新車の買い時って何月なの?購入におすすめの時期はいつ?

「新車を購入予定だけど何月に買うと安くなるんだろう?」

「時期によって新車の値引き額変わったりするの?」

新型モデルの車が販売されると誰よりも早く手に入れたいという気持ちが出てしまいますが、実は新車には買い時があるのをご存じですか??

購入する時期によって同じ車でも購入金額が安くなるときがあるのです。

新車を買うというのは大きな買い物ですから、1万円でも安くなるだけでも家計への負担は大きく変わってきますよね。

今回は新車の買い時は何月なのか、新車を購入するのにおすすめの時期はいつなのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


新車の買い時は何月なのか??その理由とは??

まずは新車の買い時が何月かについて解説します。

新車を安く買うことができるタイミングとは??

最も良い時期は3月

新車を購入するのであれば3月が一番いい時期なのですが、その理由は何でしょうか?

ディーラーは3月に新車の価格を安くする理由としては、3月はディーラーの決算期であることです。

決算期はその年度の売上金額を算出する時期であり、ディーラーにとって3月は最後の追い込み期間であるため新車の価格を安くしてでもたくさんの新車を販売しようとします。

1年を通して新車の販売台数や新車の登録される台数が多いのが3月ということからも、ディーラーが3月に力を入れて新車を販売していることがうかがえますよね。

ましてやディーラーは「シェア」「販売台数」を意識して経営しています。

シェアとは、自身のディーラーが販売してきた新車と、他社が販売してきた新車の割合を示したものです。

シェアと販売台数は、前年度のディーラーの実績などを加味して算出されているため、当年度の達成がギリギリになるというのはよくあることです。

もし当年度の達成ができない場合は、翌年度におけるメーカーからディーラーへの販売インセンティブが減らされるなど、ディーラーに何かしらのペナルティがあるため、ディーラーからすると何としてもシェアと販売台数は達成したいのです。

このことからディーラーは3月の決算期に新車販売価格を下げてでもシェアと販売台数を達成させようとするため、新車を購入するあなたにとっては3月が新車購入のねらい目となるのです。

9月と年末年始も新車は安くなる

先ほどと同じ理由で3月は年度末決算・下半期決算となるため新車が安くなりますが、9月はディーラーにとって上半期決算になりますので新車価格は安くなります。

その他のねらい目は年末年始です。

年始はテレビCMでもあるように初売りセールで新車価格が安くなります。

また年末は年をまたぐ前に新車を売ってしまわないと、年を越すことで年式が1年古くなってしまいます。

年式が1年古くなると車を手放すときの査定に影響がきたしてしまうので客足が遠のきます。

だからこそ新車価格を安くしてお客様を呼び込むのです。

購入するなら月末に

ディーラーは月単位で営業成績を管理しており月末に成績を締めるところが多く、月末までの営業成績を本社や本部に報告しています。
当月の営業成績が伸び悩んでいる営業マンは新車を安くして販売しようとするため、月末は新車価格が安くなります。

新車を安くしてくれる営業マンとは??

先ほどお伝えした3月、9月、年末年始、月末は営業マンからすると営業成績が問われる時期です。

もし営業成績が不振な営業マンがいた場合は、本社や本部から成績不振の営業マンへどのような指導をしているのかを問われます。

その場合ディーラーは成績不振の営業マンに対して、新車販売価格を安くしてでも営業成績を上げるように指導するのです。

ということはディーラーにはたくさんの営業マンがいますが、成績不振の営業マンに新車販売価格を交渉したほうが安くなります。

「でも普段ディーラーに行くことなんてないし、誰が成績不振の営業マンなんて分からないのでは?」と思われるでしょう。

まずあなたがディーラーに入店したときに、我先にという形で飛んできた営業マンは成績不振の営業マンの可能性が高いです。

ディーラーの営業マンはお客様が営業マンを指名しない限りは、自分でお客様を取りにいくことができます。

そのため月末のノルマを達成している営業マンは入店しても落ち着いた面持ちですが、成績不振の営業マンはお客様が入店と同時に、積極的にお客様を受け入れようとするのです。

ディーラーによっては月末のノルマを達成した営業マンや、営業マンを指導する立場の社員が、成績不振の営業マンをお客様に紹介してくるケースもあります。

もちろん露骨に「この社員が今月の営業成績が伸び悩んでまして…」というような言い方ではありませんが、社員がお客様に営業マンも成績不振の営業マンとみていいでしょう。

新車を安く購入する際の流れとは??

新車を安く購入する際の流れについても解説します。

新車を購入するためにはいつ頃ディーラーへ出向けばいいのか??

