走行距離10万キロオーバーの中古車でも下取りは可能?買取とどちらがいい?

「走行距離10万キロを超える車を手放そうと思うんだけど下取りには出せるの?」

「走行距離10万キロの車だと下取りと買取だとどっちがいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

世間では積算走行距離が10万キロを超えた車は価値がないとか、買取金額がつかないと言われますが、それは本当なのでしょうか??

実際に車を売るときは下取りのほうがいいのでしょうか、買取りのほうがいいのでしょうか??

今回は積算走行距離が10万キロオーバーの中古車でも下取りは可能なのか、買取りとどちらがいいのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


10万キロオーバーの車は下取り・買取りどちらがいいのか??

10万キロオーバーの車の下取りと買取について解説します。

10万キロオーバーの車は価値がないって本当??

新型の車ほど10万キロオーバーでも問題なく走ることができる

昔の話しですが…、車は積算走行距離が10万キロを超えると不具合が出てきますし、交換しなければいけない部品も増えて車検費用も高くなりがちなので、多くのドライバーが買い替えを検討する目安となっていました。

今でもその名残りは残っていますが、車は新型が販売されるたびに性能が向上しており、メンテナンスをしっかりしていれば10万キロを超えても何の問題もなく走ることができます。

これは個々人で感じ方が異なりますが、私はこれまで中古車を10台ほど乗り継いできましたが、すべて積算走行距離が10万キロを超えているものでした。

一番積算走行距離が伸びた車は24.5万キロまで乗りましたが、それでもエンジン・ミッションなどに問題はなく、まだまだ乗り続けられる車でしたが、次にほしい車があったため買い替えました。

24.5万キロまで走った車であっても次の購入者がいましたよ。

街なかを走っているタクシーのODOメーターを見たことありますか??

50万キロを超えているタクシーが何台もあることに気づくはずです。

10万キロ超えの車が敬遠される理由は??

それでも10万キロ超えの車が敬遠されていることは間違いありません。

なぜなら前のユーザーがどのような車の乗り方をしていたのかが分かりませんし、もしかしたらすぐ故障するかもしれないと思う方が多いのです。

私も数々の10万キロ超えの車をみてきましたが、ワンオーナー車で10万キロ超えの軽自動車をみつけたときがありました。

中古車相場よりかなり安かったためその車を見ていると、エンジンオイルを下から抜こうと思ったときにエンジンオイルが落ちてこなかったのです。

営業マンにこの車についての詳細を聞くと「前のユーザー様が女性の方でして…、新車でワンオーナーには間違いないのですが、エンジンオイルを一度も交換されたことがないらしく、エンジンオイルが固まってしまったようです…」と話しました。

このように10万キロ超えの車はただでさえ敬遠される中、前のユーザーの乗り方が不明な分、さらにリスクがあるのは間違いないですね。

タイミングベルトの交換時期が10万キロ

新型の車になるほどタイミングベルトはチェーン式(金属式)になっているものが多く、タイミングチェーンは基本的に交換する必要はなく、そのまま車を乗り続けることができます(本当はタイミングチェーンであっても30万キロごとの交換が推奨)。

旧型の車のタイミングベルトはゴム式で、10万キロごとに交換する必要があります。

エンジンではガソリンを燃焼させるため、エンジンは綺麗な空気を求めており、エンジンは綺麗な空気を吸って、その空気でガソリンを燃焼させ、汚れた空気をマフラーへ流して排気を行なっているのです。

綺麗な空気の吸う(吸気)のと、汚れた空気を吐き出す(排気)をどのタイミングで行なうのかを調整しているパーツがタイミングベルトなのです。

タイミングベルトをきちんと交換しなければ車が故障してしまい、最悪の場合は不動車となってしまいます。

タイミングベルトの交換と同時に、ウォーターポンプを交換することが一般的ですので、国産普通車では部品代金と交換費用を合わせると10万円程になるのです。

このようにさまざまな理由が相まって、10万キロオーバーの車は価値がないと言われるのです。

とは言っても新型の車であるほどきちんとメンテナンスされている車は性能的に大きく衰えているわけではありませんし、必要な交換部品さえ交換されていれば十分に価値があるといえます。

下取りと買取りの違いとは??

下取りとは??

車を買い替える際に多くの方が「下取り」を経験されていると思いますが、下取りはディーラーで新車を購入する際に、今乗っている車をディーラーに値段をつけてもらって引取ってもらうのが下取りです。

例えば300万円の新車を購入するときに、今乗っている車が50万円の下取り金額がついた場合は、300万円-50万円=250万円が新車の購入価格になります。

下取り金額の50万円はあなたの手元に入ってくるのではなく、ディーラーが新車本体価格から下取り金額を自動的に引き算するのです。

「車の下取りをしようと思うんだけど年式が古いと査定は低いよね?」 「車を下取りしてもらう場合、走行距離ってどのくらい影響するの?」 ...

買取りとは??

買取りは買取業者に車を買取りしてもらうことをいいます。

買取りの場合は次に車を購入することは前提としていないため、買取業者が50万円で車を買取るのなら、その50万円があなたの手元に現金で入ってきます。

10万キロ超えの車は下取りと買取りのどっちのほうがいいのか??

