車の買取するなら部品取りってした方がいいの?しない方が高く売れる?

 

「車の買取をしてもらう予定だけど部品取りして転売すると得するかな?」

「部品取りすると車の買取金額で損したりするのかな?」

何て疑問はありませんか?

車を買取りに出すときに、あなたがカスタマイズするために購入した部品は取り外しておきたいでしょう。

その他にも、今後使えそうな部品は、部品取りして買取りに出したい方もおられますが、車を買取りに出すときは、部品取りをしたほうがいいのでしょうか??

部品取りをしないほうが車買取のときに、高い買取金額がつくのでしょうか??

今回は、車を買取りに出す際に、部品取りをしたほうがいいのか、しないほうが高く売れるのかについてご紹介します。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


車買取のときに部品取りをすると買取金額に影響する

車を買取りに出す際は、買取業者に車を買取りしてもらうのか、廃車買取業者に車を買取りしてもらうのかで、買取金額への影響は異なります。

ここでは双方に車を買取りに出した場合に、買取金額にどのような易経があるのかをみていきましょう。

車買取で買取業者に車を査定してもらう場合

買取業者が買取りしてくれる車は、基本的には実動車です。

買取業者は買取りした車を整備・点検し、業者オークションに出品するか、自社で直接販売するか、または海外販路を確保している買取業者は海外へ輸出するかの形で転売します。

その際に、機関が不具合を起こしている場合や、外装にキズがある場合は、ある程度修復して転売しますが、ドアやシートなど、車検を通すときに不合格になるようなパーツがない場合は、原則買取業者は車を買取りしてくれませんのでご注意ください。

あなたが自分の車に、あとで装着した部品・パーツであれば取り外しても、買取業者は車を買取りしてくれます。

では具体的に、部品・パーツを外して車を買取りに出した場合、どれくらい買取金額に影響するのかご紹介します。

ETCを取り外した場合

自分でETCを設置した場合、もちろんあなたが購入したETCですので、車を買取りに出すときに取り外しても構いません。

ETCを付けたまま買取りしてもらったほうがプラス査定になるように思いますが、ETCを付けたまま車を売却してもプラス査定にはならないのです。

今ではETC車載器によっては、ETC車載器本体価格+取付工賃+セットアップ料金を合計しても10,000円未満で購入することができます。

そのため買取業者は、中古のETCがついていたとしても、わざわざプラス査定にしないのです。

「それならETCを取り外して、次の自分の車に取り付けよう…」と思いますが、自分で取り外すときは、両面テープの跡が残らないように剥がさないと、内装の汚れがあるとしてマイナス査定になりますのでご注意ください。

「車を下取りに出すんだけど、車についているETCは取り外しても査定に影響しないのかな??」 高速道路や有料道路を利用するときに、料金所をノ...
「車を買い替えるんだけど、今の車につけているETCを付け替えることはできるのかな?そのときは手続きはどうしたらいいのかな??」 2...

社外品ホイールを取り外した場合

自分で社外品ホイールを装着させていた場合、せっかく自分で購入したわけですから、社外品ホイールを外して車買取に出したいですよね。
もちろん社外品ホイールを外しても買取査定を受けることはできますが、そのときに純正品ホイールなど、別のタイヤ・ホイールを履かせておく必要があります。

タイヤ・ホイールがない状態の車は、買取業者は原則引取ってくれませんし、引取りができたとしても、特殊なけん引車で車を動かさないといけないため、レッカー費用を請求される可能性が高いです。

もし社外品ホイールを外す場合は、純正品ホイールに履き替えておけば、プラス査定にもマイナス査定にもならないでしょう。

買取査定のときは、純正品ホイールが査定に影響を及ぼさないため、無難といえます。

社外品ホイールを装着していると、かえってマイナス査定になる場合があるのです。

社外品ホイールは個々によって好みが分かれるため、買取業者があなたから買取りした車を転売するときに、社外品ホイールを履いていると転売しにくい場合があります。

このように、純正品ホイールと社外品ホイールでは、査定に及ぼす影響が異なることを知っておきましょう。

「車の下取りでホイールが傷ついているけどこれも査定に影響するの?」 「タイヤにヒビが入っているけど下取りの際にマイナス査定になった...

カーナビ・オーディオを取り外した場合

車にはセンターパネルのところに、カーナビやオーディオを設置する場所が確保されています。

どのような車でも、オーディオは最低限ついていますし、最近の低年式の車でもカーナビが装着できる車もあります。

車買取の際に、カーナビ・オーディオを取り外すのは構いません。

自分で購入したカーナビ・オーディオは、次に購入する車に載せ替えたいでしょう。

ただそのときに、カーナビ・オーディオが欠品した状態のままだと、以下のようなマイナス査定を受けることになりますので、取り外した後は、もともと付いていた純正品のカーナビ・オーディオを装着することで、マイナス査定の影響を受けずに済みますよ。

ただ純正品のカーナビ・オーディオが故障している場合は、マイナス査定になってしまいますのでご注意ください。

カーナビオーディオ
欠品実質 (30,000 円~ )20,000 円
故障30,000 円10,000 円
地図 DVD 欠品20,000 円
地図 CD 欠品20,000 円
地図メモリ欠品10,000 円
説明書欠品10,000 円
リモコン欠品3,000 円
外し跡5,000 円

このように、カーナビ・オーディオ本体だけでなく、付属品が欠品していてもマイナス査定になる項目がいくつもあります。

普段から付属品の管理をしておくことで、マイナス査定の影響は免れるでしょう。

「車を売ろうと思うんだけどカーナビって査定額に反映されるのかな?」 「車を売ろうと思うんだけどカーナビを別な車に移し替えると査定額...

