県外で購入する中古車のナンバープレートの取得手続きはどうしたらいいの?

「県外で中古車を購入したいんだけど、ナンバープレートはどうやってとればいいんだろ??」

何て疑問はありませんか?

中古車を購入したときは、ナンバープレートがついているものと、ついていないものがあります。

ナンバープレートがついていない場合は、自分で新たにナンバープレートを取得する必要がありますし、ナンバープレートがついている場合であっても、購入後は新しいナンバープレートを取得しなければいけません。

今回は県外で購入する中古車のナンバープレートの取得手続きについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


県外で購入した中古車のナンバープレートの取得手続きとは??

まずナンバープレートはどのようなときに変更・登録するのかをまとめましたのでご覧ください。

手続き内容
名義変更 ( 移転登録 )所有者を変更する際に行なう手続き
新規登録登録されていない自動車を新たに登録する場合の手続き
変更登録氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合の手続き
番号変更ナンバープレートの紛失、盗難、毀損したときに必要な手続き

今回お話ししているのは県外で購入した中古車のナンバープレートの取得手続きですので、名義変更手続きか新規登録が該当します。

ではナンバープレートの取得手続きについてみていきましょう。

県外で中古車を購入したときの名義変更とは??

県外ナンバーがついている中古車を購入する、また県外の知人から車を譲り受ける場合は、車の名義変更を行なう必要があります。

名義変更を行なった場合はナンバープレートも変更されます。

例えば名古屋ナンバーがついている中古車を神戸の方が購入された場合は、車の名義変更を行なったときにナンバープレートが神戸ナンバーに変更になるのです。

県外ナンバーの中古車を購入した場合は、基本的には中古車販売店が名義変更手続きをしてくれますが、遠方の県外で中古車を購入した場合は、自分で中古車の名義変更をしなければならない場合がありますので、中古車販売店と話し合ってくださいね。

同じ県内でもナンバープレートが変更になる場合がある

基本的に同じ県内で中古車を購入した場合は、ナンバープレートは変更されません。

例えば奈良県は奈良ナンバーしかありませんので、奈良市の方が奈良県内の他の市町村の方に車を売ったとしても奈良ナンバーのままですので、ナンバープレートが変更されないのです。

しかし大阪ナンバーのように、同じ大阪府内であっても「なにわナンバー」「大阪ナンバー」「堺ナンバー」「和泉ナンバー」というように複数のナンバーが設けられているところもあります。

例えば大阪市内ではなにわナンバーですが、大阪市内の人が堺市の人に車を売った場合は、ナンバープレートが代わります。

同じ都道府県内であってもこのようにナンバープレートが代わる場合がありますので、名義変更のときはナンバープレートが代わる場合と代わらない場合があることを知っておいてくださいね。

希望ナンバーを取得した場合はナンバープレートは代わる

県内や県外で中古車を購入した場合、希望ナンバーを取得される場合はどちらの場合であってもナンバープレートは必ず代わります。

またオリンピックナンバーにしたいという場合でもナンバープレートを変更することになります。

希望ナンバーはネットから「希望番号申込サービス」(https://www.kibou-number.jp/html/GCAA0101.html)から申込むことができます。

以下はネットから申込む場合の2つのパターンを示したものです。

抽選希望ナンバーの場合一般希望ナンバーの場合
①抽選申込みする(24時間365日受付)
②申込み完了メールを受け取る
③翌週月曜日に抽選発表がある
④抽選結果のメールを確認する
⑤当選した場合は3日以内にナンバープレート代の支払い予約済証発行してもらう
⑥ナンバープレートの交付可能日をメールで受け取る
⑦古いナンバープレートを外して返納し、新しいナンバープレートを交付してもらう
⑧新しいナンバープレートを付けて、封印取付受託者(陸運局の職員)に封印をつけてもらい、車検証を受け取り終了
①予約申込をする(24時間365日受付)
②申込み完了メールを受け取る
③ナンバープレート代を支払う
④入金確認メールを受け取る
⑤予約済証発行してもらう
⑥ナンバープレート交付可能日以降に、登録・届出申請をする
⑦古いナンバープレートを外して返納し、新しいナンバープレートを交付してもらう
⑧新しいナンバープレートを付けて、封印取付受託者(陸運局の人)に封印を付けてもらい、車検証を受け取り終了

ナンバープレート変更の手続きと必要書類

中古車を購入して名義変更手続きを行なうということは、ナンバープレートが変更されるというのが基本です。

名義変更を中古車販売店に依頼する場合

必要書類請求先備考
①実印ご自身でお持ち印鑑登録をした印鑑
②印鑑証明書市区町村の役所発行より 3 ヶ月以内有効
③車庫証明書管轄する警察署警察署にて書類を取得・申請書類提出
④車検証中古車販売店任意保険申込の際に必要、コピー可
⑤自賠責保険証中古車販売店車を購入するときに必要
⑥委任状中古車販売店中古車販売店が準備してくれます
⑦譲渡証明書中古車販売店中古車販売店が準備してくれます

