家族名義の車を下取りに出すことは可能なの?名義変更は必要?

 

「親名義の車があるんだけど下取りに出すことは可能なの?」

「親名義の車を下取りに出すには一旦名義変更が必要なのかな?」

何て疑問はありませんか?

車の名義は両親のいずれかになっていて、その車を子どもが使っているのはよくある話しです。

その車を子どもが下取りに出すことは可能なのでしょうか??

一度両親の名義から自分(子ども)の名義に変えなければいけないのでしょうか??

今回は家族名義の車を下取りに出すことは可能なのか、名義変更をしなければならないのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


家族名義の車を下取りに出すことは可能なのか??

家族名義の車を下取りに出すことは可能

あなたが家族名義の車を下取りに出すことは可能で、その際には以下のような書類をそろえなければいけません。

もし家族が遠方に住んでいる場合は、あなたに家族の書類を郵送してもらう時間を逆算しなければいけませんし、家族には役所に複数の書類の申請・取得してもらわければいけませんので、家族名義の車を下取りに出すのは時間がかかることを念頭においておきましょう。

必要書類軽自動車下取り時普通車下取り時
①車検証
②自賠責保険証明書
③リサイクル券
④軽自動車納税証明書
⑤自動車納税証明書
⑥所有者の認印
⑦所有者の実印
⑧所有者の印鑑証明書
⑨自動車検査証記入申請書
⑩委任状
⑪住民票
⑫譲渡証明書
⑬代理人の身分証明書

①は、この車検証があなた名義ではなく家族名義になっていますよね。

②は、これも基本的には家族名義になっているはずです。

もし家族名義になっていない場合でも自賠責保険証書に記載されている車台番号が間違いなければ有効な自賠責保険証書となります。

③は、家族名義の方が車を購入したときに発行または譲渡されているはずの券です。

④・⑤は、毎年4月1日時点で車を所有している方が納税しなければならない税金で、毎年5月31日までに家族の方が納めているはずの税金です。

⑥・⑦は、普通車は国に車を登録する「登録車」で、軽自動車は地方自治体に車を届け出る「届出車」ですので、同じ印鑑でも普通車の下取りで使用する印鑑は「実印」、軽自動車の場合は「認印」となっています。

これらはそれぞれ車検証名義人のものが必要ですので、家族名義人のものが必要です。

⑧は、⑦の実印のものが必要ですので家族名義人の方のものを準備してもらわなければいけません。

名義人の方に役所に出向いてもらい印鑑証明書を取得してもらいましょう。

役所は土日祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く平日の9時から17時に取得ができますが、この時間帯にいけない場合は、最近ではコンビニでも取得することができる自治体もありますので、名義人の方にアドバイスしてあげるといいですよ。
⑨・⑩は、ネットからダウンロードすることが可能ですし、最寄りの自動車販売店でももらうことができます。

⑪は、軽自動車の下取りの際は名義人の住民票が必要です。

また普通車の場合、家族名義人の方の印鑑証明書の住所または住民票の住所が、車検証の住所と一致していない場合は、前住所が把握できる住民票が必要になります。

住民票でも過去の住所がさかのぼれない場合は、戸籍謄本が必要になってきます。

よくある失敗パターンとして、家族に住民票・印鑑証明書を送付してもらったのはいいけれど、いざ手続きに出向いたときに車検証の住所が異なることが発覚したため、再度住民票や戸籍謄本を家族名義人に請求するという二度手間になってしまうことがあります。

名義人の役所で発行された名前・住所と、車検証の所有者の名前・住所が一致していることは見落としがないように確認してくださいね。

⑫は、家族名義人の方が記入しなければならない書類で、名義人の住所・名前の記入と実印を押す必要があります。

可能であれば家族名義人の方に譲渡証明書をネットからダウンロードしてもらい、名前・住所・実印の押印をしてもらったうえで送付してもらうと効率よく手続きを進めることができますよ。

⑬は、代理人の身分証明書は免許証や健康保険証で大丈夫ですので準備してくださいね。

家族名義人の車を下取りに出すのに名義変更は必要なのか??

先ほどご紹介したように、家族名義の車を下取りに出す場合は、1度あなたの名義に変更することなく、必要な書類をそろえることで、下取りに出すことができます。

必要な書類については、今あなたが乗っている車に積まれている書類も必要ですし、車の名義人になっている方の書類も必要ですので、書類が抜けていたり、不備がないようにすることが重要です。

下取りに必要な書類がそろえば、ディーラーまたは中古車販売店に書類を渡すことで、車の名義変更手続きを陸運局・軽自動車検査協会で行なってくれます。

ちなみにディーラーで車を下取りしてもらう場合は「下取り査定料」が必要で、査定料の相場は1~2万円程です。
また先ほどお伝えしたようにディーラー・中古車販売店は下取りした車を陸運局・軽自動車検査協会で名義変更手続きを行なうのですが、その登録を代行してもらうために「登録代行手数料」が必要で、代行手数料の相場は1万円程になります。

このように単に書類等をそろえて下取りができるのではなく費用もかかりますので、そのことも頭の片隅においといてくださいね。

車の下取りより買取り?余計な費用をかけずに車を手放す方法とは??

