遠方(県外)の中古車を購入したいんだけど買い方はどうしたらいいの?

「隣の件に欲しい中古車があるんだけどどの様に購入したらいいの?」

「県外の車を購入する時の手続きってどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

自分がほしい車種が家の近辺の中古車販売店で売られていたとしても、中古車には年式、積算走行距離、グレード、ボディカラー、カスタマイズのされ方など、状態がさまざまなで、まったく同じ状態の中古車は世の中に存在しません。

できる限り自分の条件に合った車を見つけたとしても、自分の住んでいるところから中古車販売店が遠いなんてことはよくある話しです。

遠方で中古車を買うとなると、車をどうやって自宅にもって帰ってくるのか、車の登録手続きはどうすればいいのかなど、疑問点がたくさんあることでしょう。

今回は遠方(県外)で中古車を購入するときの買い方についてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


遠方で売られている中古車を購入する流れとは??

遠方で売られている中古車を購入する流れを解説いたします。

一般的な中古車購入の流れ

まず最初に中古車を購入するためにはどのような流れがあるのかを時系列でみていきましょう。

①中古車をさがす

簡単に手短に自分の条件にあった中古車を探すためにはネットで検索するといいでしょう。

年式、積算走行距離、ボディカラー、メーカーオプションなど、自分が求めている条件を詳細に選びながら検索することができるのでとても便利です。
また書店で販売されている中古車情報誌を買って中古車を探すのも1つの方法です。

自分の中でほしい中古車を決めていたとしても、ページをめくっている間に掘り出し物の中古車に出会えるときがあります。

②見積りを依頼・車の詳細を聞く

自分がほしい車を売っている中古車販売店に電話またはメールをして、購入するためには車両本体価格以外にどのような費用がどれだけ必要なのかを確認するために見積りの作成を依頼しましょう。

もし中古車販売店が遠方の場合は、どのように納車されるのか、陸送費用はいくらなのかの確認も必要です。

また費用以外にも車の外装・内装の状態、不具合箇所の有無など、現時点で車がどのような状態なのかを詳細に聞きましょう。

とくに遠方からの購入の場合は、現車確認できないと思いますので車の写真をメール添付で送信してもらってもいいですね。

見積りや中古車販売店とのやり取りは時間がかかるかもしれませんが、電話よりかはメールでやり取りすることをおすすめします。

万が一、お客様と中古車販売店の間でトラブルになったときに、メールの文面が証拠となって役に立つ場合があります。

③支払方法を決める

車の状態に問題がなく購入すると決めた場合は、支払方法を決める必要があります。

遠方の中古車販売店であっても、現金一括の場合は中古車販売店が指定する口座への振り込みになり、ローンでの購入の場合は中古車販売店にローンの申請を行なってもらいます。

基本的にローンは初めに仮審査を行ないますが、電話やメールで仮審査に必要なお客様の個人情報を伝えることで仮審査を受けることができます。

仮審査が通った場合はローンの本申込になり、ローン契約書には押印などが必要なため、契約書を中古車販売店から郵送してもらう必要があります。

④車の登録方法を確認する

中古車を購入するにあたって、車の名義をお客様のものに変更しなければいけません。

車の登録手続きはお客様の住所を管轄している陸運局で行なわなければいけませんので、遠方の中古車販売店で車を購入する際は、この手続きをどうするのかを確認する必要があります。

基本的には以下の3パターンの方法で登録手続きを進めます。

中古車販売店が登録手続きをする

遠方の中古車販売店で車を購入する場合は、登録手続きに必要な書類のやり取りを郵送で行ないます。

登録手続きそのものは中古車販売店の営業マンが行なう場合もあれば、中古車販売店が提携する代行業者に登録手続きを依頼する場合もあります。

中古車販売店がお客様の住所を管轄している陸運局へ出向いて登録手続きをする

遠方の中古車販売店が自らお客様の車を納車する場合は、陸送のタイミングと合わせてお客様の住所を管轄している陸運局へ出向いて登録手続きを行なってくれます。

登録手続きに必要な書類のやり取りは納車前に郵送でやり取りします。

お客様自身が陸運局へ出向いて登録手続きをする

車を陸送してもらってからお客様自身が陸運局へ出向いて登録手続きをする方法があります。

登録手続きに必要な書類はネットからダウンロードすることができますし、陸運局にも置かれています。

普通車の登録手続きを行なう際は、現車を陸運局へもち込む必要がありますので、自賠責保険への加入がされているかの確認を中古車販売店にしておく必要がありますし、ナンバーがついていない車の場合は前もって仮ナンバーの申請をしておく必要があります。

