ディーラーで下取り予定の車ってキャンセルはできるの?

「ディーラーで新車を購入するから今まで乗っていた車を下取りに出す予定なんだけど…、下取りをキャンセルしたい場合は受け付けてくれるのかな??」

ディーラーで新車を購入するときに、これまで乗ってきた車をディーラーに下取りに出す方が多いでしょう。

ただ急にディーラーに車を下取りに出すのではなく、他の方法で車を手放したいとなったときに、ディーラーに伝えていた下取りをキャンセルすることはできるのでしょうか??

今回はディーラーで下取り予定の車はキャンセルできるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


ディーラーでの下取りをキャンセルすることは可能なのか??

下取りの契約直後であればキャンセルは可能

ディーラーで新車を購入し売買契約を交わす際に、車を下取りに出す場合は下取りの契約も合わせて交わすことになります。

契約を交わすということは数枚の書類に署名したり、押印をするわけですが、それらの書類を提出していたとしても、契約直後であれば下取りの契約をキャンセルすることは可能です。

せっかくお客様に新車を購入していただいたのに、キャンセルを拒否しにくいのでしょうか。

もちろん契約をキャンセルするわけですから、なぜキャンセルするのかは聞かれます。

このときに「他でもっと高く買取りしてくれるところがあるから」というのが本心であっても、それは言葉に出さないことをおすすめします。
それではディーラーの営業マンも納得がいかないでしょうし、今後の人間関係を保つ意味でも「他に車を譲るところができた」というような理由が望ましいですよ。

キャンセルが難しくなる場合もある

あなたが新車を購入する際、少しでも安く購入したいため値引交渉を行なうとします。

新車の値引きの限界金額が20万円だとして、あともう一歩…、30万円まで値引きしてほしいとしましょう。

あと10万円の値引きをしてもらうために販売店側が出してくる案として、これ以上の値引きはできませんが、車の下取り金額を10万円プラスして合計30万円の実質値引きを提案してくることがあります。

つまり下取りする車の値引金額をプラスしてもらっているうえに、新車の購入金額が実質30万円値引きされることまで決まっているわけですから、ここまで話しが進んでいるとキャンセルできる可能性は低くなります。

この流れのままあなたが30万円引きの状態のまま新車を購入できて、ディーラーは下取りする車が手に入らないとなると、ディーラーは10万円損することになりますからね…。

この場合は、一度ディーラーの営業マンに相談してみるしかありませんね。

ディーラーに車を引渡したあとはキャンセルができない

ディーラーは下取りの契約をしたあとに車を引取ってくれます。

車を引取りするタイミングですが、基本的に新しい車が納車されるのと引き換えに車を引取ります。

また車検が切れるタイミングで新車を購入した場合は、すでに車をディーラーに引き渡している方がいらっしゃると思いますが、この場合は車をディーラーに渡してしまっているため、キャンセルができないときがあります。

例えばあなたの名義だった車が、ディーラーに名義変更されていたり、一時抹消登録の手続きが完了している場合は、キャンセルはできないとお考えください。

もしキャンセルするなら、まずはすぐにディーラーに連絡をしてください。

ディーラーの手続きが早い場合は、下取りしたあとすぐに業者オークションにかけるところもあります。

下取りした車をいつまでも手元においておいたとしてもスペースをとるだけですし、良い売却先が見つかったらすぐに売却されていきます。

キャンセル料はかかるのか??

ディーラーで下取りをキャンセルした場合にキャンセル料がとられることはありません。

しかし買取業者で中古車を購入するときに車を下取りに出し、その下取りをキャンセルした場合はキャンセル料をとられる場合があることを知っておいてください。

なぜなら買取業者は車を下取りするまでに、出張査定や車の引取りに伺った際の人件費やガソリン代がかかっています。

さらに車を転売するために名義変更手続きをしていますし、車を保管しておくためのスペースも確保しています。

転売のために洗車費用や車内クリーニング代金なども発生しているのです…。

これらの費用が発生していることは事実で、1つずつの費用がいくらかかっているかは買取業者によりますが数万円かかっていることは間違いありませんし、キャンセル料の費用相場としては2万円程だといわれています。

ここで抑えておいてほしいのは、買取業者が車を下取りしてから転売するためにかかっている費用は「数万円」であることです。

悪徳な買取業者はキャンセル料として数十万円を請求してくるところがありますし、キャンセル料を支払わなければ車が返ってこないというケースがあります。

実際にこのような相談は、国民生活センターに寄せられているのです。

法律の知識として、消費者契約法第9条第1号「事業者に生ずべき平均的な損害額を超える部分について無効」とされていることも知っておいてくださいね。

つまり平均損害金額を超える部分についての支払いは拒否できるわけです。

新車購入時に適用された「新車割引」はどうなるのか??