車買取で部品を取り外すときはあらかじめ買取業者に伝えておく

車買取のときに、部品を外すとマイナス査定の影響を受ける場合がありましたが、何よりも防がなければいけないのが、買取業者とのトラブルです。

買取業者に車を査定してもらったときに付いていた部品を、買取査定後に取り外したことで、お客様と買取業者の間でトラブルが起きます。

買取業者は車の状態はもちろんのこと、部品の有無・状態まで含めて査定金額を算出しているため、買取査定後に部品を取り外すと査定金額が変わるのです。

お客様がそのような行為に及ぶと、買取業者からの信用がなくなるどころか「他にも部品を取り外しているのではないか」と思わせてしまうのです。

車買取のときに、取り外したい部品があるのであれば「この部品は取り外したいです」と伝えておくことで、その部品を含めない査定金額を算出してくれます。

トラブルが起きないように、マナーを守って車を買取査定に出しましょう。

車買取で廃車買取業者に車を査定してもらう場合

低年式車や過走行車など、買取業者に車を査定してもらった結果、思ったほどの買取金額がつかなかったり、場合によっては買取金額が0円となるときもあります。

そんなときに頼りにできるのが「廃車買取業者」です。

廃車買取業者は、買取業者が高く買取りしてくれない車、事故車、不動車、低年式車、過走行車、水没車、その他災害にあった車など、どんな車でも買取りしてくれます。

廃車買取専門のカーネクストのように、0円以上の買取金額を保証しているところもあるくらいです。

なぜ廃車にするような車を「買取り」してくれるのかというと、車そのものが損傷を受けたり、動かないとしても、車の部品には価値が残っています。

廃車買取業者は、部品を取り外して転売する、車のフレームのような金属資源は、金属買取業者に買取りしてもらうなどして利益を得ているのです。

また海外販路を確保している廃車買取業者は、廃車になるような車や中古部品を海外へ輸出して利益を得ています。

海外では、日本メーカーの車がたくさん利用されているため、廃車になるような車であっても、海外現地で修理して乗り続けられたり、修理できない車の部品を再使用しているのです。

このような廃車買取業者に車を買取りしてもらう場合は、車を査定してもらう前に、部品を取り外してもいいのかについてみていきましょう。

詳しくはこちらをどうぞ

廃車買取専門のカーネクストを見てみる

自動車リサイクル法に違反しない形での部品取りはOK

2005年に自動車リサイクル法が施行され、車の廃棄が適正に行なわれていることを管理されるようになりました。

車を不法投棄する業者が増えた背景や、車のリサイクルを徹底させるために、この法律がつくられたのです。

そのため今では、車を解体するまでの手順が細かく決められており、不正がないようにチェックしています。

自動車リサイクル法によって、処分する車を解体してもいいのは、解体業の認可を受けた事業者だけに特定されていますので、自分が車の所有者だからといって、好き勝手に部品を取り外してカー用品店に転売したり、次の車に充てることはできないのです。

無許可で解体を行なうと、罰金や懲役刑の可能性が出てきますので、部品を取り外すときは、解体業者の許可を得ましょう。

オプション部品の取り外しは解体とはみなされない

部品といっても、カーナビ、オーディオ、ETCなどのオプション部品を取り外しても、それは「部品取り」にはなりません。

自動車リサイクル法では、車を解体したときにシュレッダーダストが出る部品、フロン類、エアバッグ類を「部品取り」の対象としているため、解体や破砕が必要でない部品に関しては、自分で部品を取り外して、カー用品店に転売したり、次の車に充ててもいいのです。

ただ先ほどお伝えしたように、廃車買取業者が車を査定した後に部品を取り外すと、トラブルのもとになりますので、取り外す予定の部品がある場合は、あらかじめ廃車買取業者に伝えておきましょう。

車買取のときに部品取りをするときのメリット・デメリット

ここまでの内容で、解体や破砕が必要でない部品に関しては、業者にあらかじめ部品を取り外すことを伝えて、許可が得られれば部品取りすることは可能とお伝えしました。

自分で社外品パーツをつけていたとしても、保管していた純正品パーツなどに付け替えて、原状復帰できていれば問題はありません。

では車買取のときに、部品取りするメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかみていきましょう。

車買取で部品取りするときのメリット

車を買取りに出したとき、買取業者ごとに提示してくる買取金額はさまざまです。

なぜなら、その車にいくらの価値があるのかを判断する基準が、買取業者ごとに異なるからです。

また買取業者ごとに、オプション部品につけられる金額は大きく変わります。

もしあなたが人気のオプション部品や、高年式のオプション部品を装着している場合は、それらを部品取りして、次の自分の車に載せ替えるか、カー用品店に転売したほうが、高く売れる可能性があり、メリットになります。

