車の下取り価格の見積もりをしてもらう際の注意点ってある?

 

「初めて車の下取りをしてもらうんだけど何か注意する点ってあるのかな?」

何て疑問はありませんか?

車を売却するときは「下取り」や「買取り」ということばを聞きますが、同じ中古車販売店で車を購入する場合、その中古車販売店に車を引取ってもらうことを「下取り」といいます。

例えば次に購入する車が100万円だったとして、今乗っている車の下取り金額が30万円だとすると、次の車を70万円で車を購入できることになります。

車を下取りしてもらうときには、まず見積りをとっていくらで引取ってもらえるかを「見積書」の形で出してもらうことが鉄則です。

今回は車の下取り金額を見積もってもらう際の注意点についてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車を下取りに出すときの一般的な流れ・注意点とは??

車を下取りしてもらうための手順とは??

冒頭でお伝えしたように、車の「下取り」は、車を購入する販売店に車を引取ってもらうことをいいます。

ということは次の車を購入する中古車販売店に、今まで乗ってきた車を下取りしてもらうことの旨を伝えなければいけないのですが、それを初めから中古車販売店に伝えるべきではありません。

なぜなら多くの中古車販売店は、次の中古車の購入金額から下取り金額を引き算して、最終的にあなたがいくら支払うのかを提示してくるのですが、このときに下取り金額がいくらなのか、下取り査定をしてもらうときに必要な手数料はいくらなのかが複雑になる場合があります。
ですので、おすすめの見積書のとり方は、まず次の車の購入にかかる費用のみの見積書を出してもらいましょう。

そしてそれとは別に後日車の下取り査定を依頼し、下取り査定のみの見積書を出してもらうのです。

そのほうが、いくらで車を引取ってもらえるのかが明確になりますし、もし下取り金額が安ければ他の買取業者に車を買取りすることも考えられます。

このように見積書を別々にもらっておくほうが、下取り金額が安かったとしても機転をきかせることができるのです。

では具体的に車の下取りの流れを確認しておきましょう。

ディーラーまたは中古車販売店で次に乗る車を決める

車を下取りしてもらう前に、次に購入する車を決めましょう。

ディーラーだと基本的に新車、中古車販売店だと中古車を選ぶことになります。

とくに中古車の場合は、車がどのような状態なのかをしっかり吟味し説明を受けることをおすすめします。

それだけでなく、外装・内装のキズやヘコミ、電装系の動作確認など、自分でチェックできることは自分の目で確認することが大切です。

ここで必ず確認してほしいのは、修復歴の有無と保証があるのかです。

修復歴とは、過去にフレームが損傷したことにより、フレーム部分が修復・交換されていれば「修復歴あり」となります。

ディーラーや中古車販売店では、中古車を買取りするときに修復歴の有無は必ず確認していますし、販売されている中古車には、修復歴の有無の表記がありますので、それを確認しましょう。

もし修復歴がある場合は、営業マンにどの程度の修復なのかを確認するとともに、修復箇所によっては他の機関にも影響をおよぼし、不具合・故障が出てしまう可能性があることを知っておいてくださいね。

このような形で、中古車を選ぶときは現車確認をするとともに、不明な点や気になる点は営業マンに聞いて説明を受けましょう。

また次の車を購入する車の特徴についてもしっかりと調べましょう。

とくに費用面では、毎年かかる自動車税はいくらなのか、燃費(ガソリン代)はどれくらいなのか、車検にかかる費用はどれくらいかを知っておく必要があります。

また場所によっては駐車スペースが小さかったり、機械式の立体駐車場で車の車両重量によって停められる車種が限られていますので、抜けがないようにチェックしましょうね。

車の購入金額の見積りをとる

車を購入するときには、車両本体価格だけではなく、税金などの「法定費用」が必要です。

その他には、ディーラー・中古車販売店は、あなたが購入した車を陸運局に「登録」しにいかなければならないのですが、そのときには登録代行手数料が発生するなど、「諸費用」がかかります。

これらの金額は車を購入する月によって変わるものですので、まずは見積書を書面の形で出してもらい、費用の内訳を明確にしてもらってください。

具体的な「法定費用」「諸費用」には以下のようなものがあります。

法定費用諸費用
・自動車取得税
・自動車重量税
・自動車税
・消費税
・自賠責保険料
・自動車リサイクル料金
・ナンバープレート料金
・登録代行手数料
・車庫証明取得代行費用
・納車費用
・検査登録手続き代行費用

