中古車のリサイクル料金って何?いくらかかるの?いつ支払うの?

「中古車を購入するために見積書をつくってもらったんだけど、そこに書かれている“リサイクル料金”って何?」

何て疑問はありませんか?

中古車の見積書をみると「リサイクル料金」(リサイクル税)という項目があり、中古車購入時にはこの料金を支払わなければいけません。

リサイクル料金は車種や車の仕様によって料金が異なります。

今回は中古車のリサイクル料金とは何なのか、料金はいくらでいつ支払うのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


中古車のリサイクル料金のしくみとは??

リサイクル料金とは??

リサイクル料金は2005(平成17)年に施行された「自動車リサイクル法」という法律に基づいて、車の使用者は車を廃車(解体)するときにかかる費用をあらかじめ負担する必要があると定められました。

当然のことながら車の解体には費用がかかりますし、解体業者は解体した車から出るゴミを埋立処分するのですが、その際にも高額の費用がかかります。

高額の費用の支払いから免れようとした一部の解体業者は不法投棄を試みたり、適正ではない形で中古車を処分するようになったのです。

この事態を防ぐために、政府は車の使用者に対してあらかじめ中古車を処分する費用を負担するように取り決めたわけです。

どの車でもリサイクル料金は支払わなければならないのか??

リサイクル料金はどの車であっても支払わなければなりません。

車といっても細かくあげると以下のようになります。

・普通車
・軽自動車
・トラック
・バス
・特殊自動車
・被牽引車
・二輪車(原動付自転車、側車付を含む)
・大型特殊自動車
・小型特殊自動車
・農業機械
・林業機会
・スノーモービル
・公道を走らないレース用自動車
・自衛隊の走行車

一般の方が関わっているのは、普通車、軽自動車、二輪車が多いと思いますが、基本的にはリサイクル料金がかかってきますね。

リサイクル料金はどのタイミングで支払うのか??

リサイクル料金は車を購入するタイミングで、購入代金と一緒に支払う必要があります。

新車の場合は、ディーラーで車を購入するタイミングで支払います。

中古車も同様に、中古車販売店、個人取引など、どの購入方法であっても車を購入するタイミングで支払うことになります。

リサイクル料金を支払うと「リサイクル券」を受け取ることになりますが、この券は“リサイクル料金を支払いましたよ”ということを証明するためのものですので、自動車販売店または前のユーザーから必ず受け取りましょう。

車を廃車にするときにリサイクル券が必要になりますので、紛失しないように保管してください。
リサイクル券を紛失してしまった場合は再発行してもらうことができません。

ただ自動車リサイクルシステムの公式サイト(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)から料金の預託状況を印刷すれば、リサイクル券の代わりとして利用することができますので安心してくださいね。

預託状況を調べる場合は、車の車台番号・登録番号、またはリサイクル券番号を入力しなければいけませんので、リサイクル券を写メして画像として残しておくか、車検証をみながら検索することになります。

車を売却するときはリサイクル料金はどうなるのか??

車を「廃車」にする場合はリサイクル券を利用して車を解体してもらうことになりますが、車を「売却」する場合はあなたが支払ったリサイクル料金は戻ってきます。

つまりあなたが車を売却した場合は、車の買取金額だけではなく、リサイクル料金も合わせて買取業者または次のユーザーが受け取る必要があるのです。

車を売却したときはリサイクル料金が戻ってくることを忘れないようにしましょう。

また悪徳な買取業者は前のユーザーに戻さなければいけないリサイクル料金を、故意に隠して支払わないところもありますのでご注意ください。

リサイクル料金の内訳はどうなっているのか??

リサイクル料金の内訳

リサイクル料金は車種や車の仕様によって異なります。

ここでは軽自動車の一例をあげてきましょう。

料金内容
シュレッダーダスト料金車を解体するときに出るシュレッダーダストの処理料金
エアバッグ類料金エアバッグ類のゴミの処理料金
フロン類料金カーエアコンから出るフロン類の処理料金
情報管理料金 (130 円 )
資金管理料金 (380 円または 480 円 )
預託されたリサイクル料金を管理している「自動車リサイクル促進センター」に支払う料金
リサイクル料金合計10,000 ~ 18,000 円程