先ほどは車を下取りしてもらうときに、下取り査定料や登録代行手数料が必要であるとお伝えしました。

そのような費用を少しでもおさえたいという気持ちは誰にでもありますし、少しでも今乗っている車を高く買取りしてほしいと思いますよね。

そんなときは買取業者に車を査定・買取りしてもらうことをおすすめします。

買取業者に車を査定してもらうときは、基本的に「下取り査定料」はかかりません。

また買取業者によっては登録代行手数料を無料にしてくれるところもありますよ。

車を下取りしてもらうより車を買取りしてもらったほうが車を高く買取りしてもらえることをご存じですか??

買取業者はディーラーの下取りと比べると、メーカーオプション・ディーラーオプションをはじめ、あなたが装着した社外パーツも査定の対象に入れてくれます。

もし中古車査定士がプラス査定にしてくれなかったところについては、自分で中古車査定士にアピールするといいでしょう。

あなたの車を高価買取してくれる買取業者をみつけるためには、ネットを利用した「車の一括査定サイト(無料)」をおすすめします。

一括査定サイトはあなたの車を高価買取してくれる買取業者を紹介してくれます。

一括査定サイトに査定を依頼すると、複数の買取業者を紹介してくれますが、たくさん紹介してくれる買取業者では数十社も紹介してくれるのです。

紹介してくれた買取業者すべてに査定を依頼できるわけではありませんが、少しでも多くの買取業者に車を査定してもらうことで、車の買取金額が複数出てきますので、一番高く買取りしてくれる業者に車を買取りしてもらうといいでしょう。

車を買取りしてもらうと、買取金額があなたの銀行口座に振り込まれますので、次の車を購入する資金にあてることもできますし、次の車をカスタマイズするための資金にあてることもできますね。

下取り金額だけをみて車を引取りしてもらうのではなく、複数の買取業者に車を査定してもらって、総合的に車の買取金額を比較して売却先を決めましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は家族名義の車を下取りに出すことは可能なのか、名義変更をしなければならないのかについてご紹介しました。

家族名義の車であっても下取りに出すことは可能ですが、家族といえども自分名義の車を名義変更するわけではないので、車の名義人から印鑑証明書などさまざまな書類を集めなければなりません。

家族と頻繁に会うことができる距離であれば、家族に書類をもらいに行くなど行き来することは可能ですが、遠距離の場合は書類のやり取りを郵送で行なわなければなりません。

それだけでなく車検証の住所と、家族名義人の住所が異なっている場合は、本来下取りするのに必要な書類のほかに、前住所が記載されている住民票が必要であったり、場合によっては戸籍謄本が必要になりますので、書類が集まったからといって安心するのではなく、集めた書類と車検証の名前・住所などが一致しているのかの確認を必ず行なってくださいね。

書類に不備がなければ必要書類をディーラー・中古車販売店に提出することで、あとは自動車販売店が陸運局・軽自動車検査協会で登録手続きをしてくれますよ。

もちろん代わりに手続きしてもらうためには登録代行手数料が必要になります。

また下取りは買取りと比べると、高い金額がつかない傾向にありましたよね。
なぜなら下取りは「年式」「積算走行距離」「ボディカラー」などを中心にみており、あなたがお金をかけて購入したナビやホイールなどの社外パーツは評価の対象に含まれません。

それらを評価してもらうためには「買取り」を利用するべきで、車の買取りを希望するなら、ネットを使った「車の一括査定サイト」の利用をおすすめしました。

一括査定サイトを利用すれば簡単にあなたの車を高価買取してくれる業者を紹介してくれますよ。

しかも買取業者のほとんどが出張査定を無料でやってくれますし、登録代行手数料をとられることもありません。

つまり買取業者に車の買取りを依頼すれば無駄な手数料がかかることもありませんし、さらに車を高価買取してくれることを考えると、一括査定サイトを利用するべきですよね。

今回の記事を参考に、家族名義の車の下取りをやってみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

ディーラーは他社メーカーでも下取りはしてくれる?査定額は安くなるの?

NO IMAGE

下取り車の自動車税や自賠責は還付されるの?手続きはどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の下取り価格の見積もりをしてもらう際の注意点ってある?

車の下取りでETCを外すと評価は変わる?外しても問題ないの?

NO IMAGE

車の下取りと買取りの違いって何?メリット、デメリットを解説

NO IMAGE

車の下取り手続きや流れはどうするの?必要書類は何がある?