頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるの?

「新車を購入予定だけど頭金ってないと購入できないの?」

「手持ちがないのでローンのみで新車を購入したいんだけど可能?」

何て疑問はありませんか?

新車は何といっても気持ちがリフレッシュされますし、最新装備がついていることで快適なドライビングが楽しめます。

ただ新車を購入するとなると中古車のような安い値段で販売されていないことから、ローンを組むとしても高額なローンを組むことになります。

またディーラーの新車を購入する際の見積書をみると、頭金の項目のところに数十万から数百万円の金額が記載されていますが、頭金を払うことなくフルローン(全額ローン)で新車を購入することはできないのでしょうか。

今回は頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるのか??

結論から言うと、頭金なしのフルローンで新車を購入することは可能です。

最近の自動車ローンは昔と比べると金利が高くなく、頭金なしのフルローンが組みやすくなっているため、フルローンで新車を購入される方が多くなってきています。

かといってフルローンは誰でも組むことができるのではなく、ローンを組む金額が年収を上回っている場合、年収に対して年間の返済金額が多い場合、さらにローンの融資可能金額が購入金額を上回っている場合は、基本的にフルローンを組むことができません。

ただ昔と比べるとフルローンを組みやすい状況が他にもあります。
最近のフルローンは保証人や担保が必要でない場合が多くなってきているからです。

ただしフルローンを組んで車を購入しようとしている方が以下の5つの場合は、保証人が必要であったり、車以外の担保を求められる場合があります。

①成人していない場合
②会社勤めをして1年未満の場合
③返済額が年収の3割を上回っている場合
④住宅ローンを除く借入金もしくは自動車ローン、その他の借入金が年収の3割を上回っている場合
⑤収入が不安定で支払い能力に問題があったりする場合

新車の諸費用も込みでフルローンを組むことができるのか??

車を購入するときの金額は新車本体価格だけではなく、オプションなどの購入金額も合わせてフルローンに組み込むことができます。

ただローンはいくらでもお金を借りることができるわけではなく、職業、年収、現時点での借入金額によって異なります。

例えば銀行系のローンでは基本的に年収が400万円を超えている場合の借入限度額は年収の40%程で、年収が400万円未満の場合の借入限度額は年収の25%程となっています。

それだけではなくローンの利用限度額は自動車ローン以外の借入金の年間返済額の合計も考慮して決定されます。

借入限度額算定の基準となる年収は前年度の年収となるため、前年度の年収から算出した借入限度額に自動車ローン、その他のローンの年間の支払い額を差し引いた金額におさまる車を選ぶ必要があります。

また諸費用を含めて新車をフルローンで購入する際は、ディーラーから手付金を求められる可能性があります。

手付金は新車の購入者が購入の意思を示すもので、キャンセルを防止するために支払うものです。

つまり納車と引き換えに支払いをする場合は、現金であっても、頭金ありのローンを組む場合でも数万円の手付金が必要になる場合があります。
このように頭金なしで、オプションなどの費用も含めてフルローンを組むことができることをご理解いただけましたでしょうか。

ただ少しでも頭金を納めることができるのであれば頭金を納めたほうがいいですよ。

頭金を納めることによって以下の3つのメリットがあります。

「中古車を購入したいので手付金を支払うんだけどいくらくらいが相場なの?」 「手付金を支払うともうキャンセルってできないの?」 何て疑...

①審査が通りやすい

車のローンは金額が金額ですので審査が厳しいのが基本です。

先ほどご紹介しましたように、銀行系のローン審査の1つの基準として「年収の4割を超えているかどうか」というものがあり、もし4割以上であれば極端に審査が厳しくなります。

例えば年収が500万円の場合、500万円×40%=200万円以内のローンであれば審査が通ることが多いですが、200万円以上のローンとなると、将来的にこの人が支払いできないのではないかと思われるのです。

年収500万円に人が新車本体金額+オプション金額の合計250万円を購入する場合は、50万円を頭金として入れておくと、ローンで借入れする金額が4割に近づきますので審査に通る可能性が高くなるのです。

②ローン支払いが楽になる

これは言うまでもありませんが、車のローンを組むときは多くの人は5年ローン(60回払い)を選択します。

新車本体金額+オプション金額の合計によって月々の支払金額は異なりますが、おおよそ月2~5万円ほどなら大丈夫と思いながらローンを組む方が多いです。

ローンを組むときは「月々のローンの支払いが月3万円なら、これまで週に2回呑みにいっていたのを月2回にすればいい」と思いながらローンを組むのですが、なかなか実際の生活は頭で考えているようにはいかず、月々の支払いが苦しくなるものです。

ローンの支払金額を下げるためには、自分が乗りたい車には乗らず安い車を乗るのか、月々の支払い金額をもっと少なくなるように分割する回数を増やすという方法もありますが、それはご自身の意向に背いているでしょう…。

③金利による損失が少なくなる

先ほどはローンの支払金額を下げるためには、月々の支払い金額をもっと少なくなるように分割する回数を増やすとお伝えしましたが、ローンにはもちろんですが金利がかかります。

最近ではSOMPOホールディングスのジャパンダ・ネットマイカーローンのように、金利が年1.90~2.85%という比較的金利が低いローンがありますが、それでも金利を支払うのはもったいないことです。