車種ごとのリサイクル料金

ここでは大まかにリサイクル料金はいくらかかるのかを示しておきますね。

車種装備類料金相場
軽・小型乗用車 ( コンパクトカー )エアバッグ類 4 個、エアコン有り約 7,000 ~ 16,000 円
普通乗用車エアバッグ類 4 個、エアコン有り約 10,000 ~ 18,000 円
中・大型トラックエアバッグ類 2 個、エアコン有り約 10,000 ~ 16,000 円
大型バスエアバッグ類 2 個、エアコン有り約 40,000 ~ 65,000 円

続いていくつかの車種を具体的にあげてリサイクル料金をみていきましょう。

メーカー車種年式エアバッグリサイクル料金
軽自動車三菱eK ワゴン2002(H14)9,630 円
軽自動車ダイハツムーヴ1996(H8)6,920 円
軽貨物車日産クリッパー2004(H16)7,430 円
軽貨物車三菱ミニキャブ1995(H7)3,550 円
普通車日産リバティ2002(H14)13,150 円
普通車日産ブルーバード1990(H2)9,080 円
普通車日産ローレル2002(H14)12,960 円
普通車日産ローレル1993(H5)10,680 円
普通車日産テラノ1993(H5)15,550 円
普通車トヨタアルファード2003(H15)14,040 円

リサイクル料金は、車種、年式、エアバッグの有無によって大きく異なります。

自分の車のリサイクル料金を知りたい場合は、自動車リサイクルシステムの公式サイトにて確認してくださいね。

廃車する車を高価買取してもらうためには??

基本的に今あなたがもっている車のリサイクル料金は、あなたがすでに支払い済みですので、車を廃車にするときは解体費用はかからず、無料で解体してくれます。

ただできることなら車を廃車にするときに、解体する車を買取ってくれたら嬉しいですよね??

しかし「廃車にする車を買取りしてくれるところなんてあるのか??」とお思いでしょう。

実は廃車する車を買取りしてくれる「カーネクスト」という業者があるのです。

カーネクストは、廃車する車を専門に買取りしてくれる業者で、その実績は以下のように廃車同然の車であっても買取りしてくれます。

メーカースズキ車種MR ワゴン
年式2004( 平成 16) 年式総排気量660cc
積算走行距離120,000km買取金額2,000 円
買取理由年式が古く 12 万 km 以上走行した軽自動車でバッテリー上がりで車検も切れてましたが、エンジンは無事でしたので買取らせていただきました。

このようにカーネクストは、過走行車でも低年式車でも0円以上で買取保証していますので、思った以上の金額で中古車を買取りしてくれます。

廃車にする車を解体業者にもっていくと車を買取りしてもらえませんので、ぜひカーネクストに買取りの査定を依頼してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車がいくらになるか試しに調べてみる(無料)

さいごに

今回は中古車のリサイクル料金とは何なのか、料金はいくらでいつ支払うのかについてご紹介しました。

車を廃車にするときは、通常は解体費用がかかっていましたが、自動車リサイクル法が制定されてからはリサイクル料金を納めていれば無料で車を解体してくれます。

リサイクル料金は車種、年式、エアバッグの有無などにより異なりますので、自分の車のリサイクル料金を知りたい場合はお手持ちのリサイクル券をみるか、自動車リサイクルシステムの公式サイトで確認してください。

車を廃車にするときは、解体業者に車を持ち込むと単に車を解体してもらうだけになりますが、カーネクストを利用すれば、廃車にする車を買取りしてくれます。

つまり買取金額をつけてくれて、その金額を現金で振込してくれるのです。

買取りしてくれるのであればカーネクストで車を買取りしてもらうことが賢明ですよね。

今回の記事を参考に、中古車のリサイクル料金について知っていただき、車を解体してもらうときはその車を買取りしてもらって、お得に廃車にしてください。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車の手付金の相場はいくら?キャンセルしたら返金してもらえるの?

NO IMAGE

車検切れの中古車があるけど廃車にするしかないの?費用はどのくらいかかる?

新車と中古車では年間維持費どのくらい違うの?計算し比較しました

NO IMAGE

維持費が高いので車を処分したいけど何からしたらいいの?

NO IMAGE

車の売却益に税金はかかるの?確定申告は必要なの?

購入前に確認!中古車の取得税はいくら?計算方法を解説