⑤登録手続きに必要なものをそろえる

支払方法と登録手続きの方法が確認できれば、次は車を登録する際に以下のものをそろえます。

必要書類普通車軽自動車備考
印鑑証明書発行日より 3 ヶ月以内のもの
住民票発行日より 3 ヶ月以内のもの
車庫証明書発行日よりおおむね 1 ヶ月以内のもの
委任状自分で登録手続きを行なう場合は不要
ローン契約書ローンで購入する場合のみ必要

⑥購入代金を支払う

車を購入する際に必要なものがそろえば購入代金の支払いになります。

中古車販売店が支払いを確認すれば、車の整備を行ない、その後陸送の手配が行なわれます。

陸送に関しては遠方であるほど以下のように費用と日数がかかります。

地方陸送費 ( 円 )都道府県日数
関西地方35000兵庫県・大阪府・京都府・和歌山県・滋賀県・三重県・奈良県1 ~ 2 日
中国地方44000岡山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県1 ~ 2 日
中部地方44000福井県・石川県・富山県・新潟県・岐阜県・愛知県・静岡県・長野県・山梨県2 ~ 3 日
四国地方53000徳島県・香川県・高知県・愛媛県3 ~ 4 日
九州地方53000福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県4 ~ 5 日
関東地方62000東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県4 ~ 5 日
東北地方71000青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県5 ~ 6 日
北海道810006 ~ 7 日
沖縄県980006 ~ 7 日

※兵庫県から陸送した場合の参考価格

⑦納車後に登録手続きを行なう

これは④でもお伝えしたように、自分で登録手続きを行なう場合のみ、納車後に陸運局へ出向いて登録手続きを行なわなければいけません。

⑧納車後の車の確認

中古車の購入の流れそのものは⑥までですが、最終的に陸送されてきた車を確認して、キズ、ヘコミ、故障など、中古車販売店が言っていたことに間違いがないかを確認しておきましょう。

基本的に中古車はクーリングオフがききませんので、契約・納車後の返品はできなくなっていますが、もし不都合なところがあった場合は中古車販売店に連絡するべきですし、販売店によっては何かしらの対応をとってくれるところもありますよ。

中古車を遠方で購入する際の注意点

遠方の中古車販売店で中古車を買うときは知っておかなければいけないこと、注意すべきことがありますのでご紹介しておきます。

登録手続きを自分しなければならない可能性がある

中古車販売店の営業マンに納車と同時に陸運局での登録手続きを行なってほしいところですが、例えば東京在住の方が鹿児島の中古車販売店で中古車を購入した場合、販売店の営業マンが東京まで出向くのには相当な負担がかかります。

基本的に車の陸送は陸送会社に委託して車を運んでもらうため、あなたの手元には登録される前の中古車が届きます。

その場合は自分で陸運局へ出向いて登録手続きをしなければならないのですが、陸運局の業務時間は年末年始を除く平日月曜日から金曜日の8時45分から11時45分、13時から16時のみですので、日中働いていらっしゃる方は陸運局へ出向くのは難しいですよね。

行政書士などに登録手続きを代行してもらうと、中古車販売店の営業マンに登録手続きをしてもらうときと同じように10000~20000円程の代行手数料や出張費用が必要です。

中古車を購入する際は中古車販売店に登録手続きを代行してくれるか、代行してもらえない場合は自分で陸運局へ出向く時間があるのかを割り出す必要があります。

現車確認ができない

遠方で中古車を購入する場合は写真やメール・電話でしか車の状態を知ることができませんので、信頼度の高い中古車販売店なのかを、ネットの評判・口コミなどで確認する必要があります。

お客様のメールに対して返事があいまいだったり、写真をあまり提示してくれない中古車販売店は取引しないほうがいいでしょう。

費用が余計にかかる

登録手続きを代行してもらうだけでも10000~20000円程の代行手数料・出張費用がかかってきますが、先ほどお示ししたように、高額の陸送費がどうしてもかかってしまいます。

