車の下取りでETCを外すと評価は変わる?外しても問題ないの?

「車を下取りに出すんだけど、車についているETCは取り外しても査定に影響しないのかな??」

高速道路や有料道路を利用するときに、料金所をノンストップで通過できることから、今ではほとんどの車にETCが装着されています。

車を下取りしてもらう際にETCを取り外すと車の査定に影響があるのでしょうか??

今回は車の下取りでETCを外すと評価は変わるのか、外しても問題ないのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


下取りでETCを外すと査定に影響はあるのか??

車の下取りの場合、ETCは査定に影響するのでしょうか。

下取りのときはETCをつけたままにしておくと査定金額はあがるのか??

これまで査定された複数の車をみてきましたが、ETCがついているからといってプラス査定になっていることはありませんでした。

つまりETCがついているといって買取金額がプラスになることはないのです。

今ではETCは本体+取付工賃+セットアップすべて含めて10,000円以下でも取り付けできる時代ですので、ETCがついているからといってプラス査定にする必要はありません。

「それだったらETCをつけたまま車を売ってしまってもいいかな…」と思われるかもしれませんが、もう少し具体的にETCをつけたまま売却したほうがいいのかをみていきましょう。

ETCのセットアップとは?

ETCのセットアップとは、ETC車載器を取り付けする車の情報を暗号化してETC本体に書き込むことをいいます。

ETCのセットアップはどこの車屋さんでも行なってもらえるわけではなく、指定された車屋さんでしか行なってもらうことができません。

とはいってもディーラーはもちろんのこと、オートバックスなどのカー用品店で行なってもらうことができますので、必死になってセットアップをしてくれる車屋さんを探す必要はありませんね。

ETCをセットアップする際は、車検証と車載器管理番号が必要です。

また引越しをした場合は車検証の住所を変更しなければならず、陸運局の管轄が変わる場合はナンバープレートも変更されることになりますので、再セットアップする必要があります。

その他、ジェットスキーなどをけん引する「けん引装置」をつけた場合も、車長が変わるためETCの再セットアップが必要です。

もしETCを載せ替える場合は、以下のようにETC車載器管理番号を確認してください。

きちんとセットアップされていないと、以下のように大事故につながる可能性まで出てきますし、不正通行の疑いまでも出てきますので注意しましょう。

< ETC 車載器管理番号を確認方法>
●取扱説明書・保証書をみる●前回のセットアップ完了の控えをみる
● ETC 車載器本体のシールをみる● ETC の音声・表示機能を聞く
<セットアップされていないことで発生する不具合>
● ETC の開閉バーが開かなくなる●正しい通行料金が請求されない
● ETC サービスが利用できなくなる● ETC 割引が適用されない

セットアップをしてもらうにはセットアップ料金がかかりますが、専門のメカニックにセットアップしてもらわなければ、安心してETCを利用することができません。

ETCのセットアップは15~20分程でできますので、必ずセットアップをしてもらいましょう。

ETCをつけたまま車を売る場合と取り外して売る場合の違いとは??

新車を購入するとETCを後付けしなくても、グローブボックスをあけたところにETCがすでに装着されている車があります。

それに対して新車の段階ではETCがついておらず、運転席の足元などに後付けしているものもあります。

ETCをつけたまま車を売る場合

ETCを新しくつけた場合は「セットアップ」といって、装着する車の情報をセットする必要があります。

高速道路・有料道路の料金所を通過するときに、軽自動車・普通車・大型車など、種別によって料金が異なります。

これらの料金を判別するためにETCをセットアップする必要があるのです。

セットアップの際は車のナンバーなど、車に関する情報はセットされていますが、あなた自信の個人情報は入っていませんので、個人情報が漏れることはありません。

ETCを新しく購入する場合は、以下のようなところで購入が可能です。

ディーラーカー用品店通販
本体価格・取付工賃
セットアップ料金
20,000 ~ 40,000 円程10,000 ~ 30,000 円程10,000 ~ 30,000 円程

ディーラーは全体的に料金が高いですので、多くの方はカー用品店で購入する傾向にあります。

通販で購入する場合はETCをセットアップした状態で商品を送ってくれますが、結局自分で取り付けることはできないとなると、車屋さんに取付工賃を支払ってETCを取り付けてもらうことになります。

ETCを取り外して車を売る場合

ETCを取り外して次に乗る車に取り付ければ、ETC本体のお金を浮かすことができます。

ただETCを載せ替える(取り外して次の車に移し替える)となると、その工賃が必要になります。

自分で無理に作業すると内装をキズつけてしまい査定金額が下がる可能性があるのでおすすめしません。

また取り外したETCは前の車の情報が書き込まれているため、ETCを載せ替えたときは新しい車の情報にセットアップし直さなければならず、セットアップ料金が必要になります。

つまりわざわざETCを載せ替えても、かえって取付工賃やセットアップ料金がかかってしまい、新しいETCを購入したほうが安くなる場合があるのです。

ETCを載せ替える場合と新しく取り付ける場合の費用とは??

