中古車の選び方とは?走行距離や年式で気を付ける点とは?

「中古車を購入しようと思うんだけど走行距離や年式ってどうみたらいいの?」

「中古車を購入するならどのくらいの走行距離がおすすめ?」

何て疑問はありませんか?

中古車販売店で販売されている中古車は、同じ車種であっても積算走行距離や年式が車ごとに異なります。

中古車を選ぶときに、積算走行距離と年式は必ずといっていいほど注目しなければいけないところです。

今回は中古車を選び方、積算走行距離と年式で気をつける点についてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


中古車選びで積算走行距離と年式をどうみるといいのか??

積算走行距離や年式に限界はあるのか??

車は積算走行距離や年式によって、安全に走れなくなる「限界」はあるのでしょうか??

以前は、積算走行距離が10万キロを超えた過走行車、初度登録から10年以上経過した低年式車は安全に走ることができないと言われていました。

しかし今ではそのお話しは遠い昔の話しです。

中古車は型式が新しくなるほど車の性能があがっており、寿命も延びています。

最近の車は積算走行距離が30万キロを寿命の1つの目安にしますが、きちんとメンテナンスさえしていれば30万キロ走行しても安全に乗り続けることができますよ。
実際にタクシーのような毎日たくさんの距離を走る車は、積算走行距離が50万キロを超えているものもありますが、日々のメンテナンスが行き届いているため、まだまだ走り続けることができるのです。

そもそも外国ではメンテナンスされていない日本車が20万キロ以上走行しているのは当たり前の光景ですので、メンテナンスをしていればもっと走ることができるということです。

年式については、初度登録から10年以上経過した車は「低年式車」というのも昔の話し。

10年経った車であっても問題なく安全に走行している車はたくさんあります。

なぜなら先ほどの過走行車と同じで、メンテナンスがきちんと行なわれている車であれば、年式が古くても安全に走ることができますよ。

また低年式車であっても、最近の車は故障が多いわけでもなく、問題なく走り続けている車はたくさんあります。

部品の経年劣化については、どの年式の車であっても避けることはできませんが、10年落ち程度の年式の古さであれば、大きな故障が確認されるわけではありません。

年式と積算走行距離の適切な関係とは??

中古車を選ぶときに、年式と積算走行距離のどちらを優先すればいいのかが分からない方がいらっしゃると思います。

これらはもちろん両方を加味しないといけないので、優先順位をつけるというよりかは、両方のバランスを図ることが大切です。

例えば初度登録から3年落ちの車で10万キロ走っている車や、5年落ちの車で1万キロ走っている車では、どちらにもリスクがあります。

車の1年間の適切な積算走行距離は8,000~10,000kmを目安にすることをおすすめします。

では年式と積算走行距離の双方を視野に入れたリスクについてみていきましょう。

①積算走行距離20,000km/初年度登録から10年目の場合

年数が経っているわりに積算走行距離が少ないことから、普段はあまり車を利用しない方の乗り方です。

最初の数年は乗っていたけれど、その後何年も乗っていない可能性もあります。

普段動かされていない車は、外装、足回り、エンジンルーム内のゴム類、機関系に使われている金属部品が経年劣化している可能性が高いため、積算走行距離が少ないからといってこのような中古車の購入はおすすめしません。

②積算走行距離20,000km/初年度登録から1年目の場合

1年で20,000kmも走行している車は、普段通勤などで利用されているか、数回の運転で長距離を走っているか考えられます。

普段動かされている分、①の車のような経験劣化はみられないため、①の車よりかは②の車の購入をおすすめします。

ただ車に負荷がかかっていることは間違いありませんし、同じペースで乗り続けるとサスペンションなどの消耗部品の交換時期が早まります。

やはり車の1年間の適切な積算走行距離は8,000~10,000kmを目安にしましょう。

おすすめする中古車の選び方とは??

