中古車もエコカー減税の対象に?取得税や重量税も安くなるの?

「中古車もエコカー減税の対象になるの?」

「エコカー減税になると取得税や重量税はどのくらい安くなるの?」

何て疑問はありませんか?

自動車を購入するときに一部の車で必要な「自動車取得税」と、車検のときに支払う「自動車重量税」に関しては、エコカー減税の制度によって税金が減税・免税されます。

中古車でもエコカー減税が受けられる車があります。

今回は中古車でもエコカー減税の対象になる車はどんな車か、自動車取得税や自動車重量税がどれくらい安くなるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


エコカー減税になる車はどんな車なのか??

まずはエコカー減税になる車について解説します。

エコカー減税とはどんな制度なのか??

エコカー減税とは「自動車重量税・自動車取得税の時限的減免」の通称で、国土交通省が定める排ガスと燃費の基準を満たす環境性能に優れた車を対象に、自動車重量税や自動車取得税を減免する制度のことです(租税特別措置法第90条の12)。

平成21(2009)年度に3年間の時限措置として導入され、平成24(2012)年度以降も期間を延長して実施されており、2018年5月現在も現役の制度となっています。

エコカー減税の対象になっているのは自動車重量税と自動車取得税で、これらの税金が減税の対象となっています。

エコカー減税の対象車とは??

最近ではたくさんのエコカーが販売されていますので、エコカー減税の対象車をすべて書き上げると莫大な分量になってしまいます。

ただエコカーと聞くと、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクア、日産・ノートなどの車種が思い浮かびますが、もちろんこれらもエコカー減税の対象車です。

ハイブリッド車をはじめ、電気自動車、燃料電池車なども当然のことながらエコカー減税の対象車になります。

中古車にもエコカー減税の対象車はあるのか??

エコカー減税の対象車は、新車・中古車に関係なく、エコカー減税の要件を満たしていればエコカー減税の対象車となります。

エコカー減税の対象車として満たすべき要件は、以下の2つです。

①環境基準

環境基準は、排ガス基準および平成27年度と平成32年度燃費基準の達成度合いで、エコカー減税を受けられるかどうかが決まります。

以下の表は車の種類ごとの排ガス規制と燃費基準をまとめたものです。

表に書かれてある基準を満たせば中古車であってもエコカー減税の対象となります。

種類排ガス規制燃料基準
電気自動車
燃料電池自動車
天然ガス自動車・平成 21 年排ガス規制 NOx10% 以上低減
・平成 30 年排ガス規制適合
上記 2 点のいずれかを満たすこと
プラグイン
ハイブリッド車
クリーン
ディーゼル車
・平成 21 年海ガス規制適合
・平成 30 年排ガス規制適合
上記 2 点のいずれかを満たすこと
ガソリン車
( ハイブリッド車含む )
・平成 17 年排ガス規制 75% 低減
・平成 30 年排ガス規制 50% 低減達成
上記 2 点のいずれかを満たすこと
・平成 27 年度燃費基準 +5% ・ +10% 達成
・平成 32 年度燃費基準達成 +10% 、 +20% 、+ 30 %、+ 40 %達成車
(2018 年度は+ 50 %もあり )
上記 2 点のいずれかを満たすこと

②適用期間

エコカー減税には適用期間があり、各税金で次のように定められています。

自動車取得税は、平成29年4月1日~平成31年3月31日までに購入した中古車に適用されます。

また自動車重量税は、平成29年5月1日~平成31年4月30日までに継続検査または登録を行なう中古車に適用されます。

①・②の燃費基準を満たしている中古車はエコカー減税を受けることが可能です。

登録後に一度も使用されていない未使用車も分類としては中古車になりますので、①・②の要件を満たす限り、エコカー減税を受けることができます。

中古車のエコカー減税による減税額の求め方

自動車取得税

自動車取得税は以下の流れで算出していきます

①自動車取得金額を求める
自動車取得金額課税標準基準額× 90%(0.9) ×残価率

購入する車の課税標準基準額は、財団法人地方財務協会発行の「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されていますので、地方の税事務所に問い合わせて知る必要があります。

