修復歴ありの中古車を購入するメリットやデメリットとは?

「中古車を購入しようかと検討しているけど修復歴ありの車ってどうなの?」

「修復歴ありの車を購入する場合のデメリットって何だろう?」

何て疑問はありませんか?

修復歴ありの車は事故等でフレーム部分が損傷したため、修理・交換した車のことをいいます。

中古車を選ぶときに修復歴の有無の表示があり、中古車の購入をお考えの方は必ずといっていいほど修復歴の有無については確認するでしょう。

修復歴ありの車は修復歴なしの車と比べると値段が安いところに魅力を感じます。

でも修復歴ありの車は問題なく乗ることができるのかが不安なところですよね。

今回は修復歴ありの車を購入するメリット・デメリットについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


修復歴ありの車を購入するメリット・デメリット

修復歴ありの車を購入するメリット・デメリットについて解説します。

修復歴ありの車とはどんな車なのか??

修復歴ありの車はフレーム部分を修理・交換した車のことをさしますが、具体的にいうと以下の9点を修理・交換した車のことを“修復歴あり”の扱いとしています。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

つまり「バンパーを縁石にぶつけて交換した」「ドアを壁にこすったので修理した」というように、フレーム部分でないところを修理・交換した車は“修復歴あり”の扱いにはなりません。

①~⑨の部分を修理・交換するくらいの事故は、かなりの大事故であったことが想定されます。

またフレームの修理・交換は事故によるものだけでなく、例えば前期型の車を後期型仕様につくりかえた車も“修復歴あり”の扱いになります。

なぜなら前期型の車と後期型の車ではボディ形状が異なるため、後期型仕様にするためには前期型のフレーム形状から後期型のフレーム形状に交換しなければならないからです。

まとめると修復歴ありの車は何かしらの形でフレームに手が加えられた車のことをさすのです。

「中古車を購入しようと思うけど修復歴ありの車があるけどどういう意味?」 「少しこすったのを直しただけでも修復歴ありの車になるの?」 ...

修復歴ありの車を購入するメリットとは??

修復歴なしの車より安い値段で購入することができる

修復歴ありの車の魅力は、なんといっても修復歴なしの車より安く車が購入できることです。

ここでは修復歴ありの車がどれほど安く購入できるかの一例を示しますね。

<車両情報>
メーカー・車種トヨタ・ 30 型プリウス S年式2010( 平成 22) 年式
積算走行距離50,000km総排気量1,800cc
ボディカラーブラック車検なし

世の中にはまったく同じ車は存在しないため、表の条件でほぼ同じ状態の車で比較してみました。

修復歴ありの車両本体価格は107万円なのに対して、修復歴なしの車は116~178万円となっています(Goo-net調べ・2018年5月現在)。

やはり修復歴ありの車は、修復歴なしの車より10万円以上安くなるときがあるのです。
“修復歴あり”といってもすべてのフレームを修理・交換しなければならないような規模の大きなものから、フレームにわずかな歪みが生じて修理しただけの車もあります。

軽度なフレームの損傷の場合は修理も大がかりなものではありませんし、走行に関してもほとんど問題はありません。

ただ中古車販売店に並んでいる修復歴ありの車をいくらチェックさせてもらったとしても、プロの中古車査定士でない限り修復歴を見抜くことは不可能ですし、プロの中古車査定士でさえフレーム修理・交換具合を見ただけでは、事故の規模まで見抜くことはできません。

だからといって中古車販売店の営業マンに「どれくらいの修復歴なのですか??」と聞いたところで、営業マンが正確な返答ができるわけではありません。

営業マンが車を修復歴ありの車を仕入れる場合も、どこに修復箇所があるかを確認する程度ですので、車の修復の箇所が多ければ「この車は修復箇所が多いからかなりの事故をしたんだな」と、予測の見解をもつ程度にとどまります。

もしこれが営業マンの店舗でお客様が新車購入した車で、ワンオーナー車で、メンテナンスや修理をすべて同じ店に任せていて、事故などの状況を詳しく知っている営業マンであれば話しは別ですけどね。

つまり修復歴ありの車を購入するメリットは値段の安さに尽きます。

安く修復歴ありの車を購入して、自分が車を手放すまで問題なく乗り続けることができたなら「いい買い物をした」と思えるでしょう。

修復歴ありの車を購入するデメリットとは??

修復歴ありの車は事故を起こした可能性が高い車ですので、いつ・どこで車にトラブルが起きるのかが不安要素になります。

車は新型になるほど安全装備や快適装備がついているように、車の構造そのものが複雑になっています。

1箇所をぶつけたような事故であってもその影響がどこに及んでいるかはプロの中古車査定士でも見抜くことはできませんし、車をひたすら走行させてみないとトラブルが出てこないケースもあるのです。

では修復歴ありの車を購入するとどのようなトラブルの発生が考えられるのでしょうか??

