必要なの?