中古車購入時の走行距離や年式の目安ってある?限界はどのくらいなの?

「中古車を購入しようと検討しているけど走行距離や年式ってどのくらいのものを選べばいいの?」

「走行距離が〇〇キロの車を購入しようかと思うけど、長く乗ることはできる?」

何て疑問はありませんか?

中古車を選ぶときに必ず見なければいけないのが積算走行距離と年式です。

中古車の販売価格はこれら2つが大きく影響しているといえます。

もちろん積算走行距離が少なくて、年式が新しいものに乗りたいのは分かりますが、その分車両本体価格が上がってしまいます。

中古車を選ぶときに積算走行距離や年式をどのように見ればいいのでしょうか??

今回は中古車購入時の走行距離や年式の目安や限界についてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


中古車の「積算走行距離」と「年式」からみる関係性とは??

中古車の積算走行距離と年式についてまずは解説します。

車はいったい何キロまで走ることができるのか??

一昔前までは、車が安全に走行できるのは10万キロが限界だと言われていましたが、それはもう昔の話しです。

私はこれまでに車両本体価格が安いことから積算走行距離が10万キロ以上の中古車ばかりを購入してきましたし、ODOメーターが24万キロでも問題なく安全に走ることができていましたよ。

街なかを走るタクシーもODOメーターが50万キロを超えているものもよく見かけます。

車のメンテナンスをきちんとしていれば積算走行距離は30万キロでも40万キロでも伸びるのです。
日本の車は国内で利用されなくなると海外へ輸出され、現地の方に再利用されていますが、国によってはメンテナンスをしないまま日本車を乗り続けているところもあります。

そんな車でも積算走行距離が20万キロを超えている場合が多々ありますので、日本車の性能がいかに向上しているかが分かりますよね。

あまり意識されない積算走行距離と年式の関係とは??

積算走行距離と合わせて知っておくべきことは年式との関係です。

私の知り合いが30型エスティマを所有していたのですが、新車で購入してから10年間で積算走行距離がたったの19,000kmだったことに驚きを隠せなかったことがあります。

私はその話しを聞いたときに「オイルなどの消耗部品の交換時期がきたらちゃんと変えているのかな??」と疑問に思っていました。

一般的に、車の1年間の適切な走行距離は8,000~10,000kmと言われていますので、おおよそ10,000kmの走行距離に対して1年落ちになる計算です。

これを基準にするとその中古車がどのように利用されていたかを想像することができますね。

車は年式が古くても積算走行距離が少なければいいというものではありません。

例えば先ほどご紹介した30型エスティマを例にあげてみましょう。

①積算走行距離19,000km/初年度登録から10年目の場合

年数が経っているわりに積算走行距離が少ないことから、普段はあまり車に乗っていないことがうかがえます。

もしくは最初の数年間は乗っていたけれど、その後何年も乗られていない可能性もあります。

あまり動かされていない車は、塗装、タイヤ・ベルトなどのゴム類、機関系に使われている金属部品などがかなり傷んでおり経年劣化が激しく進んでいる可能性が高いです。

②積算走行距離19,000km/初年度登録から1年目の場合

この場合は毎日かなりの移動距離を走っている車であるか、数回の運転で長距離走行をしている車だとうかがえます。

距離を走っている分、部品の経年劣化の心配はありませんので、①の車より安心といえます。

いずれにしても①・②の車にはかなりの負荷がかかっていることに間違いありませんので、お伝えしたように、車の1年間の適切な走行距離は8,000~10,000kmの中古車を選ぶことをおすすめします。

積算走行距離別による中古車の選び方とは??

①新しさ・車の綺麗さをみるなら「30,000~50,000km」

この距離であれば年式も3~5年落ち程ですので、ボディや部品の経年劣化も少ないですし、キズや汚れも目立たないものが多くあります。

車両本体価格は高めになってしまいますが、新車より安く購入できることを考えると納得できるでしょう。

②価格をみるなら「60,000~100,000km」

中古車は積算走行距離が50,000kmを超えると車両本体価格が下がる傾向にあります。

これくらいの距離を走っている中古車であっても綺麗な車は多いですが、年式が6~10年落ち程であることを考えると、中古車を購入する前に消耗部品をチェックしておく必要はあります。

安く購入できることは魅力ですが、あなたが将来的に購入した中古車を手放すとなったときは、なかなか高価買取してもらうことは難しいでしょう。

手放すころには積算走行距離も増えていますし、年式もさらに古くなっているはずですからね。

人気車種であれば高価買取は期待できますが、基本的にはリセールバリューは期待しないでください。

③とにかく安く買いたいなら「100,000~120,000km」

日本人の多くは「初年度登録から10年以上」「積算走行距離10万キロ以上」の車には価値がないとおもっています。

そのあらわれとしてディーラーの下取りは、この2つの条件のいずれに達すると下取り金額が0円になってしまうのです。

先ほどお伝えしたように、今の車はきちんとメンテナンスしていれば30万キロでも40万キロでも走ることができます。

購入後もきちんとメンテナンスすれば、さらに数万キロ、数年間走り続けることは十分に可能です。

ただし②の60,000~100,000kmの中古車と同じように、リセールバリューは期待できません。

過年式で積算走行距離が多い中古車でもねらい目はどんな車か??

