車の下取りと一緒にスタッドレスタイヤは買い取ってもらえるの?

 

「車の下取りをする時にスタッドレスタイヤも一緒に出したらプラス査定になるのかな?」

「車を下取りに出すときにスタッドレスタイヤってどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

これまで乗ってきた車を下取りに出す場合、その車に合ったスタッドレスタイヤをもっているのなら、合わせて売りたいという方が多いはず。

その理由は次に購入する車に、そのスタッドレスタイヤが装着できればいいですが、多くの場合は装着できない可能性が高いからです。

そうなるとスタッドレスタイヤも合わせて下取りに出したいところですが、下取り査定のときにスタッドレスタイヤも合わせて評価してくれるのでしょうか。

今回は、車の下取りと一緒にスタッドレスタイヤは買い取ってもらえるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を下取りしてもらう際にスタッドレスタイヤはプラス査定になるのか??

スタッドレスタイヤがある場合はプラス査定になるのか??

車を下取りに出す際に、スタッドレスタイヤがあったとしてもプラス査定になることは、まずありません

例えばノーマルタイヤを履かせていて、別途スタッドレスタイヤがあるからといってプラス査定になることもありません。

スタッドレスタイヤは雪道や凍結した道を走行するのに欠かせないものですし、ノーマルタイヤと比べると値段も少し高く設定されています。
それなのに、なぜスタッドレスタイヤは車の下取りのときにプラス査定にならないのか。

車を下取りするときはタイヤの残り溝が査定を影響するように、ノーマルタイヤであれ、スタッドレスタイヤであれ、タイヤの残り溝がない車・タイヤがひび割れしているような場合はマイナス査定になります。

また溝があるからといって、それがプラス査定にもマイナス査定にもなりません。

「せっかく別にスタッドレスタイヤをもっているのに…」と肩を落とされている方もいらっしゃるでしょう。

ただ積雪・凍結がみられる中古車販売店の場合は、スタッドレスタイヤをもっているとプラス査定してくれるところもありますよ。

プラス査定にならないスタッドレスタイヤはどうすればいいのか??

スタッドレスタイヤはノーマルタイヤとは違う構造になっており、タイヤ表面には発砲ゴムやオイルが使われているため、新品のスタッドレスタイヤを触るとそのゴムの柔らかさが分かると思います。

このゴムの柔らかさが雪面や凍結面に食いつくことで、車のすべりを防いでいるわけですが、このゴムの柔らかさは永久的に持続されるものではありません。

スタッドレスタイヤの寿命は3年といわれており、製造年より3年が過ぎるとゴムの硬化が始まり、本来のスタッドレスタイヤの効力が落ちてきます。

ゴムが硬化したスタッドレスタイヤは雪面や凍結面への食いつきが弱まり、非常に危険な状態になります。

ですので、不要なスタッドレスタイヤをおもちの方は、車を下取りするときに保管しておくのか処分するのかを決めなければいけません。

では具体的に不要になったスタッドレスタイヤをどうすればいいのかについてみていきましょう。

車の下取りするときに一緒に引取ってもらう

先ほどお伝えしたように、車を下取りする際にスタッドレスタイヤを査定に加えてもプラス査定には
なりませんが、残っていても邪魔になるだけとお考えの方は、一緒に引取ってもらうのは1つの方法です。

プラス査定にしてくれない理由は、ディーラーや中古車販売店は中古タイヤを販売しているわけではないので、転売して利益を得ることができないからです。

ただお客様からスタッドレスタイヤを引取ることで、下取りで入ってきた車を売りやすくするために「今ならスタッドレスタイヤがついてきます!」とアピールして車を売ります。

中古車販売店にとってはお得ですが、あなたにとってプラスはありません。

自分で保管しておく

車を下取りに出すということは、次に車を購入するということですので、もし次に購入する車に今もっているスタッドレスタイヤが装着できるのであれば、スタッドレスタイヤを自分で保管しておくといいでしょう。

もし次に購入する車が決まれば、タイヤのインチ・幅・扁平率が適正か、ホイールのインチ・オフセット・リム幅が適正かを調べてから、今もっているスタッドレスタイヤが装着できるのかを確認しましょう。

もし調べ方が分からない場合は、中古車販売店のスタッフやタイヤ専門店などで尋ねれば調べてくれますよ。

自分で他の場所で売る

先ほどお伝えしたように、スタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べると寿命が短いですので、この先使うことがないのであれば、早めに手放すことをおすすめします。

とはいっても業者にスタッドレスタイヤを処分してもらうとなると、廃タイヤ処理費用として1,200円以上取られますので、あなたが損しないように売るためには「自分で売る」といいでしょう。

