キズやへこみがある車を下取りに出すと価格はどのくらい安くなる?修理した方がいいの?

「車にキズやへこみがあるんだけど下取りに出すと評価は下がるのかな?」

「車のキズやへこみを修理したら下取り価格が上がったりするの?」

何て疑問はありませんか?

次の車を購入するために、自動車販売店に車を下取りしてもらう方が多いはず。

ただ自分の車にキズやへこみがついていると、査定金額がどれくらい低くなるかが気になりますよね。

査定金額が低くなるなら、修理してから査定に出したほうがマイナス査定にならないとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

今回はキズやへこみがある車を下取りに出すと査定金額はどのくらい安くなるのか、修理してから査定に出したほうがいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


キズ・へこみのある車の下取りは査定にどれくらい影響するのか??

まずは、キズやへこみがある車を下取りに出すと査定にどのくらい影響するかについて解説します。

車のキズ・へこみは査定に影響が出るのか??

車にキズやへこみがある場合は必ずマイナス査定がつきます。

車を査定する中古車査定士はJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)の査定基準をもとに査定金額が算出されるのです。

とはいっても自動車販売店ごとに算出される査定金額に差はありますが、マイナス査定を避けることはできません。

「それなら修理してから査定に出したほうがいいのかな??」と思われますが、確かに修理すればキズやへこみは消えるわけなので、マイナス査定がなくなる可能性は十分にあります。

程度に関係なくキズやへこみはマイナス査定になるのか??

キズやへこみはどれだけ小さなものであってもマイナス査定になります。

ただどれほどのマイナス査定にするのかは、自動車販売店によって幅が異なります。

キズやへこみがあったとしても、高年式車、積算走行距離が少ない車、中古車市場で人気のある車は大きくマイナス査定にならない場合もあるのです。

車は常に外を走っているものですし、周りの車と走っている限りは小さな飛び石の影響を受ける可能性も十分にあります。

何年も車に乗っているのに無傷の車はありませんから、日常的についたキズやへこみがあったとしても何十万円もマイナス査定になることはありませんし、査定金額が0円になることもないでしょう。

マイナス査定より修理費用のほうが高額になるケースがある

キズやへこみの程度にもよりますが、自分で修理費用を支払って修理したり、車両保険を使って修理する必要はありません。

例えばレクサス・LSのように塗装が何層にもわたっている場合、高額な修理費用が請求されます。

以前LSに直径2mm程度のキズがついたので修理を依頼すると、修理費用が8万円でした。

このように個人が修理工場に修理を依頼すると、高額な修理費用を請求されるのです。

ここは個人で修理を依頼するよりかは、キズやへこみがある場合は素直にマイナス査定を受けたほうが余計な出費もかかりません。

キズやへこみのある車を下取りした自動車販売店は自社工場や提携工場に依頼するなどして安く修理しますので、結果的にマイナス査定を受けたほうがいい場合があります。

仮に綺麗に修理してマイナス査定を免れようとしても、中古車査定士の目にかかれば修理した痕跡を見破られてしまいますので、やはり余計なお金を使って修理する必要はありませんね。

ちなみにキズ・へこみを修理したときの修理相場は以下のようになっています。

修理箇所修理費用修理箇所修理費用
ドア1,000 ~ 200,000 円以上マフラー10,000 ~ 100,000 円以上
バンパー10,000 ~ 200,000 円以上フレーム100,000 ~ 1,000,000 円以上

修理費用には幅があるのは、以下の要因があげられます。

キズの程度・キズが大きい・深い場合は修理費用が高くなる
・修理する工程によって修理費用はあがる
特殊なボディカラー・ボディカラーの判別が難しいものは修理を断られる場合がある
・色にパールが入っている場合は修理費用が高くなる
・高級車のようにボディカラーが複数層ほど修理費用があがる

車を下取りに出す場合はこれだけの費用がかかりますので、車を下取りに出す場合は修理せずに出すことをお伝えしてきました。

ただキズ・へこみができてから数ヶ月・数年が経つと、そこからサビが発生すると、さらに下取り金額が下がってしまいます。

もし下取りに出す予定がない場合は、修理したほうが賢明でしょうね。

ディーラーで修理するのか、板金屋さんで修理するのかによっても、修理費用は大きく違ってきますので、修理を依頼する際は複数の業者で見積りをとること、修理技術の高い業者を見つけることをおすすめします。

さらにマイナス査定を生まないためには??

カー用品店などで売られているタッチアップペン。

キズ部分を修復するためにタッチアップペンを試みる方がいらっしゃいますが、この方法はかえってキズを目立たせる結果となってしまいます。

私もタッチアップペンで修復を試みたことがありますが、修復した部分は光沢も何もない、単に「色が塗られただけの修復」にしかなりませんでした。
プロの板金屋さんでも塗装の修理は苦労する作業の1つですので、素人が簡単に作業できるわけがありません。

また洗車をしたときにも少なからずキズはついてしまいますが、洗車キズのように爪が引っかからない程度のキズであればマイナス査定になりませんし、洗車キズをマイナス査定扱いにすると、世の中の車すべてがマイナス査定扱いになってしまいます。

確実にマイナス査定になるのは「キズの深さ」であると思っておきましょう。

それでも洗車キズが気になるのであれば、市販のワックスやコンパウンドを使えばキズを簡単に消すことができます。

私の知人が白の車のボディをこすってしまい、その跡が黒くなってしまいましたが、カー用品で販売されているコンパウンドを使うと、こすった跡がまったく分からないほどきれいになりました。