車を買取りに出したとき「このオプション部品は自分で購入したのですが、いくらの価値がつきますか?」と、率直に聞いて、カー用品店との買取金額を比較するといいでしょう。

車買取で部品取りするときのデメリット

車を買取りに出したときに、部品取りをするとデメリットになるのは、自分で部品を取り外したときに、部品周辺にキズをつけてしまうとマイナス査定になることです。

車の外装や内装に取り外し跡のようなキズが残っていると、査定金額はマイナスになってしまいます。

だからといって、業者に取り外しを依頼すると工賃が発生することを考えなければいけません。

人気がそれほど高くない部品、低年式の部品に関しては、取り外さずにそのまま買取りに出したほうが賢明でしょう。

どうしても次の車に載せ替えたい場合は取り外してもいいですが、人気のない・低年式のパーツはカー用品店でも思ったような買取金額はつきません。

とくにカーナビは、1~2年に1回ほどで新しいモデルが販売されますので、年々価値は大きく下がっていることを知っておいてください。

車買取で部品取りしなくても車を高価買取してもらう方法

車買取のときに、部品取りをお考えの方は、次の車に部品を載せ替えたいか、カー用品に買取りしてもらいたいかのいずれかでしょう。

ただ部品を取り外す場合は、内装にキズをつけたり、業者に依頼して工賃を支払うなど、デメリットもありました。

できることなら、自分の車はもちろんのこと、装着している部品も高く評価してもらって、お得に車を売却したいですよね。

そこで利用をおすすめするのか、ネットを使った「車の一括査定サイト(無料)」です。

一括査定サイトを利用すると、一度に複数の買取業者の査定を依頼することができます。

車を査定しにくる買取業者は、あなたの車を他の買取業者にとられないためにも、少しでも高く買取りしてくれます。

車の査定のときに、あなたが高く評価してほしい部品をアピールすることで、買取金額が上がる可能性は十分にあるのです。

複数の買取業者に部品の価値を尋ねながら「他の買取業者は、このカーナビに○○万円の価値をつけてくれましたよ」と持ち出すことで、部品に対して低い価値をつけた買取業者の買取金額をつりあげることができますよ。

このように一括査定サイトをうまく利用し、部品に高い価値をつけてくれる業者をみつけることで、車の高価買取が見込めます。

詳しくはこちらをどうぞ

あなたの愛車を少しでも高く買い取ってくれる業者を調べてみる(無料)

さいごに

今回は、車を買取りに出す際に、部品取りをしたほうがいいのか、しないほうが高く売れるのかについてご紹介しました。
実動車を売却する場合は、買取業者に車の査定を依頼することになりますが、これまでに装着していた部品を外したいのであれば、必ず純正品パーツに付け替えるなど、部品に欠落がないようにする必要があります。

もし部品が欠落していると、買取金額が下がってしまいます。

買取業者が車を高く買取りしてくれなかった場合は、廃車買取業者に車を査定してもらうこともご紹介しました。

廃車買取業者に車を買取りしてもらう場合は、自動車リサイクル法に規定されている「シュレッダーダストが出る部品、フロン類、エアバッグ類」以外であれば、部品取りをしても大丈夫です。

ただ買取業者・廃車買取業者、どちらに買取りを依頼する場合も、必ず査定前に取り外す部品については申告しておきましょう。

車を査定してもらったあとに部品を取り外すと、業者とのトラブルに発展しますし、規約違反でお金を請求される場合もあります。

人気のある・高年式のパーツであれば部品を取り外しても価値はありますが、そうでない部品の場合は取り外さないまま、車を買取りしてもらったほうが賢明でしたね。

今回の記事を参考に、中古車から部品取りするかを検討してみましょう。

損してる?高く買い取ってくれる車買取業者を見つけよう


車査定一括見積もりを試したらトヨタのプリウスが29.3万円も高く買い取ってもらえました

複数の業者に査定してもらう事で高く買い取ってもらえる業者を見つけることができます

複数の業者に査定をする場合には車査定一括見積もりがおすすめです。

利用料は無料。1分程度で全国49社の業者に見積もりをしてもらえます。

今なら最大10万円のキャッシュバックキャンペーンもしています。

詳しくはこちらをどうぞ。



あなたの愛車がいくらになるか車査定一括見積もりで調べてみる(無料)


関連記事

NO IMAGE

中古車を売るときにカーナビは買取査定に影響する?載せ替えても問題ないの?

NO IMAGE

自動車のリサイクル券を紛失したけど買取してもらえるの?

NO IMAGE

即日で車を売りたいんだけど買取してくれる業者ってある?

NO IMAGE

車検が切れそうな中古車を売りたいんだけど車検を通した方が買取額は高くなるの?

中古車買取の見積もりで注意する点って何があるの?

NO IMAGE

車の買取は持ち込み査定と出張査定でどちらがおすすめ?メリットデメリットは?