新車が月々1万円から乗れるカーリースって何?デメリットはないの?

「新車に乗りたいけどお金がない…」

「新車がリースできるって本当?」

「新車が月々1万円から乗れるって本当なの?」

何て疑問はありませんか?

新車を購入する場合は頭金を含めた購入資金が必要ですし、将来的には税金、保険料、車検費用などさまざまな出費が出てきます。

無理して新車を購入すると将来的に維持するための費用が苦しくなり、最終的には車を手放さないといけなくなるかもしれません。

新車をもつのに購入費や維持費をかけたくない方は「カーリース」を利用する方が増えています。

今回はカーリースとはどんなものなのか、メリット・デメリットはあるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


カーリースとローンとの違いとは??

カーリース(car lease)は「車を借りる」という意味ですので、カーリースを利用した際は車を貸してくれる会社にリース料金を払うしくみになっています。

カーリースの場合は車検証の所有者はリース会社で、使用者があなたになります。

カーリースは車を借りるといってもレンタカーのように1日単位で借りるものではありませんので、リース車につくナンバープレートは「わ」ナンバーではなく普通のナンバーになります。

それどころか希望ナンバーをつけることも可能ですし、軽自動車の場合はオリンピックナンバーのように白ナンバーに変更することも可能です。

カーリースの最大のメリットは将来的にかかる維持費を心配しなくてもいいことです。
車を所有してかかる維持費のうち、将来的にかかる自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険料、車検費用、メンテナンス費用は、すべてリース料金に含められていますので、あなたは月々決められたリース料金を支払うだけでいいのです。

「軽自動車を購入しようか検討しているけど普通車とどのくらい維持費違うんだろう?」 「家計のためにも少しでも維持費が安い車に変えたい」 ...
「今乗っている愛車を新車に乗り換えようか検討している」 「今の車から新車に乗り換えた場合、維持費ってどっちが安いの?」 「車の維持費...

カーリースで車を選ぶときにメーカーが取り扱っているグレード、ボディーカラー、オプションが自由に選べますので自分好みの車に乗ることができます。

それに対して従来のローンでの新車購入は、毎月決まった金額をローン会社に返済していきます。

ローンを組んだときは車検証の「所有者」はローン会社になり「使用者」があなたになります。

ローンが完済できれば所有権解除手続きを経ることで所有者があなたとなり、購入した新車は完全にあなたのものになります。

カーリースとは違って税金、保険料、車検費用、メンテナンス費用はローンの返済金とは別に自分のお金で支払わなければいけません。

カーリースはローン返済より月々の支払いの負担が軽いのですが、その理由は残価設定をするからです。

例えば200万円の車を5年間リースする場合、5年後の車の価値を50万円というふうに、リース満了時に車の価値がどれくらいなのかを予想します。

残価分の50万円はリース料金に含まれていませんので、今の例でしたら200万円-50万円=150万円を5年間(60ヶ月)かけて支払う計算になり、月々の支払金額は25000円になります。

5年後には50万円の残価があるわけですが、残価を支払えばリースしていた車をリース会社に返却するのではなく自分のものにできる場合があります。

カーリースのメリット・デメリットとは??

カーリースのメリット、デメリットについて解説します。

カーリースのメリット

初期費用がいらない

ローンを組む場合は税金、保険料、手数料、新車購入代金の一部を頭金として払います。

カーリースはそのような費用がすべてリース料金に含まれていますので、初期費用が0円で新車に乗ることができるのです。

月々の支払いが安定している

ガソリン代を除いて、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険料、車検費用、メンテナンス費用といった将来的な維持費がすべてリース料金に含まれています。

突然の大きな出費がないのは助かりますね。

月々の支払金額が低い

さきほどお伝えしたようにカーリースは残価設定を行なう分、月々の支払金額は低くなります。

残価は人気車種ほど高く設定されますので、人気車種ほど安く乗れるのもカーリースの特徴です。

安全な状態で車に乗れる

カーリースの場合はリース料金にメンテナンス費用が含まれていますので、車に詳しくない方でもディーラーからの手紙やメールをもとに無料でメンテナンスしてもらうことが可能です。