もしワックスやコンパウンドを利用される場合は、使用方法をきちんと守り、施工するのに適した用具を選んでくださいね。

査定のときにキズやへこみがついた原因を説明する

車を査定してもらっているときに、中古車査定士は「なぜキズやへこみがつきましたか?自分でどこかに当てただけですか??それとも事故ですか??」と、キズやへこみがついた経緯を聞いてくる場合がありますので、素直にその経緯を説明しましょう。

キズやへこみがある場合はマイナス査定は避けられませんが、さらにマイナス査定が大きくなるのが「事故車」であることをご存じの方がいらっしゃるでしょう。

ただ「ガードレールに車をぶつけた」「壁に車をこすってしまった」という場合も事故車と思われるかもしれませんが、これらの場合は事故車の扱いにはなりません。

そもそも車業界には「事故車」という言い方ではなく「修復歴ありの車」という言い方をします。

修復歴ありの車とは、車のフレーム部分を損傷し、修理・交換したものをいいます。

車のフレームとは、具体的に以下の9つの箇所をさします。

①フレーム(サイドメンバー)
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート

これら9つの部分が修理・交換されていなければ「修復歴ありの車」とはいいません。

修復歴の有無は中古車査定士にかかればすぐに判断できますので、修復歴があると判断された場合は大きくマイナス査定になってしまいます。

中古車査定士が修復歴ありの車かどうかを、わざわざあなたに確認する理由は、どのような経緯でキズやへこみができたかを確認することで、他の箇所への影響を推測するためでもあります。

例えば車のフロント部分を強くぶつけたのであれば、エンジンルームにある機関にも影響を及ぼしている可能性がありますからね…。

中古車査定士は下取りした車を修理して再び販売するわけですので、修理にかかる費用も計算しながら下取り金額を算出しています。

自動車販売店も商売で車の下取りをしていますので、高額な修理費用がかかる中古車であれば査定金額をぐんと下げて引取るほかないのです。

下取り以外に車を高価買取してもらう方法とは??

今回は次に購入する車がある場合、購入店で車を下取りに出したときのお話しをしてきました。

これまで乗ってきた車を購入店に下取りしてもらうことで、次に購入する車の購入代金に充当することができますので、お得に次の車を購入することができます。

しかし一般に下取りは安い値段でしか車を引取ってもらえないという傾向があります。
とくにディーラーの下取りは低年式車や過走行車は、0円に近いほどの下取り金額しかつけてくれません。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

今回のお話しのように、次の車を購入する販売店だけに車を査定してもらうと、算出された下取り金額が適当なものなのかが分かりませんよね。

一括査定サイトを利用すると、複数の買取業者に車の査定を依頼することができますので、あなたの車を高価買取してもらえるのです。

しかも車の査定は、あなたの車の保管場所で行なわれるため、わざわざ買取業者まで出向く必要はありません。

一番高く車を買取りしてくれる業者に車を売却することで、次に購入する車の購入資金にあてることができますよ。

ちなみに今回お話ししたようなキズ・へこみに関しては、買取査定のときもマイナス査定になってしまいますので、普段から車を大切に乗ることを心がけましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を調べ見ている(無料)

さいごに

今回はキズやへこみがある車を下取りに出すと査定金額はどのくらい安くなるのか、修理してから査定に出したほうがいいのかについてご紹介しました。

キズやへこみがある車を下取りに出すと、下取り金額は確実に安くなります。

どれくらい安くなるのかは、キズやへこみの大きさや深さによって異なりますので一概に金額は出せませんが、キズやへこみの規模が大きいほど下取り金額は低くなります。

だからといって自分で修理を試みると、キズやへこみの状態をさらに悪くさせてしまい、より下取り金額が下がってしまいます。

また高額な修理費用をかけて修理したとしても、マイナス査定になることは変わりありませんので、車を査定に出すときはキズやへこみを修理せずに、ありのままの姿で査定してもらってください。
車を下取りに出すよりも、車の一括査定サイトを利用して車を「買取り」してもらったほうが買取金額は高くつきますので、車の売却をお考えの方は、ぜひ車の一括査定サイトを利用してみてください。

普段から車を大切に扱い、安全運転を心がけることで下取り金額のマイナスを防ぐことができますよ。

今回の記事を参考に、車を下取りに出すときは現状の車を査定してもらってくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「車を下取りに出すんだけど、下取りの額ってどうやって決められるんだろう?」 「少しでも安く車を購入したいので下取りで何とかしたい…」 ...
「ディーラーで新車を買うときに今乗っている車を下取りしてもらおうと思うんだけど…、故障している車でも下取りしてくれるのかな??」 ディーラ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の下取りをする際にタイヤやホイールの状態は査定に影響するの??

NO IMAGE

車の下取り査定料って何?諸費用はいくらくらいかかるの?

NO IMAGE

車の下取り手続きや流れはどうするの?必要書類は何がある?

NO IMAGE

車を下取りに出すと還付される税金ってある?手続きはどうしたらいいの?

NO IMAGE

ディーラーで車の下取り額の交渉ってできる?方法はどうしたらいいの?

車の下取り額って何を基準に決めるの?価格を高くするコツってある?