載せ替える場合新しく購入する場合
ETC 本体価格0 円5,000 ~ 20,000 円
取付工賃4,000 ~ 10,000 円4,000 ~ 5,000 円
セットアップ料金3,000 円3,000 円
取り外し料金3,000 ~ 5,000 円0 円
合計金額10,000 ~ 18,000 円10,000 ~ 28,000 円

ETCを購入する場合はETCの本体価格がかかりますので、合計金額が高くつくように思いますが、ETCを載せ替えるとかえって合計金額が高くなる場合もあります。

総合的に見ると、ETCを載せ替えても新しく購入しても、合計金額は大きく変わりませんので、新しく購入する車にETCがついていない場合は新しいETCを購入したほうが、最新のETCを利用することができますね。

合計金額を重視される場合は、どちらのほうが安く済むのかの見積りをとってから考えてみるのも1つの方法です。

車を買い替えた場合はETCカードの扱いはどうなるのか??

車を買い替えて新しいETCを使うことになった場合、これまで使っていたETCカードは使えるのか??と疑問をもつ方がいらっしゃいます。

ETCカードはどのETCでも使うことができます。

ETCが新しくなったとしても、新しくETCカードをつくる必要はありません。

ETCのセットアップでは、あなたのETCカードの情報を登録するわけではありませんからね。

中古車を簡単に高価買取してもらう方法とは??

ETCは取り付けた状態であっても、それほど買取金額は変わりませんが、次の車に乗りかえる場合はETCがついている可能性がありますので、わざわざ取り外す必要はないでしょう。

中古車を高価買取してもらうためには、ディーラーに下取りに出すより「買取り」をおすすめします。

中古車の買取りは車屋さんであればどこでも受け付けてくれますが、最近ではガリバーやビッグモーターなどの大規模な買取専門店が増えてきています。

それらの買取専門店に買取査定をしてもらい、買取金額を出してもらうことで、あなたの車の価値を知ることができます。

ただ買取業者を1つずつ回ると時間がかかりますし、買取専門店の営業マンは営業トークが長けていますので、一度店舗での査定を依頼すると、商談が長時間になる場合もあります。

そこで利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すると、大手買取業者はもちろんのこと、地域密着型の買取業者を含めて、あなたの車を高価買取してくれる業者を紹介してくれます。

車を査定してもらうときは、買取業者の中古車査定士があなたの車の保管場所まで来てくれますので、楽に車の査定をしてもらうことができますね。

しかもネットで査定を依頼するため、査定の依頼は24時間365日行なうことができますよ。

一括査定サイトをうまく利用して、車を高価買取してもらってくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってもらえる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は車の下取りでETCを外すと評価は変わるのか、外しても問題ないのかについてご紹介しました。

ETCがついている車を買取りしてもらう場合は、取り付けたまま査定に出してもプラス査定にはなりません。

かといってETCを取り外すとなった場合、自分で取り外しをすると内装をキズつける可能性もありますし、誤って配線を切断してしまう可能性もあります。

そうなるとマイナス査定になってしまいます…。

ETCを取り外して次の車に載せ替えるにしても、取付工賃やセットアップ料金がかかってしまい、結局新しいETCを購入したほうが安くなる場合も多々あります。

ETCのセットアップが必要な場合に関してもご紹介しましたが、ETCはセットアップしなければ使うことができませんので、どのようなときにセットアップが必要なのかも合わせて確認しておいてくださいね。

今回の記事を参考に、車を下取りに出す場合にETCを取り外すかを検討してみてください。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「車を下取りに出すんだけど、下取りの額ってどうやって決められるんだろう?」 「少しでも安く車を購入したいので下取りで何とかしたい…」 ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

車の下取りと買取りの違いって何?メリット、デメリットを解説

ディーラーで下取り予定の車ってキャンセルはできるの?

NO IMAGE

車の下取りをする際にタイヤやホイールの状態は査定に影響するの??

NO IMAGE

車の下取りと一緒にスタッドレスタイヤは買い取ってもらえるの?

NO IMAGE

ディーラーは他社メーカーでも下取りはしてくれる?査定額は安くなるの?

NO IMAGE

車の下取り価格の見積もりをしてもらう際の注意点ってある?