ディーラーはお客様から下取りした車を業者オークションなどに転売することで利益を得ています。

利益がでるからこそディーラーは「新車割引」をして、お客様に新車を購入してもらうのです。

ただ新車割引をするということは、少なからず下取りした車の転売利益を削っているともいえます。

これらのことを考えると、車の下取りをキャンセルするということはディーラーの利益がなくなるということですので、新車割引の適用もなくなる可能性は高いです。

ただ場合によっては、新車割引の適用がなくならないときもあります。

なぜディーラーは新車割引の適用をなくさないのかというと、ライバル会社との競合があるからです。

例えばトヨタ・アクアのライバル車種として、ホンダ・フィット、マツダ・デミオなどがあります。

もしトヨタが新車割引の適用をなくした場合、そのお客様が他社に流れる可能性があります。

ディーラーとしては新車を購入してくれるお客様を他の会社にとられるのは一番避けたいことです。

つまり下取りがキャンセルになった場合でも、ディーラーが対処できる範囲であれば新車割引の適用をなくさない可能性も十分にあります。

ディーラーの営業マンがやらなければならないことは、新車を1台でも多く売ること。

ライバル会社にお客様を流すなんてもっての他ですし、ディーラーのブランド力を守るためにも新車割引の適用を考えてくれるわけです。

今まで乗ってきた車を高く買取りしてもらう方法とは??

今回はディーラーでの下取りのお話しをしてきましたが、ディーラーの下取りより車を高く買取りしてもらう方法があります。

それはネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」を利用することです。
ディーラーの下取りは、初度登録から10年以上経過した低年式車、積算走行距離が100,000kmを超えた過走行車は、基本的に下取り金額は0円になってしまいます。

もちろん0円以上の金額がつく場合もありますが、その下取り金額より高価買取してくれるのが一括査定サイトです。

一括査定サイトを利用すると、あなたの車を高価買取したいという買取業者が電話またはメールをしてきてくれます。

そこでいつ買取業者に査定をしてもらうのかを決めますので、あなたの都合のいい日時を決めておいてくださいね。

連絡してくる買取業者は1社だけでなく複数の業者が連絡してきてくれますので、連絡をくれた買取業者すべてに査定をしてもらうことをおすすめします。

そのほうが各業者の買取金額を比較することができますし、一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうことで、お得に車を手放すことができますよ。

高い確率で下取りより買取りのほうが高い金額で買取りしてもらえますので、ぜひ一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってもらえる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回はディーラーで下取り予定の車はキャンセルできるのかについてご紹介しました。

下取り予定の車のキャンセルは契約直後であれば可能です。

もし下取りの契約をしてから時間が経っている場合のキャンセルは受け付けてもらえない可能性がでてきます。

なぜならディーラーは下取りした車をいつまでも保管しているわけではなく、できるだけ早く洗車・室内クリーニングを行ない、業者オークションにかける段取りをします。

転売するからには名義変更手続き、一時抹消手続きを行なう必要があり、これらの手続きが済んでしまっている場合のキャンセルは受け付けられません。
もしキャンセルを決めたなら、1時間でも早くディーラーに連絡しましょう。

下取りをキャンセルすることで、新車を購入するときにつけてもらった「新車割引」の適用が外れることを考えると思いますが、ディーラーの営業マンからするとライバル会社にお客様が流れたり、売り上げ販売台数が伸ばせないなどの事情があり、新車割引が外されることがない可能性は高いです。

しかしディーラーはあなたから下取りした車を転売することで利益を得られたので、新車割引でお客様に新車購入資金を和らげようとしているわけですから、下取りをキャンセルして新車割引を適用する場合は、ディーラーに損失をかかえます。

そのことから新車割引が適用されない場合があることを知っておいてくださいね。

下取りより買取りのほうが高価買取が見込めますので、ネットを使った車の一括査定サイト車の一括査定サイトを利用して車を高く買取りしてもらうことが、あなたにとって最も得になりますよ。

今回の記事を参考に、下取りのキャンセル事情について知っていただき、下取りにするか買取りにするかを検討してみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

車の下取りでETCを外すと評価は変わる?外しても問題ないの?

NO IMAGE

廃車予定の車でも下取りに出すといくらかになったりするの?

NO IMAGE

車の下取りの前に洗車や車内清掃はしたほうがいいの?査定に影響するの?

NO IMAGE

車の下取りで年式や走行距離って査定に影響するの?

キズやへこみがある車を下取りに出すと価格はどのくらい安くなる?修理した方がいいの...

ディーラーで故障車でも下取りってしてくれるの?