残価率は以下の表を参考にしてください。

経過年数残価率残価率経過年数残価率残価率
( 普通車 )( 軽自動車 )( 普通車 )( 軽自動車 )
1 年0.6810.5624 年0.2150.1
1.5 年0.5610.4224.5 年0.1770
2 年0.4640.3165 年0.1460
2.5 年0.3820.2375.5 年0.1210
3 年0.3160.1776 年0.10
3.5 年0.2610.133
②自動車取得税を求める
普通車自動車取得金額× 3%(0.03)
軽自動車自動車取得金額× 2%(0.02)

①で、自動車取得金額を算出できれば、上の計算式を使えば自動車取得税を求めることができます。

なお自動車取得金額が500,000円以下の場合は非課税になりますので、自動車取得税を支払う必要はありません。

②で求めた自動車取得税から以下の条件にあてはまる車に関しては税金が控除されますが、2017年度と2018年度で適用条件が異なりますので、それぞれの表をのせておきますね。

<2017年度>

燃費基準エコカー減税
控除額
・電気自動車
・燃料電池自動車
・天然ガス自動車
( 平成 21 年排ガス規制 NOx10% 以上低減または平成 30 年排ガス規制適合 )
・プラグインハイブリッド車
・クリーンディーゼル乗用車
( 平成 21 年排ガス規制適合または平成 30 年排ガス規制適合の乗用車 )
・平成 32 年度燃費基準 +20 %達成車
450,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +30% または 40 %達成車450,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +20% 達成車250,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +10% 達成車150,000 円
・平成 32 年度燃費基準達成車50,000 円
・平成 27 年度燃費基準 +10 %達成車50,000 円
・平成 27 年度燃費基準達成車または +5 %達成車なし

<2018年度>

燃費基準エコカー減税
控除額
・電気自動車
・燃料電池自動車
・天然ガス自動車
( 平成 21 年排ガス規制 NOx10% 以上低減または平成 30 年排ガス規制適合 )
・プラグインハイブリッド車
・クリーンディーゼル乗用車
( 平成 21 年排ガス規制適合または平成 30 年排ガス規制適合の乗用車 )
・平成 32 年度燃費基準 +20 %達成車
450,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +40% または 50 %達成車450,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +30% 達成車350,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +20% 達成車250,000 円
・平成 32 年度燃費基準 +10% 達成車150,000 円
・平成 32 年度燃費基準達成車50,000 円
・平成 27 年度燃費基準達成車または +5 %達成車または 10 %達成車なし

電気自動車や燃料電池自動車のような次世代自動車は環境に優しいことから、減税額が大きくなっていることが分かります。

詳しくはこちらもどうぞ。

「中古車を購入予定だけど、車体価格以外に税金はいくらくらいかかるんだろう?」 「車購入時の取得税っていくらくらいかかるもんなの?」 ...

自動車重量税

自動車重量税のエコカー減税は、初回の継続検査(新車購入して3年後の1回目の車検)のときにも受けられます。

自動車重量税が免税となる中古車は、平成29年5月1日から平成31年4月30日の期間内に新車登録をしてエコカー減税の免税が適用された車です。

具体的には以下の表を参考にしてください。

種類排ガス規制燃費基準
電気自動車
燃料電池自動車
天然ガス自動車・平成 21 年排ガス規制 NOx10% 以上低減
・平成 30 年排ガス規制適合
上記 2 点のいずれかを満たすこと
プラグイン
ハイブリッド車
クリーン
ディーゼル車
・平成 21 年排ガス規制適合
・平成 30 年排ガス規制適合
上記 2 点のいずれかを満たすこと
ガソリン車
( ハイブリッド車含む )
・平成 17 年排ガス規制 75% 低減
・平成 30 年排ガス規制 50 %低減達成
上記 2 点のいずれかを満たすこと
< 2017 年度>
・ 1 回目の車検は、平成 32 年度燃費基準 +30 %達成車
・ 2 回目の車検は、平成 32 年度燃費基準 +40 %達成車