中古車は前ユーザーがきちんと点検・整備をしていたかが重要なポイントになります。

例えば12ヶ月法定点検をうけているか、車検をユーザー車検だけではなく、車検の点検項目・24ヶ月法定点検を受けているかを「整備点検記録簿」で確認するといいでしょう。

過去の整備点検記録簿がたくさん残っているほど、どれくらいのスパンで整備されていたかが分かりますし、整備が行き届いている車ほど故障が少なくなりますので、購入後に余計な出費をおさえることができますよ。

合わせてタイミングベルトが交換されている中古車であれば、より出費をおさえることができます。

タイミングベルトが交換されている場合、たいていの車はボンネットをあけると、タイミングベルトを交換したときに積算走行距離が示されているシールが貼られていますので、それを探してください。

車に詳しくない方も、整備点検記録簿のチェックは最低限行なうようにして、できることなら車の下にもぐってオイル漏れがないか、サビ・腐食はひどくないか、ドライブシャフトブーツの破れはないかなど、自分でチェックできるところはチェックしたいものですね。

安全に中古車を乗り続けるためにやるべきこととは??

年式が古くなるほど、積算走行距離が増えるほど、意識してメンテナンスを行なう必要があります。

メンテナンスさえきちんとやっていれば、積算走行距離の限界を伸ばすことが可能です。

とくに積算走行距離が100,000km、年式が10年落ちの車ではさまざまな部品の交換が推奨されますので、具体的にどのようなメンテナンスが必要なのかをまとめておきますね。

交換を推奨する消耗品

タイミングベルトの交換

タイミングベルトはエンジンへの吸気・排気を行なう重要な部品で、タイミングベルトを交換しないまま走行を続けると、最悪の場合はエンジンが不能になります。

ゴム製のタイミングベルトの交換時期は100,000kmですので、部品代金と交換工賃を合わせると車種によっては10万円ほど必要ですが、必ず交換してくださいね。

型式の新しい車では金属製のタイミングチェーンを採用している車が増えています。

タイミングチェーンの場合は、基本的に交換は必要ないといわれていますが、積算走行距離が30万キロ程を目安に交換することをおすすめします。

ブッシュ類の交換

車の緩衝作用や異音軽減までを担う部品であるブッシュ類は、積算走行距離が100,000km、年式が10年落ちが交換目安ですので、古いままの場合は交換してもらいましょう。

オイル類の交換

エンジンを長持ちさせるためにはエンジンオイルを定期的に交換することです。

一般的には3,000~5,000kmに1回、または半年に1回のいずれか早く達したほうを優先して交換すること、またエンジンオイル交換2回につき1度のオイルエレメントの交換を守ってください。

またATF・CVTオイルなどのミッションオイルも20,000kmに1度の交換をおすすめします。

その他ブレーキオイルなど、オイル系は車の性能に直接関わりますので、定期的に交換しましょう。

中古車の走行距離や年式の目安や限界はどれくらいなのか??

これまでご紹介したように、中古車を購入する前に整備点検記録簿の確認、中古車を目視によるチェックをすること、購入後もきちんとメンテナンスを続けることでエンジンやミッションが故障する可能性は極めて低いです。

ただタイミングチェーンやサスペンションなどの消耗品のことをふまえると、積算走行距離の目安は10万キロ、年式の目安は10年程の中古車を購入するといいでしょう。

車両本体価格がぐっと下がりますし、状態の良い掘り出しものの中古車もありますよ。

またタイミングチェーンの交換時期は30万キロということから、中古車として購入してもいい限界の積算走行距離は20万キロ、1年に10,000km走るとすると20年落ちが年式の限界であるといえます。

中古車を高く買取りしてもらうための方法とは??

中古車を購入するときは積算走行距離や年式を重視しなければなりません。

車の状態にもよりますが、基本的には積算走行距離が少なくて高年式の中古車ほど車両本体価格が高くなります。

中古車を買うためには何十万円、ときには何百万円ものお金が必要になります。

そのとき中古車の購入資金を手に入れる手段として、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」をおすすめします。

一括査定サイトを利用すると、これまでにあなたが乗ってきた車を高価買取してくれる買取業者が、直接あなたに連絡をしてきます。

複数の買取業者があなたに連絡をくれますので、それぞれの買取業者に買取金額を教えてもらって、一番高く買取りしてくれる業者に車を売却しましょう。

そうすることで少しでも条件の良い中古車を購入することができますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は中古車購入時の走行距離や年式の目安や限界についてご紹介しました。

中古車を購入する際の積算走行距離の目安は10万キロ、年式の目安は10年程とお伝えしました。

また中古車として購入してもいい限界の積算走行距離は20万キロ、年式の限界は20年であることも参考にしてください。

中古車を購入される際は、前ユーザーが残した整備点検記録簿があることを確認し、これまでにしっかりとメンテナンスされてきたかをチェックしましょう。

購入した中古車を長持ちさせるためにも、購入後はあなたがきちんとメンテナンスをしてくださいね。

今回の記事を参考に、中古車購入時の走行距離や年式の目安や限界を知っていただき、中古車選びに役立ててくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「中古車を購入予定だけど、年式が古い割には走行距離が少ないのはどうしてなの?」 「年式が古くて走行距離が少ない車が安く買えるんだけどお得な...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車の車検2年付の意味とは?メリット・デメリットは?

中古車の価格応談(ask)の意味は?交渉は可能なの?

中古車の値引き交渉のコツってある?交渉しやすい時期ってあるの?

友人と中古車を個人売買する時の名義変更の手続きってどうしたらいいの?

中古車の値引きの限界っていくらくらい?相場はどのくらい?

中古車が走行距離不明なのはなぜ?改ざん?購入するのは危険なの?