車検切れの中古車があるけど廃車にするしかないの?費用はどのくらいかかる?

 

「車検が切れて乗らなくなった車があるんだけど廃車にするしかないのかな?」

車検切れの中古車は継続して乗り続けたり、廃車にしたりすることができます。

車をどうするかによって手続きが異なりますし、かかる費用も異なります。

今回は車検切れの中古車は廃車にするしかないのか、費用はどれくらいかかるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車検切れの中古車は廃車にするしかないのか??

車検が切れた中古車はもちろんのことですが公道を走ることができません。

このような車は廃車にするしかないと思われがちですが、廃車以外にどのような行く末があるのかについてみていきましょう。

車検を受ける

車検が切れていて継続して同じ車に乗り続ける場合は、継続車検を受けることで、再度車に乗ることができます。

車検の受け方は、自分で陸運局へもっていきユーザー車検を受けるのか、ディーラーや陸運局指定工場で車検を受けるのかを選ぶ必要があります。

陸運局でユーザー車検を受けるにしても、ディーラーや指定工場で車検を受けるにしても、車検が切れている車が公道を自走させることはできません。

車検切れの車を公道で走らせるための条件としては、自賠責保険に加入していること、仮ナンバーが装着されていることが大前提となります。

車検が切れていても自賠責保険の残り期間がある場合は、その保険を使い続けることができますので、一度自賠責保険証書で保険期間を確認しましょう。

仮ナンバーについては、市区町村役場で発行してもらうことができますので、自賠責保険証書をもって役場に出向いてください。

仮ナンバーは役場の5営業日期間が有効で、発行手数料は750円程です。

もしディーラーや指定工場で車検を受ける場合は、車をレッカー車で引取りに来てくれる場合がありますので、一度問い合わせてみてくださいね。

ではユーザー車検とディーラー・指定工場車検の違いを簡単に説明しておきますね。

ユーザー車検

ユーザー車検は、自分で車を陸運局に持ち込んで、陸運局内の検査場で検査を受けるものです。

検査料は普通車の場合で1,800円ですので、かなり安く車検を受けることができます。

車検に合格すれば、24ヶ月の自賠責保険、24ヶ月分の自動車重量税、場合によっては自動車税を納めることで車検を取得することができます。

あなたが陸運局に出向いたり、陸運局で書類を書かなければいけませんが、車検費用を安く抑えられるのが特徴です。

ディーラーや指定工場での車検

ディーラーや指定工場で車検を受ける場合は、車検がない車であれば車を引取りにきてもらわなければいけませんので、引取りが可能かを相談しましょう。
レッカー車などで引取りしてもらう場合は、レッカー費用が必要になる場合はあります。

ディーラーや指定工場で車検を受ける場合は、基本整備手数料や24ヶ月法定点検費用が必要です。

ここがユーザー車検と違うところで、車種より料金は異なりますがこれらの手数料や点検費用だけで1万円以上はかかります。

またユーザー車検と同じように24ヶ月の自賠責保険料や自動車重量税も必要になります。

ディーラーや指定工場の営業マンが陸運局での手続きも行なってくれますので、あなたは車を預けるだけですべての手続きを完了させてくれるのが特徴です。

車を廃車にする

車検が切れたことを期に、車検を通さずに車を廃車にする方法があります。

車を廃車にする方法はいくつかありますので、どのような方法があるかをご紹介しますね。

解体業者に車の解体を依頼する

車を廃車にする場合は、車の解体業者に車の解体を依頼する方法があります。

解体業者に車を解体してもらう場合はリサイクル券が必要です。

リサイクル券を紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページ(http://www.jars.gr.jp/)から、リサイクル税の預託状況を確認し、その確認ページを印刷することでリサイクル券の代わりになります。

リサイクル券があると車の解体料金は無料ですので、あなたが解体費用を支払うことは基本的にありません。

また最近では解体業者が廃車にする車を買取ってくれますので、解体業者があなたに軽自動車であれば1万円程度、普通車であれば3万円程度で買取りしてくれるケースも見受けられます。

解体業者は車を解体したあとに「使用済自動車引取証明書」を郵送してくれますので、あなたはこの証明書をもって、陸運局で永久抹消登録手続きを終えれば、車の廃車手続きは完了します。

ちなみにほとんどの解体業者はレッカー費用を無料にしていますので、タダで車を引取ってくれます。

廃車買取業者に車を引取りしてもらう

最近では廃車する車を専門に買取りしている「廃車買取業者」がみられます。

例えばカーネクストや廃車王は、テレビCMやネット広告などで宣伝しているのを目にしますよね。

これらの廃車買取業者は、車を引取りするときのレッカー費用は無料ですし、それ以外に陸運局で行なう永久抹消登録手続きの代行手数料も無料にしているところがほとんどですので、あなたが費用負担することなく車を廃車することができるのです。