下取りに出したところで下取り金額は0円

ディーラーの下取りは初年度登録から10年以上、積算走行距離10万キロ以上の車の下取り金額は0円になります。

これはどこのディーラーにいっても同じような結果が得られます。

なぜならディーラーの下取りはイエローブックという本に基づいて下取り金額がつけられるからです。

イエローブックに基づいて下取り金額をつければ積算走行距離10万キロ以上の車は下取り金額0円となっています。

そもそもディーラーが経営している目的は、新車をたくさん売って利潤を伸ばすことですから、中古車を下取りして得た薄い利益は求めていないのです。

この事実を知ると、多くの方はディーラーの下取りに頼らないでおこうと思うはずですが、それでもディーラーの下取りに頼る方はいらっしゃいます。

なぜならディーラーで車を下取りしてもらうと、自分で新しい買取先を探す手間が省けますし、簡単に車を手放すことができるからです。

買取金額はどれくらいつくのか??

先ほどディーラーの下取りでは初年度登録から10年以上、積算走行距離10万キロ以上の車の下取り金額は0円になるとお伝えしましたが、実際に買取金額はいくらつくのでしょうか??

ここではいくつかの車種をとりあげて、どれくらいの買取金額がつくのかをみてみましょう。

メーカー車種買取価格帯 ( 円 )
トヨタヴィッツ0 ~ 390,000
アルファード120,000 ~ 1,610,000
プリウス30,000 ~ 400,000
日産セレナ0 ~ 640,000
エクストレイル80,000 ~ 760,000
ノート0 ~ 180,000
ホンダオデッセイ0 ~ 820,000
ステップワゴン0 ~ 520,000
フィット0 ~ 300,000
ダイハツタント10,000 ~ 540,000
ムーヴ0 ~ 380,000

上記車種は、2018年5月現在のデータになります。

上記は、2018年から10年前の2008(平成20)年式の車で、積算走行距離10万キロ以上のものを収録しました。

各メーカーの人気車種を例にあげたこともありますが、これらの車すべてがディーラーの下取りに出すと、下取り金額0円と言われる可能性大の車です。

それが買取り出すとほとんどの車に買取金額がついていることが分かります。

買取金額が0円になっている車は修復歴がある車が基本です。

修復歴がなければ、場合によっては何十万円の買取金額をゲットすることができますね。

「中古車を売りたいんだけどいくらくらいになるんだろう?」 「車を売る際の相場ってどうやって調べたらいいの?」 何て疑問はありませんか...
「修復歴ありの車に乗っているんだけど買い取りだと値は落ちるよね?」 「修復歴ありとなしではどのくらい買取価格が違ってくるの?」 何て...

10万キロオーバーの車は廃車買取業者への買取りも検討に入れる

先ほどは10万キロを超えた車であっても、十分な買取金額がつくとお分かりいただけましたね。

今は多くの買取業者で10万キロオーバーの車でも価値があるという見方をしてくれます。

しかし買取業者が、あなたが納得できない買取金額をつけた場合は、廃車する車を専門としている廃車買取業者に査定を依頼してみるのも1つの方法です。

一般の買取業者と廃車買取業者との買取金額を比較して、高い買取金額を提示してくれたほうに車を売ると10万キロオーバーの車でもお得に売却することができますね。

廃車専門の買取業者で買取価格を調べてみる(無料)

10万キロオーバーの車を高く買取りしてもらう方法とは??

先ほど10万キロオーバーの車でも高く買取りしてくれる買取業者があることが分かりました。

高価買取してくれる買取業者を探すためには、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」の利用をおすすめします。

一括査定サイトを利用すると10万キロオーバーの車でも高価買取してくれる買取業者が見つかりますよ。

私も2017年に10年落ち、積算走行距離18万キロのレクサス・LSを、一括査定サイトを利用して査定してもらうと、最高査定額で90万円がつきました。

ディーラーで下取りしてもらうと下取り金額0円なのが90万円になると考えると、一括査定サイトを利用しよう!となりますよね。

あなたの車も10万キロオーバーであっても、高価買取してくれる買取業者がありますので、ぜひ一括査定サイトを利用してみてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたの愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は積算走行距離が10万キロオーバーの中古車でも下取りは可能なのか、買取りとどちらがいいのかについてご紹介しました。

「積算走行距離が10万キロオーバーは価値がない」というのは古い昔の話しです。

今だにディーラーの下取りでは10万キロオーバーの車の下取り金額は0円になってしまいますが、買取業者ではそれらの車を高価買取している例についてもお示ししましたね。

ですので「10万キロオーバーの車なんて買取りしてもらえない…」と諦めていた方も、一括査定サイトを利用して、今の車を高価買取してもらいましょう。

今回の記事を参考に、あなたの車を高価買取してくれる買取業者をみつけて、お得に中古車を売却してみてくださいね。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

改造車とノーマル車ってどちらが買取価格が高いの?純正、社外パーツ別解説

NO IMAGE

車のボディカラーで買取額は違ったりするの?人気は何色?

中古車を売りたい!売る際の相場ってあるの?

NO IMAGE

車を売るか迷う場合ってどうしたらいいの?後悔しないために考えることとは?

中古車を売る時に修復歴を嘘つくとどうなる?告知義務はあるの?

NO IMAGE

車の買取相場を知りたいけど何か方法は無いの?〇〇のサイトが便利です