例えば、新車本体金額+オプション金額の合計250万円を購入、ボーナス払い0円、金利年5%、元金均等返済でシミュレーションしてみましょう。

合計250万円を60回(5年)で返済する場合、利息は330,685円となり、合計2,830,685円を返済することになり、月々の支払い金額は47,178円になります。

同じ金額を84回(7年)で返済する場合、利息は468,121円となり、合計2,968,121円を返済することになり、月々の支払い金額は35,335円になります。

60回払いと84回払いでは月々の返済金額は11,843円も楽になりますが、利息が137,436円も増えることになります。

こう考えると新車を購入するときにできる限り多くの頭金を納めたほうが、余計な利息を支払う必要がなく、結果的にはあなたが楽になります。

頭金を少しでも多く納めるために利用するべき車の一括査定サイトとは??

先ほどは新車を購入するときは頭金なしのフルローンを組むことはできますが、できる限り頭金を多く入れておいたほうが余計な金利を支払う必要がないということをお伝えしました。

とはいってもお金があれば多くの頭金を納めているでしょうし、簡単に頭金をつくることができるのなら頭金をつくっていらっしゃいますよね…。

ここではできるだけ多くの頭金のつくり方をご紹介します。

今お持ちの車から新車に買い替える場合に、おもちの車を高価買取してもらって頭金をつくる方法です。

新車を購入する際に多くの方はディーラーの下取りに出されるかもしれませんが、ディーラーの下取りに出していては頭金をつくることはできません。
なぜならディーラーは初年度登録から10年以上の車、また積算走行距離が10万キロ以上の車は0円でしか引取ってくれません。

初年度登録から10年以下であっても、積算走行距離が10万キロ以下であってもディーラーが車を高価買取してくれることはありませんので、ディーラーに車を引取ってもらうことはやめましょう。

「じゃあどこに車を引取ってもらえばいいの??」とお思いの方、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」をご存じですか??

ディーラーに車を引取りしてもらっても高価買取してもらえないということをご存じの方は、街なかにある買取業者や中古車販売店に車を買取りしてもらっています。

とはいってもいつもよく通る道沿いにある買取業者を利用したり、知り合いの買取業者に車を買取りしてもらう方が多いのです。

中には高価買取を望んでいる方は買取業者を1つずつ回りながら、一番高く買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらっています。

しかし今の話しを聞いて「1つずつ買取業者を回るの…、めんどくさい…」と思いますよね。

そこで利用をおすすめするのが「車の一括査定サイト」なのです。

一括査定サイトはあなたの個人情報と所有している車の情報をサイト上に入力して、それを一括査定サイト運営会社に送信するだけで、運営会社があなたのお住まいの近くにある買取業者に、あなたの情報を転送してくれます。

あなたの情報を受け取った買取業者があなたに直接連絡をしてきますので、そこで車を査定する日時を決定し、後日車の査定を行なってもらうのです。

一括査定サイトを使うメリットは、あなたが買取業者を自分で回らなくても買取業者があなたのところへやってきて車を査定してくれること、そして査定しにくる買取業者は1社ではなく複数社であることです。

複数の買取業者が査定してくれることで各買取業者が提示する買取金額を知ることができ、買取金額を比較することができるので一番高い買取金額をつけてくれた買取業者に車を買取りしてもらえばいいのです。

このように一括査定サイトを利用すると頭金をつくることができますので、返済が苦しいフルローンを避けることができますね。

さいごに

今回は頭金なしのフルローンで新車を購入することはできるのかについてご紹介しました。

頭金なしのフルローンで新車を購入することは可能で、最近では基本的にはフルローンを組むときに保証人や担保が必要でない場合が多くなってきています。

またフルローンを組む場合は新車車両本体価格分だけではなく、オプションなどの諸費用も含めてフルローンを組むことができます。

ただフルローンを組むよりかは、できるだけ頭金を納めたほうがいいとお伝えしましたね。

その理由は頭金を入れたほうが「審査が通りやすい」「ローン支払いが楽になる」「金利による損失が少なくなる」の3つのメリットがあるからでした。

少しでも頭金を納めるために、今所有している車を高価買取してもらうことをおすすめしました。

簡単に中古車を高価買取してもらう方法として、ネットを使った「車の一括査定サイト」を利用すればいいのでした。

一括査定サイトを使うと買取業者があなたのところへ出張して車を査定してくれること、複数の買取業者の買取金額を比較することで高価買取が期待できるメリットがありました。

今回の記事を参考に、頭金なしのフルローンの内容を知っていただき、一括査定サイトを利用して少しでも頭金を納めて新車を購入してください。

愛車を少しでも高く買い取ってもらいたい方はこちらもご覧ください。

愛車を高価買取してくれる業者を見てみる(無料)

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

新車購入時の値引き額の相場はいくらくらいなの?時期によって違うの?

新車が月々1万円から乗れるカーリースって何?デメリットはないの?

新車購入の頭金の相場は?いくら用意したらいい?いつ払うの?

クレジットカード払いで新車購入はできる?

新車のお得な買い方とは?一括?ローン?リース?どれがおすすめなの?

新車の買い時って何月なの?購入におすすめの時期はいつ?