購入する中古車のナンバープレートを変更したい場合の手続きはどうしたらいい?

「車検付の中古車を購入するんだけど、ナンバープレートがついているから、購入後にナンバープレートを変更することってできるのかな??」

車検付の中古車を購入する場合や、知人から車検付の車を譲り受ける場合はナンバープレートがついている状態です。

あなたの住所と同じ管轄内の中古車を手に入れたときは、前のユーザーのナンバープレートがそのまま引継ぎされます。

このような車を手に入れたときは、後日自分でナンバープレートを変更することができます。

今回は購入する中古車のナンバープレートを変更したい場合の手続きについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


中古車のナンバープレートを変更する場合の手続きとは??

ナンバープレートを変更する場合は、今回のように車検付の中古車を手に入れる場合や、希望ナンバー、オリンピックナンバー、図柄入りナンバーなどに変更したい場合に行ないます。

ここではナンバー変更に必要な書類と手続きについてみていきましょう。

ナンバー変更に必要な書類と手続き

ナンバープレートを変更するには「印鑑」「車検証」「現在のナンバープレート」の3つが必要です。
この3つをもって普通車の場合は陸運局(運輸支局)、軽自動車の場合は軽自動車検査協会へ出向きます。

陸運局・検査協会に着いてから「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書」の3つを入手して、陸運局・検査協会現地でサンプルを見ながら完成させてください。

その後はナンバープレート返納受付窓口で、古いナンバープレートを返納しましょう。

万が一、盗難や紛失で返納できない場合は必ず警察署に届出をしてください。

なぜならナンバープレートを盗難・紛失した場合は、陸運局に理由書を提出しなければいけません。

理由書には盗難であれば盗難届、紛失であれば遺失届を出した警察署の名称や、届出をしたときの受理番号等を記入する必要があるからです。

もし理由書が必要な場合は陸運局で手に入れることができますよ。

「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」「申請書」が完成すれば登録受付窓口に提出してしばらく経つと、車検証交付窓口で新しい車検証をもらうことができます。

その後は税申告窓口に「自動車税・自動車取得税申告書」を提出し、ナンバープレート交付窓口で新しいナンバーをナンバープレート交付窓口で受け取ります。

最後に車に新しいナンバープレートをつければ手続き終了です。

ちなみに普通車のナンバー変更する場合は、後ろのナンバープレートに封印をしてもらう必要がありますので、陸運局に車を持ち込まなければいけません。

軽自動車の場合も同様の流れで手続きをすすめることができます。

どのような場合に中古車のナンバープレートを変更するのか??

ローンで中古車を購入した場合

中古車をローンで購入する方が多いですが、ローンで車を購入した場合は、車検証の所有者がローン会社かディーラーになっていて、使用者があなたになっています。
この場合にナンバープレートを変更するなら、所有者であるローン会社またはディーラーの委任状をとる必要があります。

「わざわざローン会社に連絡しないといけないのか…」と思われるかもしれません。

所有者がローン会社の場合は、ローン会社に委任状を請求しなくてもいい場合があります。

陸運局の近くには「登録管理ネットワーク」という会社があり、ローン会社の多くはこの会社に書類の発行業務を委託しています。

また登録管理ネットワークは一部の書類発行業務を陸運局内の標板協議会(ナンバープレートを販売しているところ)に委託しています。

登録管理ネットワークを利用しているローン会社なら、直接ローン会社に委任状を依頼しなくても、標板協議会に出向き、ナンバープレートを変更したいと伝えると、ナンバープレート変更用の委任状をその場で発行してくれます。

所有者がディーラーの場合は、ディーラーに委任状を発行してもらう必要があります。

希望ナンバーにする場合

自分の好きな4ケタのナンバープレートにしたい場合は「希望ナンバー」を取得する必要があります。

希望ナンバーの申込みはネットで希望ナンバーを申し込む(https://www.kibou-number.jp/html/GCAA0101.html)か、陸運局にある希望番号予約センターで申込むかのいずれかです。

希望ナンバーの交付手数料は4,100~5,500円程が相場で、希望番号予約センターで申込んだ場合はセンターで支払い、ネットで申込んだ場合は銀行振込で交付手数料を支払います。

交付手数料を支払うと希望番号予約済証が発行されますので、ナンバープレートが完成するまでなくさないようにしましょう。

希望ナンバーはナンバープレートの番号が確定してから製造されますので、新しいナンバープレートができるまでに5日程かかります。

希望ナンバーには「一般希望番号」と「抽選対象希望番号」の2種類があり、抽選対象希望番号の場合は、毎週月曜日に発表される抽選発表で当選していれば、申込んだナンバーを取得することができるしくみになっています。
抽選対象希望番号は以下のようになっています。

・・・ 1・・・ 7・・・ 8・・ 88・ 333・ 555・ 777
・ 888111120203333555577778888

当選したあとは3日以内に交付手数料を支払う必要がありますので、木曜日頃までには支払いを済ませ、希望番号予約済証をもらいましょう。

ナンバープレート変更後の封印とは??

