軽自動車の車検に必要な書類って何?

 

「軽自動車の車検を受けようと思うんだけど必要な書類って何があるの?」

「軽自動車の車検の書類ってどこに出せばいいの?」

何て疑問はありませんか?

車検を受ける場合は単に車を車検場にもっていくだけではなく、何点か必要なものがあるためそれらをそろえる必要があります。

せっかく車は車検を受けられる状態になっているのに、書類上の不備や忘れ物があっては車検を完了させることができません。

もし自分で車検を通すために陸運局へ出向いたとしても、忘れ物があっては家に取りに帰るなど、余計な時間がかかってしまいます。

そうならないためにも今回の記事では軽自動車の車検のときに必要なものについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


軽自動車の車検を受けるために必要なものとは??

軽自動車の車検を受けるときに必要なものは、あらかじめ自分で準備しなければならないものと、陸運局へ行ってから手に入れるものがあります。

ここでは陸運局へ行く前に準備しておくもの、陸運局で手に入れるものに分けてまとめておきます。

陸運局へ行く前に準備しておくもの

①自動車検査証(車検証)

車の車検証は基本的に車内に保管されていますので、すぐに準備できますね。
もちろんのことですが車検証はコピーは不可ですので原本を準備しましょう。

②使用者の印鑑

車検証に「使用者」の欄があり、そこに記載されている方の印鑑が必要です。

個人の名前の場合は認印または署名を、法人の名前の場合は代表者印または署名が必要です。

③軽自動車税納税証明書

軽自動車税は市区町村において課税しています。

もし軽自動車税納税証明書が手元にない場合は、市区町村にて交付を受ける必要があります。

もちろん軽自動車税納税証明書は原本が必要でコピーは不可です。

軽自動車税納税証明書に記載されている有効期限を確認し期限内のものを準備しましょう。

軽自動車税納付書と、同封されている納税証明書は、軽自動車税を滞納していたり、領収印のないものは使うことができませんのでご注意ください。

④自動車損害賠償責任保険証明書または自動車損害賠償責任共済証明書

いわゆる自賠責保険証書のことです。

自賠責保険は強制保険であるため、公道を走るときには必ず加入しておく必要がありますし、車検証の有効期間のすべてと重複する保険期間のものが必要です。

また自賠責保険証書の有効期間が、車検を受けられる時点で残っている場合は、その自賠責保険証書も準備しておきましょう。

ただ平成29年4月から自賠責保険証書が電子化されることとなりました。

電子化された自賠責保険証書の情報が登録情報処理機関に提供された場合は、自賠責保険証書を提示する必要はありません。

⑤点検整備記録簿

これまでに12ヶ月法定点検または24ヶ月法定点検を受けられた場合に、車屋さんから点検整備記録簿を受け取っているはずですので、もし点検整備記録簿をおもちの場合は陸運局へ持参しましょう。

⑥その他必要に応じて用意するもの

放置違反金等を滞納して国家公安委員会より督促を受けた車の使用者は、継続検査時に放置違反金を納付したこと、または徴収されたことを証する書面を用意する必要があります。

⑦保安基準適合証

指定自動車整備事業者から、保安基準適合証の交付を受けた場合に必要となります。

陸運局に車を持ち込んで検査を受ける場合は必要ありません。

保安基準適合証は平成29年4月から保安基準適合証が電子化されることとなりました。

電子化された保安基準適合証の情報が登録情報処理機関に提供された場合は、提出する必要はありません。

⑧申請手数料

陸運局のレーンで車検を受ける場合は、以下の申請手数料が必要になります。

申請の種類
申請手数料
持込検査1両につき1400円
限定自動車検査証の提出があり
限定保安基準適合証の提出がない自動車の持込検査
1両につき1200円
保安基準適合証の提出がある自動車の検査1両につき1100円
限定自動車検査証
および限定保安基準適合証の提出がある自動車の検査
1両につき1100円

陸運局で手に入れるもの

①継続検査申請書(軽第3号様式または軽専用第2号様式)

陸運局のレーンを通して車検を受けるときは軽第3号様式または軽専用第2号様式の継続検査申請書に以下の項目を記入します。

<軽第3号様式>

・車両提示
・車両番号
・車台番号
・走行距離計表示値
・申請者氏名と押印
・申請者住所
・申請年月日

<軽専用第2号様式>

・車両提示
・車台番号
・申請者氏名と押印
・申請者住所
・受検者氏名または名称
・受検者住所
・申請年月日

②自動車重量税納付書

陸運局の自動車重量税印紙販売窓口で自動車重量税額に相当する金額の印紙を購入します。

自動車重量税額(2年間分)は以下の通りです。

・初度検査年から18年経過した車の場合は8800円
・初度検査年から13年経過した車の場合は8200円
・上記以外の場合は6600円

エコカー減税対象の場合はさらに減税された額になります。

自動車重量税納付書には以下の項目を記入します。

・申請年月日
・使用者の氏名または名称
・使用者の住所
・車両番号または車台番号
・車検証の有効期間
・自家用事業用の別
・納付税額

③軽自動車検査票

陸運局のレーンで車検を受けるときに必要です。

軽自動車検査票には以下の項目を記入します。

・検査年月日
・車両番号
・車台番号
・原動機型式
・検査車両の走行距離
・受検者氏名
・受検者連絡先

軽自動車の車検を楽に行なう方法とは??