先ほどのことをふまえてどのような中古車を選べばいいのかを積算走行距離別にご紹介します。

質の良い中古車を選ぶなら30,000~50,000km

1年の積算走行距離が10,000knを目安にすると、3~5年程乗られた車は走行距離が浅く、経年劣化も少ない中古車がほとんどです。

質の良い車や、比較的高年式の車に乗りたい場合は、30,000~50,000km程の中古車を選ぶといいでしょう。

価格を重視するなら60,000~100,000km

中古車相場をみると、積算走行距離が50,000kmを超えてくると車両本体価格が下がる傾向にあります。

60,000kn超えの中古車は安いだけでなく、部品の経年劣化もそれほど進んでいないため、安全に安く車を購入したい場合は、60,000~100,000kmの車を選んでくださいね。

とにかく安い車を希望するなら100,000~120,000km

中古車相場をみると、100,000knを超える車はさらに車両本体価格が下がります。

最近の車は積算走行距離が100,000kmを超えていても問題なく走行することができますが、一昔前では車の寿命は100,000kmと考えられており、その考えが今でも根強く残っています。

その影響もあり車両本体価格が下がるのです。

100,000kmを超えた車が安いことには間違いありませんが、販売されている中古車がどこまでメンテナンスされているのか、購入時はどこまでメンテナンスしてくれるのかを中古車販売店に確認しましょう。

積算走行距離100,000km超えの中古車のメンテナンスとは??

100,000km超えの中古車を購入するときに、中古車を購入するあなた自身も注意して見ておかなければならない部分についてご紹介します。

タイミングベルトは交換されているか??

タイミングベルトは、エンジンが綺麗な空気を吸うのと、ガソリンを燃焼したことにより出てきた汚れた空気を排気するときのタイミングを図っているのがタイミングベルトです。

ゴム製のタイミングベルトの交換時期は、積算走行距離が100,000kmのときであり、きちんと交換しておかないとエンジンがガソリンの不完全燃焼を起こしてしまい、エンジン不能になってしまいます。

積算走行距離が100,000km前後の中古車を購入するときは、タイミングベルトが交換されているかを確認しましょう。

もしタイミングベルトが交換されていない場合は自分で交換する必要があり、交換費用は10万円程必要です。

ちなみにタイミングベルトが金属でできている「タイミングチェーン」は、積算走行距離が300,000kmですので、長く交換しなくても中古車を乗り続けることができますよ。

ブッシュ類などのゴム製品の状態はどうか??

ブッシュ類は、ゴム製の緩衝材をさし、車の緩衝作用や異音軽減までを担う部品のことです。

また車軸部分についているドライブシャフトブーツもゴム製品で、これらのゴム製品の寿命は新車から10年以内、積算走行距離100,000km以内ですので、中古車購入時にゴム製品の劣化度合いは確認しておく必要があります。

オイル類はきちんと交換されているか??

車には、エンジンオイルをはじめとして、ミッションオイル、ブレーキオイルなど、さまざまなオイルを使用して車を走らせています。

エンジンオイルがきちんと交換されていない場合はエンジン不能になりますし、ミッションオイルが交換されていないと車のミッションが故障し、不動車となる可能性があります。

またブレーキオイルが交換されていないと、フットブレーキを踏んでもブレーキが正常にきかない場合があり大変危険です。

これらのオイルはオイル量やオイルの状態を目で確認すること、またオイル交換歴を示したステッカーなどで確認できますので、必ず確認してください。

安全な中古車を選ぶためのポイントとは??

今回は年式や積算走行距離に注目した中古車選びについてご紹介していますが、中古車を購入するときは必ずといっていいほど「リスク」がともなうことは知っておいてください。

例えば中古車を購入するときに「修復歴の有無」は必ず確認しなければいけませんし、多くの方は修復歴ありの車は購入を避けるでしょう。

また悪質な中古車販売店によっては、修復歴を隠して販売しているところもあります。

修復歴に関していうと、過去に故障したことがある車や、水没車は「修復歴あり」には含まれませんし、過去の故障や水没は履歴として確認することは難しいでしょう。

積算走行距離のメーター改ざんについては、現在では車検証へ過去2回までの車検時の走行距離の明記が義務づけられたため、ほぼ皆無といっていいです。

中古車選びはリスクがある分、購入時には必ず自分の目で細部にわたって現車確認することをおすすめします。

車の知識がある人が近くにいる場合は、その人を中古車販売店に連れていって車を確認してもらうのも1つの方法です。

もし自分だけで現車確認する場合も、ネットで中古車のどの部分を見るべきかについて、十分に勉強したうえで現車確認を行なってくださいね。

あと可能でならば現車確認だけでなく試乗させてもらってください。

目で見ただけは問題のない車であっても、走行中に異音がしたり違和感のある車もあります。

「自賠責保険が切れていて、ナンバープレートがないため試乗はできません」なんて言ってくる中古車販売店もありますが、自賠責保険は1日だけでも入ることができますし、ナンバープレートがなくても役所で仮ナンバーを交付してもらえれば公道を走ることが可能です。

