2人目の子供を機に車を買い替える場合に考えるべきことは何?

 

「もうすぐ2人目の子どもが生まれそう。2人目が生まれてくるとなると小さい車では窮屈に感じるか
な?車を買い替えるときに何を考えればいいんだろ??」

2人目の子どもが生まれてくるとなると、車の大きさや機能など、どのような車が適しているのかを考える必要が出てきます。

新生児を乗り降りさせるのは保護者ですから、保護者の負担のことも考えながら車を買い替える必要があるのです。

2人目の子どもができて車を買い替えるときは、どのようなことを考えるべきなのでしょうか??

今回は2人目の子どもを機に車を買い替える場合に考えるべきことは何なのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


2人目の子どもを機に車を買い替える場合に考えるべきこと

車が好きな方は、子どもが生まれるまでは自分の好きな車種に乗っていたと思いますが、2人目の子どもが生まれるとなると、車種によっては自分の車種に乗っていられなくなります。

子どものため、家族のために車を買い替えるときは、どのようなことを考えていけばいいのかみていきましょう。

2人目の子どもが生まれるときの車買い替えで備えておきたい2つの必須装備

2人目の車が生まれてくる場合に、まず目を向けるのが「車に装着されている装備」についてです。

子どもが生まれてくるからこそ、どのような装備が必要なのかについてご紹介します。

スライドドアは必須アイテム

子どもが生まれると、これまで徒歩で出かけられていたところでも、車を利用する機会が増えます。

子どもを乗り降りさせるのは保護者で、子どもを抱いていると両手がふさがっていることから、子どもを乗せやすい装備が必要です。

そんなときに「装備されていてよかった」と思うのがスライドドアです。

一般的な横開きのドアの場合、隣の車や壁にドアが当たらないように気をつかわなければいけませんが、スライドドアであればそのような気遣いはなくなります。

さらにスライドドアはドアの開口部がとても広いですので、子どもを乗り降りさせやすいですし、おむつなどの大きな日用品であっても楽々積み込むことができますよ。

スライドドアといっても、リモコン1つでスライドドアが広く電動スライドドアや、スライドドアの下に足を入れると自動でドアが開く「ハンズフリーオートスライドドア」がありますので、より便利にドアを開閉させることができます。

出かけるたびに子ども乗り降りさせるわけですから、保護者に負担が軽くなることは間違いないでしょう。

3列目シート装着車で快適なドライブを

2人目の子どもであれば4人が乗車できる車を選ぶといいですが、これからの家族計画を考えたときにさらに子どもが増えることを見越しておいてもいいでしょう。

そんなときは3列目シートが設定されている車を選ぶといいですよ。

4人家族であれば3列目シートは必要ありませんが、普段3列目シートを使わないのであれば、跳ね上げ格納しておけば、ラゲッジスペースとして使うことができます。

家族が4人であってもおじいちゃん・おばあちゃんも一緒に行動するとなると、3列目シートがあればみんなで移動することが可能です。
2人目の子どもが生まれるとなると、チャイルドシートを1席に載せなければいけません。

チャイルドシートの着用は2000年4月1日から道路交通法の改正によって義務化され、6歳未満の子どもは原則チャイルドシートに乗せることが義務づけられています。

チャイルドシートは子ども包み込むような形をしていますが、それは子どもを守るために考えられた設計をしているからです。

クッションにも厚みをもたせていますので、大人1人が乗る幅以上のスペースがなくなります。

家族全員がゆったり乗るためにも3列目シートがある車を選ぶことをおすすめします。

その他、子ども・家族を守るために搭載しておきたい装備

大切な子ども・家族を守るためにも、以下のような安全装備や快適装備が備わっていると、より安心したドライブができますよ。

自動ブレーキシステム

最近ではToyota Safety SenseやHonda SENSINGのように、各自動車メーカーで安全装備の技術はかなり向上しています。

安全装備の中でもとくに重宝したいのが自動ブレーキシステム。

あなたがいくら安全に運転していたとしても、ハンドルを握っている限り100%事故に遭わないわけではありません。

もしものために装備しておきたいシステムです。

空気清浄機

新しい型式の車になるほど、オプションの場合もありますが、空気清浄機が装備されています。

車の窓を開けるだけでも排ガスや粉じんなど、人の体に良くない物質が車内に入ってきます。

車内で過ごすときは綺麗な空気の中で過ごすためにも、空気清浄機があると嬉しいですね。

UVカットガラス

紫外線が当たりすぎると、最悪の場合発ガンすることも懸念されています。

とくに新生児は肌が軟弱であるため、紫外線の影響を受けやすいですので、そんなときに装備しておきたいのがUVカットガラスです。

UVカットガラスは紫外線を99%カットするものもありますので、日差しの強い日でもこのガラスがあれば安心して子どもを乗せることができますね。

2人目の子どもを機に車を買い替えるならどのような車種がおすすめか??