< 2018 年度>
・ 1 回目の車検は、平成 32 年度燃費基準 +40 %達成車
・ 2 回目の車検は、平成 32 年度燃費基準 +50 %達成車

ガソリン車の燃費基準をみると、年々エコカー減税の適用条件が厳しくなっていることが分かります。

1回目の車検時の自動車重量税には他にも「75%」「50%」「25%」減税がありますが、2回目の車検以降は本則税率が適用されます。

本則税率を含め、自動車重量税のエコカー減税に関しては以下の表をご覧ください。

<普通車継続検査時2年自家用>
エコカー減税適用
エコカー減税適用外
車両
重量
免税
対象車
50% 減エコカー
( 本則税率 )
エコカー以外
右記以前
※ 13 年経過
※ 18 年経過
~ H28.3.31H28.4.1 ~
~ 0.5t0 円
( 免税 )
2,500 円5,000 円8,200 円10,800 円11,400 円12,600 円
~ 1t5,000 円10,000 円16,400 円21,600 円22,800 円25,200 円
~ 1.5t7,500 円15,000 円24,600 円32,400 円34,200 円37,800 円
~ 2t10,000 円20,000 円32,800 円43,200 円45,600 円50,400 円
~ 2.5t12,500 円25,000 円41,000 円54,000 円57,000 円63,000 円
~ 3t15,000 円30,000 円49,200 円64,800 円68,400 円75,600 円

※新車登録時からの経過年

<軽自動車継続検査時2年自家用>

エコカー減税適用
エコカー減税適用外
免税
対象車
エコカー
( 本則税率 )
エコカー以外
右記以前※ 13 年経過※ 18 年経過
0 円 ( 免税 )5000 円6600 円8200 円8800 円

※新車登録時からの経過年

エコカー減税を考慮したうえでどんな中古車がおすすめか??

今の日本政府は古い車はエコではないという考えが強く、古い車に対するエコカー減税の要件が厳しくなっていることがお分かりいただけたことでしょう。

確かに新型の車はエコに十分配慮された車ですし、日本政府としても日本の自動車産業の向上させるために、中古車のエコカー減税を厳しくして、新車に買い替えてもらおうという流れを作っている背景もあります。

地球環境を守ることが重要視されている今、環境に優しい車を利用することは言うまでもありませんね。

では中古車ではどのような車がおすすめなのでしょうか??

2018年5月の段階では、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車をおすすめします。

なぜなら電気自動車やプラグインハイブリッド車となると、家に充電する場所がなければ充電できませんし、わざわざ充電するためにディーラーに出向くのも大変です。
また燃料電池車としてトヨタ・MIRAIがありますが、MIRAIは新車車両本体が約723万円もしますし、2018年5月現在のMIRAIの中古車を検索すると、車両本体価格が339~465万円と高額であることから、ガソリン車との維持費と計算すると、しいてMIRAIを所有する意味もありませんね。

そう考えると、ガソリン代や軽油代がかかったとしても、その燃費が良いハイブリッド車やクリーンディーゼル車を購入することが賢明でしょう。

中古車のエコカーの購入代金を少しでも得る方法とは??

エコカー減税を受けられる中古車だと車の購入資金をおさえることができますが、それでもエコカー減税の対象になる車は何十万~何百万円もします。

そのような高額な中古車を購入するときは、今乗っている車を「車の一括査定サイト(無料)」を利用して、高価買取してもらうことで、中古車の購入資金を得ることができます。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車を買取りたい複数の買取業者が連絡をしてきます。

連絡をしてきた買取業者に車を査定してもらい、一番高く買取してくれる買取業者に車を買取ってもらうことで、エコカー減税を受けられる中古車の購入資金にあてることができますね。

車を買い替える際は、ぜひ車の一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は中古車でもエコカー減税の対象になる車はどんな車か、自動車取得税や自動車重量税がどれくらい安くなるのかについてご紹介しました。

中古車でも自動車取得税や自動車重量税が免税または減税される車はたくさんありますので、免税・減税になる要件については、今回の記事を十分にお読みくださいね。

自動車取得税のように計算式がいくつかの段階に分かれているものもありますが、計算式通りに計算していただければ算出することができますので、一段階ずつ計算してくださいね。

エコカー減税を受けられる車でおすすめなのは、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車です。

今回の記事を参考にエコカー減税を受けられる車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「エコカー減税って何の?」 「エコカー減税があるとどのくらい得するの?」 「エコカー減税っていつまで続くの?」 そのような疑問...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車の手付金の相場はいくら?キャンセルしたら返金してもらえるの?

新車と中古車では年間維持費どのくらい違うの?計算し比較しました

NO IMAGE

維持費が高いので車を処分したいけど何からしたらいいの?

NO IMAGE

車の売却益に税金はかかるの?確定申告は必要なの?

中古車のリサイクル料金って何?いくらかかるの?いつ支払うの?

NO IMAGE

車検切れの中古車があるけど廃車にするしかないの?費用はどのくらいかかる?