カーリースのデメリット

月または年間の走行距離が制限されている

カーリースの場合は月の走行距離が1500~2000kmというように走行距離の制限が定められます。

上限の走行距離を短くしたほうがリース料金は安くなりますが、ご自身の生活スタイルに合わせて走行距離の上限を決める必要がありますね。

トータルの支払金額は現金一括払いやローンより高くなる

カーリースの契約中に発生する金利はローンの金利より高い傾向にあります。

最終的に車を自分のものにしたい場合や支払金額を少しでも安くしたい場合は、カーリースを利用するべきではありません。

カーリースは月々の支払いの負担を軽くしたい方が利用するべきですね。

中途解約の場合は大金が必要になる

事故で全損になった場合は、強制的にカーリースの契約は中途解約になります。

中途解約の場合はリース料金の残債や残価などを一括で支払う必要があるため大金が必要となる場合があります。

そうならないためにも任意保険のなかでも車両保険の加入を忘れてはいけません。

残価リスクが高い場合がある

カーリースの契約によっては残価が高額になっているものがあります。

残価が高額になるとその分月々の支払いがおさえられますので、その安さに飛びついてしまう方もいますが、基本的に残価は一括で支払う必要がありますし、残価分をローンで支払うとなるとさらに金利が発生してしまうため、トータルの支払金額がどんどん大きくなってしまいます。

カーリースを利用する場合は、リース料金を支払ったあとの残価支払いのことも視野に入れる必要がありますね。

あなたはカーリースに適しているのか??

先ほどご紹介したメリット・デメリットを踏まえて、以下の表を参考に自分がカーリースに適しているかどうかを見出してみましょう。

カーリースに適している人カーリースに適していない人
新車の購入資金がない人新車を最後まで乗り潰したい人
月々の支払金額を安くしたい人金利や手数料を抑えたい人
修理費用など突然の出費を避けたい人新車の購入資金や修理費用が準備できる人
車検などの手間をかけたくない人カスタマイズをして車を自分仕様にしたい人
車に詳しくないが車の安全を維持したい人車のメンテナンスが自分でできる人
月・年間の走行距離が少ない人月・年間の走行距離が多い人

新車が月々1万円で乗れるカーリースとは??

カーリースは月の走行距離の設定を低くする、残価設定を高くする、ボーナス月は支払金額を多くすることで月々の支払いをおさえることができます。

例えば「定額ニコノリパック」は、1万円、2万円、3万円のプラン料金があり、国産車であれば全メーカー、全車種を完備しています。

1万円からの定額料金で新車をリースできますし全国に加盟店がありますので、多くの方が利用できますね。

他にもカーリース業者がありますが、月々1万円で乗れるのは新車価格が安い軽自動車に多いです。

普通車であってもローンよりも安い月々の支払いで新車に乗れますので、あなたがカーリースに適している人であればお好みの車を探してみるといいでしょう。

車の高価買取でリース料金の残価を楽に支払うための方法とは??

カーリースは月々の支払いが楽な分、リース期間が終わると残価を支払わなければならないとお伝えしました。

残価は何十万円という金額が設定されますので、計画立てて残価金額をストックする必要があります。
もしストックできなかったとしても、今あなたが所有している車を一括査定サイトで査定してもらえば思わぬ査定金額がつきますよ。

あなたの個人情報と車の情報を一括査定サイトに入力するだけで、数分後に複数の買取業者があなたに電話またはメールしてきますので、そこで車を査定する日時を決めます。

後日買取業者の中古車査定士があなたの車が保管されている駐車場にやってきて車を査定してくれます。

査定の時間は30~1時間程で、早い買取業者はその場で買取金額を提示してくれます。

複数の買取業者の買取金額を比較し、一番高い買取金額をつけてくれた業者に車を売却することで、リース料金の残価にあてることができますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車の値段を試しに査定してみる(無料)

さいごに

今回はカーリースとはどんなものなのか、メリット・デメリットはあるのかについてご紹介しました。

カーリースとローンの比較からお伝えしましたが、カーリースの魅力は月々の支払金額が少ないということでしたね。

その他にもカーリースのメリットについてご紹介しましたが、その反面デメリットについてもご紹介しました。

メリット・デメリットを比較するだけでなく、そもそもあなたの車の所有の仕方がカーリースに適しているのかを自分で見出さなければいけません。

カーリースの月々の支払金額が安いのは残価設定があるからでした。

リース期間が終了すると何十万円もする残価を一括で支払わなければいけませんので、新車を購入する際はこれまで乗っていた車を一括査定サイトに出して高価買取してもらうといいでしょう。

今回の記事を参考に、カーリースで新車に乗ることを検討してみてはいかがでしょうか。

カーリースについてはこちらをご覧ください。

カーリースについて試しに見てみる

関連記事になります。合わせてご覧ください。

新車の購入は何百万円もする大きな買い物ですので、支払方法に関しては家計と相談して考える必要があります。 現金一括で支払うと金利がかからない...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

新車購入時の値引き額の相場はいくらくらいなの?時期によって違うの?

頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるの?

車を購入するなら新車か中古車かどっちがお得なの?

新車購入時に自動車保険を切り替えるタイミングはいつ?方法はどうするの?

新車のお得な買い方とは?一括?ローン?リース?どれがおすすめなの?

クレジットカード払いで新車購入はできる?