義変更を中古車販売店に依頼する場合は、上記の書類・ものが必要です。

上記の書類を準備して、お住まいを管轄している陸運局で名義変更手続きを行ないます。

陸運局では先ほどの書類に加えて「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書」を現地で入手して完成させましょう。

軽自動車の名義変更の際も、基本的には先ほどの①~⑦を準備しますが、軽自動車の場合は①の実印の代わりに認印でも大丈夫ですし、認印の場合は②の印鑑証明書は必要ありません。

また軽自動車の場合は一部地域を除いて車庫証明を申請する必要はありませんので、③の車庫証明書も必要ない場合があります。

名義変更を自分で行なう場合

中古車販売店が許可を出してくれれば、名義変更は自分でも行なうことができます。

陸運局へ出向く場合は、軽自動車の場合は車両を持ち込む必要はありませんが、普通車の場合は車両を持ち込む必要があります。

なぜならナンバープレートを新しいものに交換するときに、普通車の場合は後ろのナンバープレートをつけたあと、最後にナンバープレートの左側のねじに被せるように、陸運局の職員が封印をしなければならないからです。

軽自動車の場合は封印がないため、車両を持ち込む必要がないのです。

ただ購入した中古車が車検なしの場合だとナンバープレートがついていないため、仮ナンバーを役所で交付してもらうか、積載車で車を陸運局まで運ぶ必要があります。

ナンバープレートがついている中古車の場合だとそのまま陸運局まで乗って行けますので楽ちんですね。

また陸運局で手に入れる「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書」を自分で完成させなければいけませんので、時間と労力がかかるのは間違いありません。

そう考えると中古車販売店に名義変更を依頼したほうがいいでしょうね。

これまでに乗ってきた車を高く売る方法とは??

県外で中古車を購入した場合、これまで乗ってきた車は必要なくなりますよね。

車を購入する県外の中古車販売店で車を下取りしてもらうことで、車を手放すことはできますが、車の下取りは大した金額で買取りしてくれません。

車の買取りを専門にしている買取業者に車を買取ってもらうと、下取りよりかは高い金額で買取りしてくれますが、自分のお住まいの近くにある買取業者を1軒ずつ回るのは効率が良くありません。

そこで利用をおすすめするのが、ネットを利用した「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すると、車を簡単に高価買取してもらえます。

一括査定サイトにアクセスして、あなたの個人情報と車の情報を入力・送信するだけで、数分するとあなたの車を買取りしたい買取業者が電話またはメールしてくれます。

例えば5軒の買取業者が連絡してきた場合、あなたはどの買取業者に車を査定してほしいかを選ぶことができます。

できる限りたくさんの買取業者に査定してもらったほうが、買取金額の比較ができますし、一番高い買取金額をつけてくれた業者に車を売却することで、お得に車を手放すことができますよ。

ぜひ車の一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車がいくらになるか試しに調べてみる(無料)

さいごに

今回は県外で購入する中古車のナンバープレートの取得手続きについてご紹介しました。

県外ナンバーがついている中古車を購入する、また県外の知人から車を譲り受ける場合は、車の名義変更を行なわなければいけません。

名義変更を行なう場合、普通車は後ろのナンバープレートに封印をしてもらわなければいけませんので、陸運局に車を持ち込む必要がありますが、軽自動車は車の持ち込みは必要ありません。
県外の中古車販売店から車を購入した場合であっても、名義変更は販売店が行なってくれますが、場合によっては自分で車の名義変更をしなければいけないときもあります。

そのときは名義変更に必要な書類をもって、陸運局で名義変更手続きを行ないましょう。

費用を浮かせるためには自分で名義変更手続きをしたほうがいいです。

ただ名義変更手続きに必要な書類を作成するのには時間も労力も必要ですので、慣れていらっしゃらない方は可能な限り中古車販売店に依頼したほうがいいでしょう。

名義変更手続きを依頼した場合の代行手数料は10,000~30,000円程が相場です。

これまで乗ってきた車が不要な場合は、車の一括査定サイトで効率よく車を売却してくださいね。

今回の記事を参考に、県外で購入した車のナンバープレートの取得手続きを進めてみてください。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車を処分したいけどどういう方法があるの?

中古車の購入に必要な書類は?印鑑証明や住民票は必要なの?

中古車購入時の名義変更は自分ですることは可能?代行してもらうと費用はいくらかかる...

購入する中古車のナンバープレートを変更したい場合の手続きはどうしたらいい?

中古車購入の手続き代行費用の相場はいくらくらい?安くするコツはある?

中古車を処分したいけどディーラーで手続きしてくれるの?