車検代行業者に依頼する

先ほどご紹介しましたように、軽自動車を陸運局のレーンを通して車検を通すと、陸運局で3つの書類を手に入れて、自分で記入して車検を通さなければいけませんでした。

自分で車検を通す場合は、書類の記入や車を持ち込むところまで、すべて自分でやらなければいけません。

陸運局で手に入れる書類を自分で書く場合は、陸運局にある記入例をみれば完成させることはできますが、書類の記入に慣れていないと20~30分程の時間がかかってしまいます。

また陸運局のレーンで車検を通す場合、11の箇所について点検が行なわれます。

もし1箇所でも点検に合格できなければ、不合格になった箇所を修理・交換して、再検査を受ける必要があります。

それらの負担を解消するためには車検代行業者に車検を依頼するといいでしょう。

自分で陸運局のレーンを通して車検を受けた場合、問題なく車検に合格すると法定費用のみの35000円程で車検は完了します。

車検代行業者に車検を依頼すると、代行手数料で10000~30000円程で車検を代行してくれます。

自分で陸運局に出向く時間がなかったり、車検を通すための手続きや書類作成を任せたい場合は車検代行業者に依頼するといいでしょう。

思い切って車を買い替える

陸運局で車検を受ける場合は11箇所の項目に合格しなければいけません。

もし不合格になればその箇所を修理・交換しなければならないため、どうしても費用がかさんできます。

車検代行業者に車検を代行してもらうとなると、なおさら費用がかさみます。

車検項目に不合格となった場合に、その箇所を修理・交換する費用を計算してみると、かなりの高額になることもあります。

その場合は無理に車検を通す必要はなく、車を買い替えることも視野に入れてもいいでしょう。

車を買い替えるということは車検を楽に行なうどころか、車を車検に通す必要すらありません。

「でもそんな簡単に買い替えるって言っても、購入資金があるわけではないし…」と思われた方は、ネットの車の一括査定をご利用してみてはいかがでしょうか。

車の一括査定サイト(無料)」を利用すると、一括査定サイト運営会社があなたのお住まいの近くにある買取業者を紹介してくれます。
紹介してもらえる買取業者は1社だけではなく、複数の買取業者を紹介してくれますので、どこの買取業者がいくらの買取金額をつけてくれるのかを知ることができます。

一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうと、次の車の購入資金にあてることができますよね。

もし車検が面倒だったり、車検費用がかさむのはいやだという場合は、車の買い替えを考えるのも1つの手段ですね。

さいごに

今回は軽自動車の車検のときに必要なものについてご紹介しました。

陸運局へ出向く前に準備しなければならないものは、忘れ物がないように準備しましょう。

陸運局で手に入れる書類に関しては、陸運局におかれている記入例をみながら書類を完成させる必要があります。

ただ陸運局で書類を完成させるとなると20~30分程の時間を要しますし、車検で不合格の項目が出た場合は、その箇所を修理・交換してから再検査を受ける必要があります。

もし陸運局での書類作成が面倒であったり、車検の項目で不合格となり、修理・交換費用が高額になる場合は、車を買い替えるのも1つの手段だとお伝えしました。

今ではネットを利用して「車の一括査定サイト(無料)」を使えば、一括査定サイト運営会社があなたのお住まいの近くにある買取業者を紹介してくれます。

1社だけではなく複数の買取業者を紹介してくれるので、一番高く買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうと、次の車の購入資金にあてることができますね。

車検を通すタイミングは、継続して車検を通すのか、それとも車を買い替えるのかを考えさせられる時期でもあります。

今回の記事を参考に、軽自動車の車検のことについて考えていただき、継続車検を受けられるのか、車を買い替えるのかをご検討ください。

詳しくはこちらをどうぞ。

愛車がいくらで買い取ってもらえるか試しに見てみる(無料)

関連記事になります。合わせてご覧ください。

参照:軽自動車の車検費用の平均ってどのくらいなの?

参照:軽自動車の車検期間は?10年以上になる毎年になる?買い替えのタイミングはいつ?

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

軽自動車の移転抹消手続きはどうしたらいい?必要な書類は?

軽自動車の法人の名義変更はどうしたらいい?必要な書類は?

軽自動車の名義変更に必要な書類は?費用は?書き方はどうしたらいいの?

軽自動車の一時抹消手続きはどうしたらいい?必要な書類は?

軽自動車の車検期間は?10年以上だと毎年になる?買い替えのタイミングはいつ?

軽自動車の車検費用の平均ってどのくらいなの?