また廃車買取業者は解体業者より車を高く買取りしてくれるのが最大の特徴です。

廃車買取業者は廃車する車をきちんと査定して、買取金額をつけてくれます。

何十万円の買取金額がついたという例もたくさんありますので、車検切れの車を廃車にする場合は、廃車買取業者に頼るのも1つの方法です。

車検なしのまま車を買取りに出す

車検切れの車であっても、中古車販売店に買取りしてもらうことが可能です。

中古車販売店も車検のない車は無料で引取りにきてくれる店舗がほとんどです。

多くの方が車検のない車は買取りしてもらえないとお思いですが、中古車販売店は車検がない車でも買取りをしてくれます。

車検がない車のほうが「きちんと車検をつけて車を売りますよ」というふうにセールスできます。

もちろん車検費用や整備費用を車両本体価格に上乗せすることができますので、買取業者からすると車検がない車であっても積極的に買取りをしてくれるのです。

買取業者に車を買取りしてもらうときは、レッカー費用だけでなく、名義変更代行手数料なども無料ですので、基本的にあなたが支払う費用はないでしょう。

あなたの車が人気車種であったり、オプションパーツや社外品パーツがたくさん装着されている車であると高く買取りしてもらえる可能性が十分にありますよ。

車検切れの車を手放すときにかかる費用のまとめ

これまでに車検切れの車を手放す方法をいくつかご紹介しましたが、どれくらいの費用がかかるのかをまとめておきますので参考にしてくださいね。

レッカー費用自賠責保険料 (24 ヶ月 )自動車重量税 (2 年分 )
①ユーザ車検0 円普通車; 25,830 円
軽自動車; 25,070 円
車の重量により異なる
②ディーラー車検5,000 円程度
③指定工場車検0 円
④解体業者0 円0 円0 円
⑤廃車買取業者0 円
⑥買取業者0 円

①は、レッカー費用はかかりませんが、仮ナンバーの交付手数料として750円程が必要です。

②は、レッカー費用は場合によっては不要なときもありますし、5,000円以上の費用がかかる場合があります。

③~⑥は、基本的にレッカー費用は不要ですが、業者によっては請求される場合がありますので確認する必要がありますね。

④~⑥は、車を査定してもらうことで買取金額がついた場合は、あなたに現金が入ってきますよ。

車の車検が切れたとしても廃車以外に車検を通す方法がありますし、車の行く末によってかかる費用が異なりますので、先ほどの表で確認してくださいね。

車検切れの中古車を高価買取してもらう方法とは??

車検が切れた車であっても、車を廃車にする必要はなく、買取業者によっては高く買取りしてくれる場合があります。

とはいっても、どこの買取業者が車を高く買取りしてくれるかが分かりませんよね。

そんなときに利用をおすすめするのは、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。
一括査定サイトに登録されている買取業者は、車検切れの車であっても高く車を買取りしてくれます。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車を買取りたい業者があなたに連絡をしてきます。

1社だけではなく複数の買取業者が連絡してきますので、最初は応対するのに大変かもしれませんが、たくさんの買取業者があなたに連絡をしてくるということは、それだけ買取金額を比較できるということです。

具体的な買取金額を提示してもらうためには、車を査定してもらわないといけないため、中古車査定士が訪れるたびに応対する必要がありますが、1つでも多くの買取業者に車を査定してもらうことであなたの車の価値が見いだせます。

一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を売却することで、お得に車を手放すことができますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

車検切れの車を高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車検切れの中古車は廃車にするしかないのか、費用はどれくらいかかるのかについてご紹介しました。

車の車検が切れたからといって、簡単に車を廃車にするのはもったいない場合がありますので、まずは継続車検を受けることを考えてみてください。

しかし車検が切れたときに車の買い替えを考える方が多いのも事実です。

車を買い替える場合は、今まで乗ってきた車を売却しなければいけませんので、そんなときは車の一括査定サイトを利用して車を高く買取りしてもらいましょう。

車を廃車にすることは簡単ですが、記事でもご紹介したように車を廃車にすると数万円でしか車を買取ってもらうことができません。

とくに車に不具合がない場合は、やはり車の買取りを優先して考えるべきですね。

今回の記事を参考に、車検切れの車をどのようにしていくのか、それぞれの方法でどれくらいの費用が必要なのかについて知ったうえで検討してみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

新車と中古車では年間維持費どのくらい違うの?計算し比較しました

NO IMAGE

維持費が高いので車を処分したいけど何からしたらいいの?

購入前に確認!中古車の取得税はいくら?計算方法を解説

中古車の手付金の相場はいくら?キャンセルしたら返金してもらえるの?

中古車のリサイクル料金って何?いくらかかるの?いつ支払うの?

NO IMAGE

車の売却益に税金はかかるの?確定申告は必要なの?