例えば3月に新車を購入する場合は遅くても2月上旬くらいにはディーラーへ出向く必要があります。

なぜなら新車を選ぶだけでなく車にどのような性能があるのか、どのようなオプションがあるのか、諸費用や税金はどれくらい必要なのかを比較していく必要があるからです。

「でも3月末までに新車を買えばいいのに、3月上旬までに購入を決めるって余裕をもちすぎでは?」と思われるかもしれませんが、ディーラーは今年度の決算期に間に合わせるために3月20日頃までに新車の受注をとりたいのです。

その理由は新車を販売するときに新車の保管場所を警察署に申請する「車庫証明」の申請・取得に1週間程の時間を要するからです。

新車を購入する場合は、自分が納車を希望する1ヶ月程前にディーラーに出向き、契約そのものは3月、9月、年末年始、月末にしましょう。

新車を安く購入するための4つの交渉方法とは??

これまでにご紹介したのは「安い時期をねらうこと」でしたが、さらに新車購入価格を下げるためには「値引き交渉」をしなければいけません。

ここでは新車の値引交渉方法を4つご紹介します。

①他のメーカーの対抗車種を引き合いに出す

例えばトヨタ・ノアやヴォクシーを購入する場合は日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンを引き合いに出すなど、同じジャンルの車種で、同じくらいの総排気量の車を引き合いに出すのがポイントです。

②同メーカーの同車種を引き合いに出す

例えばトヨタ・プリウスは、トヨペット店やネッツ店などで販売されていますので、他店で購入することを引き合いに出すことがポイントです。

③新車を購入する決定権は自分ではないことを引き合いに出す

あとは契約書に印鑑を押すところまで話しが進んだときに、営業マンが「今印鑑を押してもらえればこの価格にしますよ」と言われた場合に、すぐに印鑑を押してはいけません。

営業マンの目の前で「営業マンに○○○万円で印鑑を押してくれと言われているけど押してもいいか?」と妻や親に電話をして、電話を切ったあとに「もう〇万円引いてくれるなら印鑑を押してもいいらしい」と営業マンに伝えましょう。

営業マンからしてもこれまで長い時間をかけて印鑑を押すところまで話しをしているわけですから、何としてでも商談を成立させたいため、この方法は決定打となるはずです。

④限界まで値引きしたあとはモノで交渉する

営業マンに「これ以上の値引きはできません…」と言われたら、アクセサリーカタログやオプションカタログから何かつけられるモノがないかをお願いしてみましょう。

アクセサリーカタログにある商品は原価が低いものが多いため、営業マンからすると「このアクセサリーをつけて新車を買ってもらえるんだったら要望をのむか…」となります。

「新車を購入予定だけど値引き交渉を成功させるコツってあるの?」 という疑問はありませんか? ネットや雑誌には新車の値引き幅がのせられ...

今乗っている車を高価買取してもらって新車購入資金を得る方法とは??

新車の購入資金が今以上にあることで、ワングレード上の新車を購入することができますし、メーカーオプションやディーラーオプションをつけることもできますよね。

ここでは今以上に購入資金を増やす方法をお伝えします。

これまでに乗っていた車を買取業者に高価買取してもらうことで購入資金を増やすことができます。

車を高価買取してもらうためには、「車の一括査定サイト(無料)」を利用することをおすすめします。

サイト内になる「査定依頼フォーム」にあなたの個人情報と所有している車の情報を入力・送信するだけで買取業者から電話・またはメールがきますので、そこで買取業者に車を査定してほしい日時を伝えてください。

複数の買取業者が査定にきてくれることで、それぞれの買取業者が買取金額を提示してくれます。

買取金額を比較して、一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうことで、新車の購入資金を少しでも多く得ることができますよ。

さいごに

今回は新車の買い時は何月なのか、新車を購入するのにおすすめの時期はいつなのかについてご紹介しました。

新車を購入(契約)する良い時期は3月、9月、年末年始、月末でしたが、ディーラーに出向くのはそれらの1ヶ月前に出向き車種を選ぶ必要があります。

またディーラーが車を安くしてくれる時期に重ねて「新車を安く購入するための4つの交渉方法とは??」をぜひ参考にしてください。

車の購入資金を少しでも増やす方法として、車の一括査定サイトを使うことをおすすめしました。

一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらうことで、新車の購入資金を少しでも増やすことができますね。

今回の記事を参考に、お得に新車を購入してカーライフを楽しんでください。

詳しくはこちらもどうぞ。
愛車を高く買い取ってもらえる業者を見てみる(無料)

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

新車購入時に自動車保険を切り替えるタイミングはいつ?方法はどうするの?

頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるの?

車を購入するなら新車か中古車かどっちがお得なの?

新車購入時の値引き額の相場はいくらくらいなの?時期によって違うの?

新車と中古車ではどっちがお得?メリット・デメリットも解説

新車のお得な買い方とは?一括?ローン?リース?どれがおすすめなの?