自分で遠方の中古車販売店まで出向いて車を取りにいく方法もありますが、結局自分が中古車販売店に出向く費用がかかりますし、車を持ち帰るときにガソリン代や高速料金がかかります。

費用に関するリスクは避けることができませんね。

書類のやり取りは必ず郵送で行なう

売買契約者やローン契約書などのやり取りはFAXでやり取りするのではなく、必ず郵送で行ないましょう。

郵送の際は追跡機能がない普通郵便を選ぶのではなく、レターパックなどの追跡機能がついているものがおすすめです。

中古車販売店によっては書類のやり取りを簡略化するために郵送でのやり取りを拒否してくるところもありますが、他のやり取りの方法を強要してきた場合は取引を中止することも視野に入れるべきです。

中古車はクーリングオフの適用外

中古車はクーリングオフの対象外になっていますので、一度契約・納車されるとキャンセル・返品ができません。

現車確認できないことにプラスしてクーリングオフが適用されないため、遠方での中古車の購入にはかなりのリスクがともないます。

車を購入する前に保証はついているのかを確認するのも1つですが、不安がある場合は遠方の中古車販売店の利用は避けるべきです。

連絡のレスポンスが良い中古車販売店を選ぶ

遠方で中古車を買う不安を少しでも解消するためには、中古車販売店の営業マンがお客様と密に連絡をとっているか、お客様から連絡がきたときにすぐに対応ができているかが重要になります。

電話したけどその日中に折り返しの電話がない、メールを送信したけれど24時間以内に返信がないような中古車販売店とは取引するべきではありません。

そのような中古車販売店で車を購入することになったとしても、購入後に何かあったときの対応をしてもらえない可能性が十分にあるからです。

契約する前に現車確認ができればベスト

遠方の中古車販売店であっても足を運べるのなら出向くことができる限り現車確認をするべきです。

自分の目で外装・内装・機関をみることは大切ですし、できることなら晴れ・曇り・雨の日に見に行くことで車のコンディションをうかがうことができます。

私も遠方で中古車を購入した経験があり、現車確認をしないまま中古車販売店の営業マンの「とくに故障もありませんので大丈夫です」という言葉を信じて購入しました。

400km離れた中古車販売店だったのですが、帰路で助手席のパワーウインドウはあかない、フロントガラスに接着されていたルームミラーがもげてしまい、その反動でフロントガラスにひびが入る、ブレーキ―をかけるとガタガタと異様な振動が起きる、その後乗り続けましたが、最終的にはハイオク車なのにマフラーから黒煙が出てアイドリングが不調になるという最悪な経験をしました。

私はさまざまな車をみてきていますので現車確認をしていれば不具合は発見できましたし、このような事態にならなかったと後悔しています。

あなたも同じことにならないように現車確認は必ず行なってくださいね。

遠方での中古車購入の資金をつくる方法とは??

遠方で中古車を購入するとなると、車両本体価格や諸費用だけでなく、登録手続き代行手数料や陸送費用など、近場で車を買うときと比べると出費が増えます。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

今お持ちの車を買取業者に高価買取してもらうことで、中古車を購入するときにかかるお金をつくることができます。

一括査定サイトを利用することで、一番高く買取りしてくれる買取業者をみつけることができますので、ぜひ利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車がいくらになるか試しに見てみる(無料)

さいごに

今回は遠方(県外)で中古車を購入するときの買い方についてご紹介しました。

中古車を遠方で購入すると、近場で購入するときよりも出費が多くなることをお伝えしましたね。

中古車販売店が遠いほど陸送費用がかかってしまいます。

中古車を購入する際に必要な費用は、車の一括査定サイトを利用してつくってください。

今回の記事を参考に、あなたの条件に合った中古車の購入を前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「中古車を購入する予定だけど納品されるまでの流れはどうなるんだろう?」 「中古車を購入するにはどういう手続きが必要なの?」 何て疑問...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車の車検付きと車検なしと車検整備付の違いは?費用はどのくらい変わるの?

モデルチェンジで中古車は値下がりする?買い時なの?

中古車が走行距離不明なのはなぜ?改ざん?購入するのは危険なの?

中古車の買い方の手順はどうしたらいい?購入する流れは?

中古車の値引きの限界っていくらくらい?相場はどのくらい?

中古車で年式は古いのに走行距離は少ないのはなぜ?購入はおすすめ?