2人目の子どもが生まれるときは、先ほどご紹介したような装備が備わっている車種を選びたいものです。

ではどのような車種がおすすめなのか、その一例をみていきましょう。

運転のしやすさを求めるならトールワゴン

トヨタ・シエンタ、ホンダ・フリードのような車は、トールワゴンや小型ミニバンといわれます。

コンパクトながらも7人乗りの設定もありますので、チャイルドシートに子ども乗せても、十分な居住空間が得られます。

車のサイズそのものがコンパクトなため、運転が苦手な方にとっても操作しやすい車種ですよ。

ゆったりさ・快適さを求めるならミニバン

トールワゴンより広い車をお求めの方は、トヨタ・アルファード・ヴェルファイア、日産・エルグランドといったミニバンがおすすめです。
トールワゴンより車が大きいため、操作性には欠けますが、車内の広さは快適さそのもの。

スライドドアの開口部も大きいですので、子どもの乗り降りも楽々できますよ。

また普段3列目シートを使わないのであれば跳ね上げで格納しておくことで、広大なラゲッジスペースが現れます。

そのラゲッジスペースを利用すればかさばるおむつを安いときにまとめ買いしたり、ベビーベットを購入しても難なく載せることができますよ。

またミニバンは2列目・3列目シート付近にもエアコンの吹き出し口がありますので、快適な温度でドライブを楽しむことが可能です。

しかも車種によってはオットマンなどの快適装備が施されていますので、子どもが大きくなってからでも十分乗り続けることができるでしょう。

2人目の子どもが生まれた4人家族であればミニバンがあれば長時間のドライブでも体への負担は大きくありません。

2人目の子どもを機に車を買い替えるなら一括査定サイトの利用がおすすめ

これまで乗っていた車がセダンや軽自動車のように、2人目の子どもが生まれたときに利便性に乏しい車を乗っていては、子どもを乗り降りさせるだけでも負担が大きくなります。

またトールワゴンやミニバンに乗っておられた方も、2人目が生まれるときを機に、安全装備が充実した車に買い替えるのも1つでしょう。

車を買い替えるとなれば、次に購入する車の資金が必要になるため、できるならこれまで乗っていた車を高く売りたい…。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すれば、これまで乗っていたあなたの車を高価買取してくれる複数の業者を紹介してもらえます。
車の買取りを1社にしか依頼していない場合は、その買取金額が高いのか安いのか分かりませんよね。

仮に買取相場の金額をつけてくれたとしても、他の買取業者が少しでも高い金額を提示してくれた場合は、その買取業者に車を売るといいですよ。

このように車を買取り出す場合は1社だけでなく、複数の買取業者に車を査定してもらったほうが高く車を売ることができるため、一括査定サイトの利用をおすすめするのです。

これまで乗っていた車が高く売れれば、安全装備が搭載された車や快適な車に買い替えることができますね。

ぜひ一括査定サイトの利用をしてみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は2人目の子どもを機に車を買い替える場合に考えるべきことは何なのかについてご紹介しました。

子どもが生まれるとなると、スライドドアのように便利な装備がついていると子どもの乗り降りが便利ですね。

車内で快適に過ごすためには3列目シートがある車だと、チャイルドシートをゆったり載せることができますし、空気清浄機やUVカットガラスがついていると、車内にいる子どもを守ることができます。

また万が一の事故に備えて、安全装備を搭載しておくと大切な子どもや家族を守ることが可能です。

そのような安全装備・快適装備が搭載された車に買い替えるためには、これまで乗っていた車を高く売ることが求められます。

そんなときは車の一括査定サイトを利用して、車を高く買取りしてもらいましょう。

今回の記事を参考に、2人目の子どもを機に車を買い替える場合に、子どもが快適に車に乗れる環境を考えてみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の買い替えでETC車載機を付け替える手続きってどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替えを機に任意保険を切り替えたいけどどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替えは何年くらいが目安なの?一番お得な年数は〇年くらいです

NO IMAGE

車を買い替える場合、車庫証明の手続きや必要書類はどうしたらいいの?

NO IMAGE

車の買い替え時期は何月がおすすめ?〇月が一番おすすめです

NO IMAGE

車の買い替えでカーナビを付け替えるにはどうしたらいいの?