中古車タイヤを買取りしてくれるところは、中古タイヤ専門店、中古カーパーツ店などで買取りしてもらうことも可能ですし、ネットオークションやネットショップをやっておられる場合は、そこに出品して売ることもできます。
価格に関しては自分で相場を調べる必要がありますが、高く売れるスタッドレスタイヤは「製造年から年数がたっていないもの」「残り溝が多いもの」「片べりしていないもの」です。

またブリヂストンなど、積雪・凍結の多い地域で装着率の高いスタッドレスタイヤはさらに高値がつく場合があります。

それらの条件に加えて、スタッドレスタイヤが高く売れる時期は10月下旬から12月上旬です。

この時期はタイヤ専門店などでも「早割り」を実施している店舗があるように、そろそろユーザーが冬支度をし始めるころです。

国内で早い地域ですと12月に入ると積雪・凍結が始まりますので、スタッドレスタイヤの需要も一気に加速します。

もし時期が合いそうであればこの時期に売ることをおすすめします。

タイヤ関連でマイナス査定になってしまうものとは??

スタッドレスタイヤは下取りの際にプラス査定になることはないとお伝えしましたが、タイヤ関連で補足すると、スペアタイヤ(パンク修理キット)がない車はマイナス査定になります。

基本的に新車購入時にスペアタイヤはついていますので、ラゲッジスペースの下や、車種よっては車の底・背面についていると思います。

もしスペアタイヤがない場合は15,000円程のマイナス査定になってしまいます。

また車にはスペアタイヤを脱着させるときナットを緩めなければいけませんし、車をあげるためにはジャッキが必要です。

それら必要最低限の車載工具も積まれていない場合はマイナス査定の対象になります。

車を下取りしてもらう前に、これらがそろっていることも合わせて確認しておいてくださいね。

もしない場合は、新たに自分で購入するとかえって高額になってしまいますので、そのままマイナス査定を受けることをおすすめします。

今乗っている車を少しでも高額に手放す方法とは??

これまでのお話しで車を下取りに出すときに、スタッドレスタイヤがあったとしてもプラス査定にならないことがご理解いただけましたね。

そのことを知って中にはショックを受けた方もいらっしゃるかもしれません。

スタッドレスタイヤが評価してもらえないのであれば、今乗っている車を高く評価してもらいましょう。

そのときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトでは、あなたの個人情報とお車の情報を入力するだけで、一括査定サイト運営会社があなたの車を高価買取してくれる買取業者を紹介してくれます。

複数の買取業者を紹介してくれますので、できるだけたくさんの買取業者に車を査定してもらって高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を売却しましょう。

一括査定サイトを利用すると、短時間に複数の買取業者から連絡がきますが、その連絡のときにおおよその買取金額を聞くことができます。

私が一括査定サイトを利用したときは、メールで最高買取金額相場を教えてくれるところが複数あり、上限の買取金額が低い業者には査定の依頼はしませんでした。

私もあなたと同じように少しでも高い金額で車を買取りしてほしかったからです。

査定依頼や査定後の買取りを断れば、しつこく電話してくる業者はほとんどいませんので、安心して一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる買取業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は、車の下取りと一緒にスタッドレスタイヤは買い取ってもらえるのかについてご紹介しました。

車を下取りしてもらう際に、残念ながらスタッドレスタイヤをもっていたとしてもプラス査定にはなりませんでした。
せっかく高いお金を出してスタッドレスタイヤを購入したわけですから、車の下取りのときにそのままスタッドレスタイヤを引取ってもらうのは非常にもったいないです。

スタッドレスタイヤを高く売るためにはネットオークション・ネットショップを使うことをおすすめしましたね。

もしくは中古タイヤ専門店、中古カーパーツ店で買取りしてもらうのも1つの方法です。

スタッドレスタイヤは寿命が短いですので、いらないことが分かった場合はすぐに売りましょう。

ただスタッドレスタイヤの需要は冬ですので、10月下旬から12月上旬に売ることができればお得にタイヤを手放すことができますよ。

さらに車の一括査定サイトを利用することで、これまでに乗ってきた車を高価買取してもらえば、車までお得に手放すことができますね。

今回の記事を参考に、スタッドレスタイヤは下取りに出すのは非常にもったいないことをご理解いただえればと思います。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「車の下取りでホイールが傷ついているけどこれも査定に影響するの?」 「タイヤにヒビが入っているけど下取りの際にマイナス査定になった...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

車の下取り額って何を基準に決めるの?価格を高くするコツってある?

ディーラーで下取り予定の車ってキャンセルはできるの?

NO IMAGE

車の下取りで年式や走行距離って査定に影響するの?

NO IMAGE

ディーラーで車の下取り額の交渉ってできる?方法はどうしたらいいの?

NO IMAGE

家族名義の車を下取りに出すことは可能なの?名義変更は必要?

ディーラーで故障車でも下取りってしてくれるの?