封印とは普通車の後ろのナンバープレートの左上についているアルミでできたフタのようなものです。

封印は「自動車と車検証、ナンバープレートの三者の同一性を担保し、所有権の公証制度を守ると共に、交通違反や犯罪の防止と捜査に貢献しています」となっているほど立派な制度なのです。

新しいナンバープレートをつける際には、陸運局の職員が最後に封印をつけて取り付け完了となります。

だから普通車のナンバープレートを変更する場合は、車を持ち込まないといけないのです。

ただ今では行政書士があなたの自宅や勤務先の駐車場までやって来て出張封印をしてくれますので、わざわざ車を陸運局に持ち込む必要はありません。

もちろん出張封印にやってくる行政書士は、正式に委託を受けた行政書士です。

中古車販売店が販売した車は出張封印の対象外になのですが、ユーザー間の個人売買や事業用自動車の配置転換の際に利用できます。

以下は出張封印ができる場合とできない場合をまとめたものです。

<出張封印ができる場合>
・個人売買や相続による名義変更の登録にともないナンバーが変わる場合
・引越しによる住所変更の登録にともなってナンバーが変わる場合
・営業所間の配置換えなど、使用の本拠の位置の変更の登録にともなってナンバーが変わる場合
・ご当地ナンバーへの番号変更登録にともなって番号が変わる場合
・ラグビーナンバーへの交換でナンバーが変わる場合
<出張封印ができない場合>
・中古車販売店が販売のために仕入れたような場合
・中古車販売店が直接ユーザーに販売した場合
・中古車新規登録でナンバープレートをつける場合

出張封印制度ができたことで、平日に休みがない人であっても封印を受けることができますし、陸運局の開庁時間である平日8時45分から16時までという時間の制約を受けることもありませんね。

中古車の購入資金を少しでも手に入れる方法とは??

新たに中古車を購入する場合、何万円ものお金が必要になります。

先ほどご紹介した希望ナンバーの交付手数料は4,100~5,500円程が相場ですので、中古車を購入するためには細々とお金がかかるものです。

車両本体価格だけでなく、法定費用や諸費用などもかかりますので、中古車を購入するときは総額でいくら必要なのかを算出する必要があります。

中古車を購入する資金を少しでも手に入れるためには、今まで乗っていた車を買取りしてもらうことで購入資金を調達することができますよ。

せっかく買取りしてもらうのであれば、少しでも高く買取りしてほしいところですよね。

そんなときに利用をおすすめするのが、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すると、一度に複数の買取業者に車の査定を依頼することができます。

車の高価買取をねらうためには、できる限り多くの買取業者に車を査定してもらい、買取金額を聞くことです。

一括査定サイトを利用した場合、基本的に買取業者は無料出張査定してくれますので、あなたは自分の車の保管場所で営業マンを待つだけ。

あとは各買取業者の査定結果を比較して、一番高く買取りしてくれる買取業者に車を買取りしてもらうことで、お得に車を手放すことができますよ。
この方法で少しでも多くの購入資金を調達してくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者を見てみる(無料)

さいごに

今回は購入する中古車のナンバープレートを変更したい場合の手続きについてご紹介しました。

ナンバープレートを変更する場合は陸運局または検査協会でナンバープレート変更手続きを行なう必要があります。

所有者がローン会社やディーラーの場合は、それらの委任状が必要になりますが、登録管理ネットワーク・標板協議会を通じて委任状を発行してもらうことができますので、この制度を利用してくださいね。

今人気の希望ナンバーへの変更については、ネットなどから希望ナンバーの申請を行なうことで好きな番号をつけることができます。

普通車の場合は、新しいナンバープレートをつけたあと、最終的に陸運局の職員に封印をしてもらう必要があるのですが、もし陸運局で封印を受ける時間がない場合は、正式に依頼を受けた行政書士が出張封印してくれますよ。

中古車の購入資金を調達するときには、車の一括査定サイトをぜひ利用してみてくださいね。

今回の記事を参考に、中古車のナンバープレートを変更手続きを行なってみてください。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「友人から中古車を譲ってもらうんだけど、その車はまだ車検が残っていてナンバープレートもついているから、このナンバープレートをそのまま継続して使う...
「新車を購入しようと思うんだけどナンバーって好きな数字選べるの?」 「好きなナンバーにすると料金がかかったりするの?」 何て疑問はあ...
損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう
楽天の車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には楽天の車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国100社以上の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら一括査定をしてもらうだけで楽天のポイントが5pt、成約すると1500ptをもらうことができます

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか楽天の車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

中古車購入時に新車保証を継承する手続きはどうするの?費用はかかるの?

購入する中古車のナンバープレートをそのまま継続して使用することはできるの?

中古車購入の手続き代行費用の相場はいくらくらい?安くするコツはある?

中古車購入時の名義変更は自分ですることは可能?代行してもらうと費用はいくらかかる...

中古車を処分するにはどういう手続きするの?必要書類は?

中古車購入時に必要な車庫証明はどのタイミングでいつまでに取ればいいの?