試乗をかたくなに拒否してくる中古車販売店は、何かを隠していると思ってもいいかもしれませんよ。

今乗っている車を効率よく廃車にする方法とは??

今乗っている車が、初度登録から10年以上経過している場合や、積算走行距離が100,000km超えている場合は、ディーラーでは買取りしてくれませんし、買取業者であっても高値で買取りしてくれるところは少ないです。

また故障車、不動車などはなおさら買取りしてもらえません。

そんなときに利用をおすすめするのが、廃車する車を専門に買取りしてくれる「カーネクスト」です。

カーネクストは買取業者で高値をつけてくれなかった車であっても、0円以上で買取保証してくれます。

メーカースバル車種レガシー TW
年式2007( 平成 19) 年式総排気量2,000cc
積算走行距離240,000km買取金額22,000 円
買取理由エンジンがかからず走行不可とのことですが、そのほかの部品やパーツとして販売できるため 22,000 円で買い取りました。

上記はカーネクストが車を買取りした一例ですが、不動車のうえに積算走行距離が240,000kmなのにも関わらず、22,000円という買取金額を出してくれています。

買取金額が提示されてお客様が納得いけば、数日後に買取金額のお金が振り込まれます。

また廃車するのに発生するレッカー費用や、陸運局で手続きする永久抹消登録手続きの代行手数料など、廃車費用はすべて無料でやってくれますよ。

買取業者が車を買取りしてくれなかったり、買取金額に満足いかなかった場合は、一度カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車がいくらになるか試しに調べてみる(無料)

さいごに

今回は中古車を選び方、積算走行距離と年式で気をつける点についてご紹介しました。

中古車を選ぶときに必ず見なければいけないのが、年式と積算走行距離でした。

単に高年式、低走行距離の中古車が良質の中古車というわけではなく、年式と積算走行距離が適切な関係になっているのかを見る必要がありましたね。

最近の車は、初度登録から10年以上のものでも、積算走行距離が100,000km以上のものでも、きちんとメンテナンスしていれば、その先も安全に乗ることができますので、自分の家計に合った中古車を選びましょう。

年式と積算走行距離だけでなく、修復歴を重視し、中古車を購入する際は必ず現車確認をしてください。

中古車販売店に現車確認を予約する際は、試乗もさせてほしいとお願いしましょう。

何かと理由をつけて試乗を拒む中古車販売店もありますが、その中古車販売店は怪しい・何かを隠していると思ってくださいね。

私も車に関して素人だったとき、現車確認だけして中古車を購入した際に、実はサスペンションが経年劣化で交換する必要があったという経験をしたことがあります。

サスペンションを目視したときにオイル漏れもなく、車内に乗り込んでスプリングも確認したのですが、購入後に走行していると、サスペンションから異音がして、最終的には40万円ほどかけてサスペンションを交換しました。

こうならないためにも中古車を購入するときは必ずリスクがありますので、しっかりと試乗させてもらいましょうね。

今回の記事を参考に、自分が納得のいく中古車を選んでくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「中古車の軽自動車を購入する予定だけど、購入する時に注意点ってある?」 何て疑問はありませんか? 軽自動車は維持費が安いため経済的な...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車が走行距離不明なのはなぜ?改ざん?購入するのは危険なの?

中古車はどこで買うのがいいの?いい車を安く手に入れるコツを解説

遠方(県外)の中古車を購入したいんだけど買い方はどうしたらいいの?

中古車で年式は古いのに走行距離は少ないのはなぜ?購入はおすすめ?

中古車の値引きの限界っていくらくらい?相場はどのくらい?

中古車の車検2年付の意味とは?メリット・デメリットは?