発行してもらった見積書は、基本的に当月内で有効になります。

見積書を出してもらったら値引交渉を行なって、総支払金額を少しでも安くしてもらいましょう。

車の下取り査定を依頼する

次に購入する車が決定し、見積書を出してもらったら、ここで下取りしてほしい車があることをディーラー・中古車販売店に伝えます。

よくあるパターンが、次に購入する車の見積書を出してもらうときに「下取りする車はありますか??」と聞かれます。

そのときは「車はあるけれど下取りしてもらうか他で買取りしてもらうかを迷っているから、先に次に買う車の見積りを出してほしい」と伝えるといいでしょう。

いくらで車を下取りしてもらえるかによって、あなたが次に買う車の購入資金が安くなりますよ。

「あなたの車は30万円で下取りします」といわれたとしても、この30万円からさらに下取り査定料などが引かれますので、最終的にはいくらで下取りされるかを見積書の形で明示してもらいましょう。

最終的な見積書を出してもらったら、下取り金額をあげてもらうために交渉することをおすすめします。

ディーラーの下取りでは、年式・積算走行距離・ボディカラー・グレードが重視されますし、下取り査定のときにすでに中古車査定士はこれらの項目をチェックしているため、なかなか下取り金額をあげてもらうことは難しいです。

しかし中古車販売店は、それら以外にもナビ・ホイールなどの社外パーツなどをアピールするとプラス査定にしてくれますので、自分でカスタマイズしたパーツはどんどんアピールしてくださいね。

車を査定に出す前には軽く洗車をしておくといいですよ。

なぜなら外装も内装も汚れたままであってもマイナス査定になることは基本的にはありませんが、あまりにも汚れている場合は中古車査定士から「車の掃除もできていないということは普段の車の管理をきちんとしていない可能性が高いな…。これは車も細かく見ないとな…。」と警戒される可能性はあります。

また車に修理箇所や故障箇所がある場合は、修理してから車を下取りに出してマイナス査定を避けようとする方がいますが、これは逆効果であると思ってください。

修理箇所・故障箇所によりますが、ほとんどの場合は修理費用のほうが高くつきますので、ヘタに修理に出さずにそのままの状態で査定に出すことをおすすめします。

もちろんマイナス査定を受けることになりますが、マイナス査定を受けたほうが金額的なマイナスはおさえられますよ。

事故歴や修復歴がある車については、中古車査定士から「どんな事故でしたか??」という質問がありますので、そのときには偽りなくそのときの状況を中古車査定士に伝えましょう。

もしウソを伝えたとしても中古車査定士にかかればすぐに暴かれてしまいます。

次の車の購入金額と下取り金額を交渉する

車を下取りに出すときは、まずは車の購入の商談を進めていくことをお伝えしました。

そのときは車の下取りがあるという話しはしなくていいとお伝えしたように、まずは次の車の購入の話しを進めていき、見積書についても下取り車の話しはない状態で、値引交渉を進めていくことをおすすめしました。

その後下取り車がある話しを中古車販売店に伝えることで、これまで乗ってきた車をいくらで下取りしてくれるかの査定をしてもらい、提示された下取り金額をみながら金額の交渉をするべきでしたね。

「他の買取業者に車を査定してもらうと、○○万円でここの販売店より高い買取金額だったんだけど?」と、他の買取業者の査定金額を具体的に提示すると、値引交渉に効果が出る可能性があります。

このように車を購入するときは値引交渉するべきですし、車を下取りしてもらうときは高値で車を引取りしてもらうべきですので、それぞれに分けての交渉を進める必要があるのです。

多くの方は、車を購入するためにディーラーや中古車販売店に訪れて、そこで車の購入金額と下取り金額を1つの見積書として出されてしまうので、結局得しているかが分からなくなっています。