走行中のトラブル

修復歴ありの車のトラブルは、おもに走行中に確認できる場合が多いです。

おもなトラブルとして以下の6点があげられます。

①走行時に室内で異音発生
②走行時に室外で異音発生
③車がまっすぐ走らない
④タイヤが偏摩耗する
⑤制動時や加速時の性能に違和感
⑥ステアリング操作に連動した違和感

とくに③のように、修復歴ありの車はアライメントが狂っている可能性が高く、車がまっすぐ走らない症状が出てくると、とても安全な状態であるとはいえません。

その他のトラブル

走行中だけに限らず、以下のようにエンジンをかけている間に作動している電気系統ついてもトラブルが起きる場合があります。

箇所不具合
エアコン冷暖房が効かず風だけが出る
パワーウインドウスイッチを操作しても動かない、窓はあいたが閉まらなくなる
ドアロックキーレスを使ってドアロックの開閉ができない
サイドミラーサイドミラーが開かない、角度調整ができない
ライトライト・ウインカーがつかない、ライトがついたり消えたりする
カーナビナビがつかない、急に電源がオフになる
クラクションクラクションがならない、押し続けても音が飛ぶ場合がある

車を売るときに買取金額が低くなる

修復歴ありの車を中古車として売るときに、どうしても買取金額が低くなるのは避けられません。

中古車を売却するときには、その車が修復歴ありの場合は自己申告することが義務づけられていますし、仮に申告しなかったとすると、のちのちに中古車査定士に修復歴ありであることを見破られ、減額の対象になってしまいます。

もし修復歴ありの車を購入するのであれば、自分で乗り潰すことを前提に購入することをおすすめします。

「修復歴ありの車に乗っているんだけど買い取りだと値は落ちるよね?」 「修復歴ありとなしではどのくらい買取価格が違ってくるの?」 何て...

必ず車のトラブルが起きるわけではない

私も6年程、修復歴ありの車に乗っていましたが、修復歴から生じるトラブルはありませんでした。

時代を追うごとに車のフレームを修復する技術があがっており、ほとんど誤差のないフレーム修正が可能になっています。

それでもなかなか修復歴ありの車は買い手がつきません。
どうしても「修復歴あり=事故車を起こした車」という連想をしがちですし、修復歴ありの車は安全性にかけると思ってしまうため、多くの修復歴ありの車は海外へ輸出されることが多いです。

修復歴ありの車がトラブルを起こすかどうか車を乗り続けないと分かりませんし、中古車査定士も将来的にどの箇所がトラブルを引き起こすかまでは見抜くことはできません。

修復歴ありの車を購入するのなら、修理箇所は出てくる前提で購入する必要がありますね。

修復歴のある中古車を購入する際にチェックすべきところは??

修復歴ありの車は中古車販売店では、どの部分は修復されているかを問い合わせることができます。

どのような事故(災害)によっての修復歴かは分からないとしても、どの部分をどの程度修復したものなのかを確認し、少しのヘコミやわずかな修理のものであればお得な車といえます。

またフロントを中心とした足回りをチェックしておかなければ、車の基本である走る・曲がる動作が正常でない場合があります。

中古車販売店の営業マンに修復歴の現状をきちんと説明してもらうことも大切ですが、もし修復歴ありの車を試乗させてもらうことができるのであれば、必ず試乗しましょう。

試乗させてもらうことで先ほどご紹介した走行中の違和感を把握することができますからね。

もし中古車販売店の営業マンの説明を聞いても不安であったり、試乗して違和感がある場合は、その車の購入は避けたほうがいいでしょう。

修復歴ありの中古車を高価買取してもらう方法とは??

修復歴ありの車を購入した場合は、最後まで乗り潰すことをおすすめしました。

なぜなら修復歴の車を買取りにだしたところで高く買取りしてくれる業者が少ないからです。

しかし買取業者の中には人気車種であるなど、修復歴ありの中古車を高価買取してくれる買取業者もいます。

そのような買取業者を手っ取り早く探すために利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すれば、修復歴ありの車であっても高価買取してくれる買取る業者をすぐに見つけることができます。

「修復歴ありの車だからどこも高価買取してくれない…」と諦めていたあなた。

ぜひ一括査定サイトを利用して車を高価買取してもらってくださいね。

詳しくはこちらをご覧ください。

あなたの愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は修復歴ありの車を購入するメリット・デメリットについてご紹介しました。

修復歴ありの車には安く購入できるというメリットがありましたが、車の機関についてはデメリットがいくつかありました。

修復歴ありの車を購入する際は、中古車販売店の営業マンに十分な説明を受けて、可能であれば試乗させてもらって、違和感がないかをチェックしてから購入するべきです。

少しでも違和感や疑問があった場合は、車の購入は避けてくださいね。

今回の記事を参考に、修復歴ありの車のメリット・デメリットを理解していただいて、納得のいく中古車をみつけてくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「中古車を購入する予定だけど修復歴があるけど何かデメリットってあるの?」 「修復歴有の中古車を購入する時に注意することってある?」 ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

友人と中古車を個人売買する時の名義変更の手続きってどうしたらいいの?

中古車の車検付きと車検なしと車検整備付の違いは?費用はどのくらい変わるの?

中古車の買い方の手順はどうしたらいい?購入する流れは?

中古車の値引きの限界っていくらくらい?相場はどのくらい?

中古車の値引き交渉のコツってある?交渉しやすい時期ってあるの?

修復歴ありの中古車を購入する際の注意点とは?デメリットは何がある?