売買契約を交わす

あなたとディーラーや中古車販売店が車の売買に納得した場合は、双方で売買契約書を交わすことになります。

これまでに下取り金額をあげる交渉や、次の車の購入金額の値引交渉を行なってきたと思いますが、最後に最終的な値引交渉を行なってもいいですしょう。

契約まできたわけですから、ディーラーや中古車販売店は最後の契約までもっていきたいですし、値引きができなくても、何かサービスをつけてくれる可能性もあります。

ただこれまでに下取り金額や次の車の購入金額の交渉を行なっていますので、しつこく交渉に出ないほうがいいですね。

契約するときには実印や印鑑証明書など、以下の書類が必要になりますので、契約時までに忘れないように準備しましょう。

<車を下取りしてもらうときに必要なもの>
普通車軽自動車
自動車検査証(車検証)
印鑑登録証明書
自賠責保険証明書
自動車税納税証明書
実印
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
軽自動車税納税証明書
印鑑(認印)
リサイクル券
<次の車を購入するときに必要なもの>
新車購入時の必要書類
中古車購入時の必要書類
普通車軽自動車普通車軽自動車
・実印
・印鑑証明書
・自動車保管場所証明書
・保管場所標章通知書
・委任状
・住民票
・認印
・委任状
・実印
・印鑑証明書
・自動車保管場所証明書
・保管場所標章通知書
・委任状
・住民票
・認印

今回は車の「下取り」のお話しですので、車を売却するときに必要なものと、次の車を購入するときに必要なものの両方を集めなければなりません。

それぞれ普通車と軽自動車では集めるものが異なりますので、どんなものが必要かをしっかり確認して売買契約を結んでくださいね。

1つでも書類を忘れてしまうと車の下取りや納車の期日が遅れますので気をつけてください。

下取りよりお得に車を引取ってもらう方法とは??

今回は車の下取りについてお話ししていますが、車を下取りに出すときにメリットは同じ自動車販売店で車を引取ってもらえますし、次の車を購入するため、手続きの依頼が一括で行なえるということです。

もし車を引取ってもらうところと購入するところが別々の自動車販売店だと、それぞれに足を運んで手続きや交渉をしなければいけませんので面倒です。

ただ下取りのデメリットは記事内お伝えしたように、高額な下取り金額がつかないということです。
とくにディーラーでは低い下取り金額しかつきませんでした。

もっとお得に車を買取りしてもらうためには、ネットを利用した「車の一括査定サイト(無料)」を利用しましょう。

一括査定サイトを利用すると、一度に複数の買取業者に車の査定を依頼することができます。

査定依頼を受けた買取業者はあなたに直接電話またはメールをしてきますので、そのときに車の査定日時を決めましょう。

基本的に車の査定はあなたが指定する場所まで無料で出張してくれますので、あなたは中古車査定士がくるのを待つだけ。

複数の買取業者の買取金額を比較して、一番高く買取りしてくれるところ、できることならサービス・対応が良い買取業者に車を買取りしてもらいましょう。

面倒な書類の手続きも基本的には買取業者の店舗を訪れるのではなく、郵送でのやり取りになりますので面倒なことはありませんね。

車を売却するなら下取りより、一括査定サイトを利用して車を売却するといいですよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を下取り額より高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の下取り金額を見積もってもらう際の注意点についてご紹介しました。

車の下取りをしてもらうということは、同じ自動車販売店で次の車を購入するということですので、車の登録手続きをスムーズに進めてもらうことができますし、同じ担当者の人が車の下取りから次の車の納車まで担当してくれることがほとんどですので、安心感が生まれるメリットはあります。

ただ車を下取りしてもらうときの注意点としては、下取りの見積書と次の車を購入するときの見積書は別々に作成してもらうということでした。

下取り金額と購入金額を1つの見積書で出してもらうと、どれほど下取り金額を高く算出してくれているのか、購入金額をどこまで値引きしてくれているのか、また諸費用はどのような算出をしているのかが複雑になってしまいます。
また最初から車を下取りに出すと決めるのではなく、世の中にはたくさんの買取業者がありますので、他の買取業者の買取金額と比較して、最終的にどこの買取業者に車を引取ってもらうのかを決めましょう。

買取業者は自分で1つずつ探すのではなく、一括査定サイトを利用して探すと瞬時に複数の買取業者を見つけることができますよ。

今回の記事を参考に、いくつかの点に注意しながら車の下取り・購入を検討してみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

家族名義の車を下取りに出すことは可能なの?名義変更は必要?

NO IMAGE

車の下取りの前に洗車や車内清掃はしたほうがいいの?査定に影響するの?

NO IMAGE

車の下取り手続きや流れはどうするの?必要書類は何がある?

NO IMAGE

車の下取りで年式や走行距離って査定に影響するの?

ディーラーで下取り予定の車ってキャンセルはできるの?

キズやへこみがある車を下取りに出すと価格はどのくらい安くなる?修理した方がいいの...